前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1085件中 1 - 10件表示
  • アメリカ合衆国憲法

    アメリカ合衆国憲法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1789年、第1回の合衆国議会は、アメリカ合衆国憲法に権利章典 (Bill of Rights) と呼ばれる第1修正から第10修正を付け加える件を審議し可決した。この修正は、1791年、修正に必要な数の州議会の批准を得て発効した。アメリカ合衆国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国議会議事堂

    アメリカ合衆国議会議事堂から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国議会議事堂(アメリカがっしゅうこくぎかいぎじどう、)は、アメリカ合衆国議会の議事堂。地理的にはワシントンD.C.のやや東部に位置するが、首都の中心とみなされ、ワシントンD.C.の住所の東西南北は議事堂を基準に定められている。高さ288フィート(88m)、直径96フィート(29m)の巨大なドームが特徴的な新古典主義建築である。議事堂(キャピトル)を囲む一帯の住宅街や地域名はキャピトル・ヒル(Capitol Hill)と呼ばれている。アメリカ合衆国議会議事堂 フレッシュアイペディアより)

  • フェデラル・ホール

    フェデラル・ホールから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    フェデラル・ホール(Federal Hall)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区フィナンシャル・ディストリクトのウォール街26番地、アメリカ合衆国議会旧議事堂の敷地に建つ記念館である。フェデラル・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 合衆国最高裁判所

    合衆国最高裁判所から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ウィリアム・レンキスト長官時代(1986年-2005年)には、出訴権・労働組合の争議権・中絶権などを狭く解し、一方で連邦議会の通商条項上の権限を狭く解釈する二つの判決を出した。合衆国最高裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    連邦議会の停会権および非常時における臨時招集権。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領制

    大統領制から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ型の大統領制は徹底された三権分立の統治機構をとる。大統領は議会選挙とは別に選挙により国民から直接的に選出され(アメリカの大統領選挙は選挙人団の制度を採用しており、制度上においては間接選挙であるが実質的には直接選挙として機能しているとされる)、原則として大統領は任期を全うし(議院内閣制の国のような不信任の制度は無く、犯罪の嫌疑により弾劾が成立した時のみ職を失う)、また、大統領には議会解散権や法案提出権がないこと、議員と政府の役職を兼務できないこと、政府職員は原則として議会に出席して発言できないことなどを特徴とする。アメリカの場合、大統領が議会に出席するのは年頭教書演説と予算教書演説のときぐらいであるとされる。大統領制 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ミルトン・ナイルズ

    ジョン・ミルトン・ナイルズから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1835年、コネチカット州選出の合衆国上院議員ネイサン・スミスが死去したことに伴い、民主党は後任としてナイルズを指名した。ナイルズは任期末の1839年3月まで合衆国上院議員を務めた。ナイルズは1838年の合衆国上院議員選挙で再選を目指したが、敗北した。ナイルズは合衆国議会において製造委員会の委員長を務めた。ジョン・ミルトン・ナイルズ フレッシュアイペディアより)

  • 南西部領土 (アメリカ合衆国)

    南西部領土 (アメリカ合衆国)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ノースカロライナは1789年にアメリカ合衆国憲法を批准した。合衆国に加わる条件の一つとして、ノースカロライナ州議会で可決された法案に従い、スモーキー山脈から西の地域に対する領有権主張を取り下げた。この土地の処置は1790年2月25日に第1アメリカ合衆国議会に提出され、4月2日に承認された。5月26日、この領土は正式に「オハイオ川の南の領土」として自治法()が制定(自治化)された。ジョージ・ワシントン大統領はウィリアム・ブラウントを準州の知事に指名し、ロッキー・マウントがその最初の州都となった。1791年遅く、ブラウントはジョージ・ラウルストンに働きかけて、ロジャースビルでテネシーで初めての新聞を発行させた。南西部領土 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 準州

    準州から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    米領サモア以外の4つの は、合衆国議会により当該地域の自治法 () が制定され自治をしている自治的領域 () である。これに対し合衆国領有小離島の は全て、自治法の制定されていない非自治的領域 () である。米領サモアは特殊なケースで、事実上自治をしているものの、自治法に基づくものではなく、法的には非自治的領域である。これを理由に、米領サモアを準州から外すことがある。準州 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦海外腐敗行為防止法

    連邦海外腐敗行為防止法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1970年代半ばの連邦証券取引委員会 (SEC) による調査の結果、400を超える米国企業が、外国の公務員や政治家、そして政党に対して、3億ドルを超える、違法な又は疑わしい支払をしていたことを認めた。このような不正行為のなかには、外国政府からなんらかの有利な取り扱いを受けるために外国高官に対して支払った賄賂から、政府の現場係官がその補助的職務や事務的職務を果たすことを確保するために支払ったとされる、いわゆる「円滑化のための支払」まで、様々なものがあった。連邦議会は、1977年、外国公務員に対する賄賂に歯止めをかけ、アメリカの企業システムの正統性integrityに対する公衆の信頼を回復すべく、連邦海外腐敗行為防止法を制定した。連邦海外腐敗行為防止法 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1085件中 1 - 10件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード