765件中 31 - 40件表示
  • 砂漠法

    砂漠法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    砂漠法 (Desert Land Act) とは1877年3月3日にアメリカ合衆国議会を通過した法律である。米国西部の乾燥・半乾燥状態の公有地を開拓し、経済発展を助長・促進することを目的とした。この砂漠法では、個人は公有地の内、乾燥地および半乾燥地を開墾、灌漑し耕すことを申請する。砂漠法 フレッシュアイペディアより)

  • ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア

    ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニアから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア(Joseph William Martin, Jr., 1884年11月3日 - 1968年3月6日)は、マサチューセッツ州ノース・アットルボロー選出の共和党所属アメリカ合衆国議会議員である。下院議長を務めた。ジョーゼフ・ウィリアム・マーティン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国連邦議会

    アメリカ合衆国連邦議会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国連邦議会 フレッシュアイペディアより)

  • 北軍気球司令部

    北軍気球司令部から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    継ぎはき絹はローに渡され、ローは使いようが無かったが、切断してアメリカ合衆国議会でお土産として配った。ガス充填された球体がリッチモンドの上に多色の物体として現れ、ランドン・チーブス大尉が操縦した。最初の気球が使われる前に、ジェームズ川を輸送中、北軍海軍のUSSモニターの乗組員に捕獲された。2つ目の気球は1863年夏に利用され、係留所から切れて吹き流され北軍の手に落ちて、やはりアメリカ合衆国議会議員へのお土産に分割された。北軍が気球を利用することが減ったので、南軍もこれに倣った。北軍気球司令部 フレッシュアイペディアより)

  • ケンタッキー州の歴史

    ケンタッキー州の歴史から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ケンタッキー郡の人口が増加するにつれてこれらの問題が大きくなり、ベンジャミン・ローガン大佐は1784年にダンビルで憲法制定会議を招集した。それからの6年間に、この会議は9回開催された。そのうちの一つで、ジェイムズ・ウィルキンソン将軍はバージニア州およびアメリカ合衆国から脱退し、スペイン領の一区分になることを提案したが、この考えは否決された。最終的に1792年6月1日、アメリカ合衆国議会はケンタッキー憲法を承認し、ケンタッキーが合衆国15番目の州になることを認めた。ケンタッキー州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アポマトックス・コートハウス

    アポマトックス・コートハウスから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1940年4月10日、アメリカ合衆国議会が「アポマトックス・コートハウス国立歴史史跡」を創設し約970エーカー (3.9 km?)の地域を指定した。1941年2月、藪やセイヨウスイカズラで覆われていたこの場所で発掘が始まった。古いデータが集められ、建築作業計画が作られ注意深い再建が始まった。この全体計画は1941年12月7日、日本軍が真珠湾を攻撃しアメリカ合衆国を第二次世界大戦に引き込んだことで急遽中断された。アポマトックス・コートハウス フレッシュアイペディアより)

  • 4人の司祭

    4人の司祭から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    彼らの業績をたたえて1948年に記念切手が発行され、連邦議会は2月3日を「4人の司祭の日 Four Chaplains Day」と制定した。4人の司祭 フレッシュアイペディアより)

  • イリノイ郡

    イリノイ郡から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    イリノイ郡に住んでいたフランス人やインディアンは、クラーク将軍を支援すれば市民権を与えられた。北西部条例を始めとして、アメリカ合衆国議会による多くの条約や行動によって、ビンゼンズとカスカスキアのフランス人とインディアン住人は特別の例外として、バージニア市民を宣言した。イリノイ郡という言葉はこれらの開拓地に関わる法制で使われることがあった。イリノイ郡 フレッシュアイペディアより)

  • 国連緊急平和部隊

    国連緊急平和部隊から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    米国議会 では、UNEPS構想を支持し米国政府に創設支援を促す決議が2005年と2007年に提出されている(いずれも未採択)。国連緊急平和部隊 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ハンター (国務次官補)

    ウィリアム・ハンター (国務次官補)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ハンターは1852年から1855年まで国務省首席事務官を務め、1855年5月から10月まで国務次官補を務めた。またハンターは1853年と1860年に2度、国務長官代行も務めた。1866年、合衆国議会で特別法が制定されると、ハンターは第二国務次官補に任命された。ウィリアム・ハンター (国務次官補) フレッシュアイペディアより)

765件中 31 - 40件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード