アメリカ連邦議会 ニュース&Wiki etc.

アメリカ合衆国議会(アメリカがっしゅうこくぎかい、)は、アメリカ合衆国の連邦政府の立法府である。連邦議会()とも呼ばれ、アメリカ合衆国憲法の第1条により定義される。上院及び下院の二院制である。なお、解散はない。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アメリカ合衆国議会」のつながり調べ

  • ルーク・ブラックバーン

    ルーク・ブラックバーンから見たアメリカ合衆国議会

    ルーク・プライア・ブラックバーン(、1816年6月16日 - 1887年9月14日)は、19世紀アメリカ合衆国ケンタッキー州出身の医師、慈善事業家、政治家である。第28代ケンタッキー州知事に選ばれ、1879年から1883年まで務めた。2003年にアーニー・フレッチャーがケンタッキー州知事に選ばれるまで、ケンタッキー州で唯一知事を務めた医師だった。トランシルベニア大学で医学の学位を得た後、ミシシッピ州ナチェズに移転し、1848年にミシシッピ川バレーで黄熱病に対する最初の検疫を行って成功したことで、国民的名声を得た。黄熱病の専門家と見なされるようになり、その流行に対して戦うために「無料」で働くことも多かった。その慈善活動の中には、自己資金を使ってミシシッピ川で働く水夫のための病院を建設したこともあった。後にアメリカ合衆国議会に働きかけて、ミシシッピ川沿いに一連の同様な病院を建設することに成功した。(ルーク・ブラックバーン フレッシュアイペディアより)

  • 米印原子力協力

    米印原子力協力から見たアメリカ合衆国議会

    2008年に、「原子力供給国グループ(NSG)ガイドライン」が修正され、インドに対する核関連品目の供給が認められた。2008年8月、国際原子力機関IAEA理事会はインドとの間での保障措置協定を承認。この年、アメリカ合衆国議会で下院、上院共に承認する法案を可決した。その後、インド政府は、フランス、ロシア、カザフスタン、イギリス、カナダなどの国々とも相次いで協定を結んだ。(米印原子力協力 フレッシュアイペディアより)

「アメリカ合衆国議会」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード