前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た倒産

    連邦倒産法(れんぽうとうさんほう、Bankruptcy Code)は、アメリカ合衆国の連邦法で、合衆国法典の第11篇 (Title 11, U.S. Code)にあたり、個人や企業の倒産処理手続を定めたものである。連邦倒産法は、1978年の全面的改正により現在の枠組みの原型が整い、その後何度かの改正を経て今日に至っている。連邦破産法(れんぽうはさんほう)、または単に倒産法、破産法とも呼ばれる。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た連邦倒産法第7章

    第7章 清算 (Liquidation)連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見たアメリカ合衆国司法省

    倒産裁判所とは別に、破産事件に関する管理行政を行う司法省の機関として連邦管財官(U.S. Trustee)がある。連邦管財官は司法長官によって任命され、管財人候補者のリストアップ、管財人の監督、債権者集会の招集、債権者委員会の委員の任命等を行う。連邦管財官の制度は1978年の改正の際に導入されたものであり、それまでは、倒産裁判所が司法的任務と行政的任務の双方を担っていた。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見たアメリカ合衆国司法長官

    倒産裁判所とは別に、破産事件に関する管理行政を行う司法省の機関として連邦管財官(U.S. Trustee)がある。連邦管財官は司法長官によって任命され、管財人候補者のリストアップ、管財人の監督、債権者集会の招集、債権者委員会の委員の任命等を行う。連邦管財官の制度は1978年の改正の際に導入されたものであり、それまでは、倒産裁判所が司法的任務と行政的任務の双方を担っていた。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見たロビー活動

    2005年に倒産制度濫用防止と消費者保護に関する法律 (The Bankruptcy Abuse Prevention and Consumer Protection Act) が議会を通過した。これは1978年の連邦倒産法大改正以来の最も重要な改正といわれている。この改正は、主に債権者(金融機関やカード会社)側のロビー活動を受けて成立したものである。この結果、個人破産については、第7章手続を通じて債務者が免責を得ることが以前より困難になり、上述のとおり除外財産にも一定の枠がはめられた。その他の面でも、債務者側に有利な改正が施されている。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た相殺

    原則として、倒産手続開始前に存在した債権債務を相殺する権利は倒産手続によって影響を受けない。ただし、次のような相殺は禁じられる(553条)。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た連邦倒産法第13章

    第13章 定期的収入のある個人の債務整理(Adjustment of Debts of an Individual With Regular Income)連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た連邦倒産法第11章

    第11章 更生 (Reorganization)連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見た国際連合国際商取引法委員会

    現在の第15章は、2005年の改正法により加えられたものであり、国連国際商取引法委員会 (UNCITRAL) が起草した国際倒産に関するモデル法 (Model Law on Cross-Border Insolvency) を米国内法化したものである。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法

    連邦倒産法から見たアメリカ合衆国

    連邦倒産法(れんぽうとうさんほう、Bankruptcy Code)は、アメリカ合衆国の連邦法で、合衆国法典の第11篇 (Title 11, U.S. Code)にあたり、個人や企業の倒産処理手続を定めたものである。連邦倒産法は、1978年の全面的改正により現在の枠組みの原型が整い、その後何度かの改正を経て今日に至っている。連邦破産法(れんぽうはさんほう)、または単に倒産法、破産法とも呼ばれる。連邦倒産法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示

「アメリカ連邦破産裁判所」のニューストピックワード