1085件中 101 - 110件表示
  • アメリカ合衆国国定記念建造物

    アメリカ合衆国国定記念建造物から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国の指定する記念建造物(きねんけんぞうぶつ、National Memorial)は、アメリカ合衆国の文化遺産保護制度の一つ。議会が定めた記念建造物を指す。国定メモリアルなどとも訳される。アメリカ合衆国国定記念建造物 フレッシュアイペディアより)

  • ポールディング郡 (オハイオ州)

    ポールディング郡 (オハイオ州)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1787年の北西部条例によって、アメリカ合衆国議会は現在のオハイオ州、イリノイ州、ミシガン州、ウィスコンシン州を開拓者に開放した。しかしアメリカ独立戦争を終わらせた1783年のパリ条約により、インディアンとの問題が解決されるまで北西部領土にイギリス軍が残ることを認めた。ジョージ・ワシントン将軍は"マッド"・アンソニー・ウェイン将軍を派遣してインディアンを従わせようとした。ウェインはチャーローとメルローズの間にあるブラウン砦など一連の砦を建設した。インディアンの待ち伏せから守るために、幅1マイル (1.6 km) の樹林を伐採させて道を造り、これがウェイン・トレースと呼ばれるようになった。その作戦行動は1794年、モーミー近くのフォールン・ティンバーズの戦いでアメリカ合衆国リージョンがリトルタートル酋長の率いるインディアンを決定的に破ったことで頂点となり、その後の1795年、グリーンビル条約に調印することで落ち着いた。ポールディング郡 (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律

    琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律(りゅうきゅうしょとうにおけるけいざいてきしゃかいてきはってんのそくしんにかんするほうりつ、Act to Provide for Promotion of Economic and Social Development in the Ryukyu Islands(PL 86-629))は、琉球列島米国民政府が行う経済援助に法的根拠を与えるアメリカ合衆国の連邦法。通称は「プライス法」である。アメリカ連邦議会のプライス議員が提案したため、この通称名が付いた。琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • カーター・ブラクストン

    カーター・ブラクストンから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ブラクストンの曾孫エリオット・M・ブラクストンは第42会期のアメリカ合衆国議会に選出された。もう一人の曾孫ジョン・W・スティーブンソンはケンタッキー州知事であり、ケンタッキー州選出のアメリカ合衆国上院議員を務めた。カーター・ブラクストン フレッシュアイペディアより)

  • フィッツ・ジョン・ポーター

    フィッツ・ジョン・ポーターから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    南北戦争が終わると、ポーターはエジプト軍指揮官の提案を受けたが辞退し、その人生の残り大半を使ってこの不公平と戦い続けた。1878年、ジョン・マカリスター・スコフィールド将軍の特別委員会が、ポーターがロングストリート軍攻撃を躊躇したことでおそらくはポープのバージニア軍をさらに大きな敗北から救ったとして、ポーターの潔白を証明した。8年後、チェスター・A・アーサー大統領がポーターに対する判決を破棄し、アメリカ合衆国議会の特別法で1861年5月14日に遡りアメリカ陸軍歩兵大佐としてポーターの任務を復活させた。ただし、その間の給与は無いものとした。2日後の1886年8月7日、汚名を雪いだポーターは自らの要請で陸軍を除隊した。フィッツ・ジョン・ポーター フレッシュアイペディアより)

  • ベリオ (ISP)

    ベリオ (ISP)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ベリオは買収時点で世界第5位のISPであり、多量の情報を管理していたため、米国連邦議会は国家機密保持のためにNTTに対して公聴会を開いた。また、NTTは当時、日本国財務大臣が53%の株式を保有する企業であった。このため、米国司法省と連邦捜査局は、米国政府がベリオを利用して犯罪捜査に利用すべき機密情報に対して、日本政府がアクセスしてしまう懸念を表明した。ベリオ (ISP) フレッシュアイペディアより)

  • 19世紀アメリカ合衆国の選挙運動

    19世紀アメリカ合衆国の選挙運動から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1800年までには民主共和党が国中に党員を募集するための良く発達した制度を持っており、州や地方の政党指導者はそれに相当する制度を身近において使用した。ボストンの連邦党員は「ジャコバン(民主共和党のこと)は少なくともそれ自身の規律を完全にしてきた。我々の民兵が決して並ぶことのできないくらい、彼らは訓練され、組織化され、従属関係が形成されている」とこぼしていた。連邦党はその対向者の戦術を模倣し始めたが、常に貴族的であり過ぎたので、草の根運動の価値を尊重できなかった。連邦議会における民主共和党は党員集会で党の大統領候補を選んだが、連邦党は1812年に全国大会というより柔軟な仕組みを考案した。党員集会とは異なり、全国大会には各地区からの代表が集まっており、その代議員は候補者を選ぶという具体的任務のために選ばれていた。1830年代までに全国大会に参加する個人は党との関係を確認しており、大会で選出された候補者を支持するよう求められるという基準が確立された。候補者が選出される前に大会会場から抜け出すことは可能だった。これは1860年に南部民主党が、また1912年にセオドア・ルーズベルトの支持者が行ったことと同様だった。ニューヨーク州の民主党は個人的に硬派と軟派に分かれたが、ホイッグ党も同様に分裂することがあった。通常分裂後の両派は自分達の選んだ候補者が真に正統的な党の候補者だと主張した。19世紀アメリカ合衆国の選挙運動 フレッシュアイペディアより)

  • 部族の主権 (アメリカ合衆国)

    部族の主権 (アメリカ合衆国)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ独立戦争以前は、 部族は主権を有する政府としてイギリスと条約を結んだ。独立戦争中、大陸会議はインディアン問題で3つの地方の行政省を確立し、ほとんどが戦時中にイギリス側に付いた先住部族との条約と同盟を交渉することを担うものであった。1789年のアメリカ合衆国憲法の創設により、新しい議会はこれらの任務を新設された陸軍省に移管した。部族の主権 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の外交史

    アメリカ合衆国の外交史から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    内閣に加えられるレベルの「外交部局」はアメリカ合衆国議会第1会期の1789年に創設された。これが間もなく「国務省」と名前を変え、外交書記官職は国務長官となった。フランスから戻ったジェファーソンが初代長官に就任した。アメリカ合衆国の外交史 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ブルース・ブレイクニー

    ベン・ブルース・ブレイクニーから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    更に、太平洋戦争段階の外交部門の主任を務めた山本熊一を証人に立たせて、「近衛手記」や野村吉三郎電報を駆使し、日本が日米交渉に最後まで努力したことを立証しようとした。また、米国議会の真珠湾攻撃調査の委員会での証言や、開戦当時諜報担当だったブラットン陸軍大佐を証人に立たせてアメリカの電報傍受の事実を指摘した。ベン・ブルース・ブレイクニー フレッシュアイペディアより)

1085件中 101 - 110件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード