1085件中 111 - 120件表示
  • トリップ (DD-33)

    トリップ (DD-33)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    トリップは5年間予備役に置かれた。1924年までに禁酒法のため、酒の密輸入が横行することとなる。沿岸警備隊の規模の小さな艦隊では酒の密輸を止めるという任務に応えることができなかった。カルビン・クーリッジ大統領は海軍の予備役駆逐艦の内20隻をもって沿岸警備隊を増強するという提案を行った。議会は1924年4月2日に必要な予算を認可した。沿岸警備隊員と海軍工廠の作業員達はトリップの船体をオーバーホールし、爆雷発射機および魚雷発射管、4連装機銃一基を撤去した。1924年6月7日、トリップは財務省に移管され、6月24日にCG-20としてジョン・H・コーネル沿岸警備隊少佐の指揮下就役した。その後4年間、「ラム・パトロール」の1隻としてニューロンドン沖の北東沿岸で活動した。トリップ (DD-33) フレッシュアイペディアより)

  • エレン・アーサー

    エレン・アーサーから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1857年9月にウィリアムの指揮する汽船『』号はノースカロライナ州のハッテラス岬の沖でハリケーンに巻き込まれた。主に子供や女性の乗客152人を避難させた後、彼と400人以上の他の乗客や乗組員が残った船は海の中へ沈んでいった。ウィリアムは死後に国民的英雄となった。バージニア州は彼を記念した金メダルの鋳造を決め、連邦議会といくつかの州議会は彼に名誉を与える決議を採択した。また、アナポリス海軍兵学校は彼の記念碑を建立した。エレン・アーサー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国科学技術政策局

    アメリカ合衆国科学技術政策局から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国科学技術政策局(アメリカがっしゅうこくかがくぎじゅつせいさくきょく、英語:Office of Science and Technology Policy, OSTP)は、アメリカ合衆国大統領行政府 (EOP) 内に設置されている事務局の一つ。1976年5月11日にアメリカ合衆国議会によって創設され、合衆国内外における科学技術の影響について合衆国大統領を補佐することを委任されている(アメリカ合衆国における科学技術の歴史についてはScience and technology in the United Statesを参照)。アメリカ合衆国科学技術政策局 フレッシュアイペディアより)

  • ボルジオン

    ボルジオンから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    2004年、アメリカ合衆国議会は、36のステロイドと処方薬のプロホルモンを規制物質法の付表IIIに加える2005年アナボリックステロイド規制法を可決した。この規制で、ボルデノンは規制物質に分類されたが、ボルジオンは合法に留まった。2008年4月、麻薬取締局は、ボルジオンとデソキシメチルテストステロン、ジエンジオンの3つのアナボリック物質の規制に関する””を出版した。2008年の公布の時点で、これら3つの物質は、処方薬として購入できる58以上のサプリメントに原料として含まれていた。2010年1月4日に制度が施行されると、ボルジオンを含むこれら3つの物質は、付表IIIの規制物質に分類され、アメリカ合衆国では違法とされるようになった。ボルジオン フレッシュアイペディアより)

  • 日高義樹

    日高義樹から見たアメリカ議会アメリカ合衆国議会

    NHK退職後はアメリカ・ワシントンD.C.に渡り、フリーのジャーナリスト活動に転向。テレビの冠番組 「日高義樹のワシントン・リポート」(テレビ東京)では、ブッシュ、クリントン両政権の国務長官、国防長官などの閣僚級を合わせて40人以上、アメリカ議会の両党の議会指導者40人余、アメリカ軍幹部50数人、ハーバード大学の学者やワシントンD.C.の主要な官僚など多くの人物と対談した。また、この番組は原則として対談から3週間以内に放映されるため常に新しい情報が届けられる。なかでも、NHK時代から年始にヘンリー・キッシンジャー元国務長官に対し、国際情勢予測に関するインタビューを放映しており、これは現在のワシントン・リポートにも引き継がれている。日高義樹 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ジャクソン (書記官)

    ウィリアム・ジャクソン (書記官)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ジャクソンはまた、署名の日から数日後の1787年9月20日にニューヨーク市で開催されたアメリカ合衆国議会で憲法を朗読する光栄に浴した。ウィリアム・ジャクソン (書記官) フレッシュアイペディアより)

  • ティモシー・デイヴィッド・ヒューゴ

    ティモシー・デイヴィッド・ヒューゴから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ヒューゴは連邦議会にて複数の職に就いた。連邦下院の運営委員会と公共事業・運輸委員会に勤務した他、ワシントン州選出下院議員の立法担当官、ペンシルベニア州選出下院議員の首席補佐官、下院運輸・社会基盤委員会議長を務めた。ティモシー・デイヴィッド・ヒューゴ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・カーライル

    ジョン・カーライルから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国議会において人気や評判の高かったカーライルは、大統領候補としてその名前が挙げられたが、民主党は党大会において1880年にウィンフィールド・ハンコックを、1884年にグロバー・クリーブランドを、大統領候補として推薦した。これは、南北戦争においてケンタッキー州がアメリカ連合国を承認していたことに不快感を示した党員がいたためであった。カーライルは1892年にも民主党の大統領候補として名が挙げられたが、このときにはカーライルがクリーブランドを支持する立場を表明し、辞退を申し出た。ジョン・カーライル フレッシュアイペディアより)

  • イングリッシュ法案

    イングリッシュ法案から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    イングリッシュ法案(English Bill)は、アメリカ合衆国議会がカンザス地域に対して数万平方キロメートルの公有地を提供する代わりに、を受諾するよう要求した法案である。この法案は民主党 (アメリカ)のウィリアム・イングリッシュによって提出され、1853年から1861年まで審議された。イングリッシュ法案 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・マロリー

    スティーヴン・マロリーから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    上院議員在職中、マロリーはフロリダ州において合衆国海軍の事務をもっともよく知る人物の1人として評判になった。そしてマロリーは合衆国議会において上院海軍委員会の委員長に指名された。マロリーは年老いた士官や無能な士官を退かせ、また装甲砲艦の開発を支援するなど、合衆国海軍を改革するために辛抱強く働いた。しかしこれら一連の計画を完了するための資金を十分に調達することはできなかった。スティーヴン・マロリー フレッシュアイペディアより)

1085件中 111 - 120件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード