1085件中 21 - 30件表示
  • ハワイ併合

    ハワイ併合から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    この間、アメリカ本国では1890年に連邦議会は新たに関税法案を通過させたため、ハワイの製糖業は大打撃を受けた。ハワイから輸入した砂糖は無関税であったが、アメリカ国内で生産された砂糖には奨励金がつけられたため、ハワイの砂糖生産はふるわなくなり、サトウキビ農園の地価も暴落し農園労働者の賃金も低下、さらには失業者もあらわれた。こうして、あらゆるものが砂糖に依存していたハワイ経済は深刻な不況に陥った。とりわけ、農園を所有して製糖業を経営していた者の多くがアメリカ人であったため、本国の関税法案通過に対して不満をつのらせ、アメリカの保護領となるか、編入してもらうかして事態を解決するよりほかに道はないと考えるようになった。ハワイ併合 フレッシュアイペディアより)

  • 国際貿易機関

    国際貿易機関から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1945年12月初頭、米国は戦時同盟諸国を招き、商品貿易に掛かる関税を相互に引き下げる多国間協定の締結交渉に入った。1945年7月に米国議会は、こうした協定の交渉・締結に関する権限をハリー・S・トルーマン大統領に付与した。米国の提唱により、国連経済社会理事会は1946年2月、国際貿易機関 (ITO) の憲章起草会議を呼び掛ける決議を採択した 。国際貿易機関 フレッシュアイペディアより)

  • サニーベール (カリフォルニア州)

    サニーベール (カリフォルニア州)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1930年、アメリカ合衆国議会はサニーベールに西海岸の飛行船基地を置くことを決めた。このアメリカ海軍の航空基地は後にモフェット海軍航空基地と名付けられ、その後モフェット連邦飛行場となり、現在はモフェット飛行場と呼ばれている。サニーベール (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ・フリー・ヨーロッパ

    ラジオ・フリー・ヨーロッパから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ラジオ・フリー・ヨーロッパおよびラジオ・リバティー(英語:Radio Free Europe / Radio Liberty、略称はRFE / RL、自由欧州放送とも訳される) は、アメリカ合衆国議会の出資によるラジオ放送と報道の機関である。本部はプラハ。ラジオ・フリー・ヨーロッパ フレッシュアイペディアより)

  • ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

    ズムウォルト級ミサイル駆逐艦から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    高度なステルス性などの先進的な設計と強力な対地射撃能力を備えており、当初は30隻以上の大量建造が計画されていたが、のちにコスト増などのためにナン・マッカーディー制度によってアメリカ合衆国議会にその旨を報告され24隻に、次いで7隻に、最終的には3隻にまで削減された。ズムウォルト級ミサイル駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 議会名誉黄金勲章

    議会名誉黄金勲章から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    議会名誉黄金勲章(ぎかいめいよおうごんくんしょう、英:Congressional Gold Medal)は、アメリカ合衆国議会が国内外の文民に授与する最高位の賞である。「議会名誉黄金勲章」と和訳されるが、英語名称を正確に訳すると「議会黄金勲章」である(「honorable」(名誉)の語はない)。議会名誉黄金勲章 フレッシュアイペディアより)

  • オハイオ州

    オハイオ州から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    北西部条例の下では、ある領域の人口が6万人に達すると州として昇格が認められると決められていた。1801年12月時点でオハイオの人口はまだ45,000人だったが、アメリカ合衆国議会は、オハイオの人口が急増しており、州昇格への道を歩み始めたと判断した。州昇格の時までに人口は6万人を超えるものと仮定された。さらにレニ・レナペ族インディアンが地域に住んでおり、これに関して現在のオハイオ州にあるマスキンガム川沿い1万エーカー (40 km2) の土地を「モラヴィア兄弟団の資産として取っておきこれに与える。...前述兄弟団はインディアンを文明化しキリスト教徒に変える」と判断した。オハイオ州 フレッシュアイペディアより)

  • 議会

    議会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    Congress: アメリカ合衆国議会やラテンアメリカ諸国の議会 - 語源は(参加する・参集する)。1774年 植民地代表者による大陸会議()より。議会 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年公民権法

    1964年公民権法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1950年代以降にアメリカ国内で活発化した、公民権運動を背景として1964年に合衆国連邦議会で成立した。同法は11条からなり、職場、公共施設、連邦から助成金を得る機関、における差別を禁じ、を禁じている。1964年公民権法 フレッシュアイペディアより)

  • インディアナポリス

    インディアナポリスから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1816年、インディアナが州に昇格すると、連邦議会は連邦の所有する土地4区画を、州政府の恒久的な立地とするために寄付した。その2年後、1818年に締結されたセントメアリーズ条約によって、デラウェア族はインディアナ州中央部の土地の権利を放棄し、1821年までにこの地を去ることになった。この時に「新たに購入」した土地には、1820年に新たな州会議事堂が建てられることになる用地が含まれていた。インディアナポリス フレッシュアイペディアより)

1085件中 21 - 30件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード