1085件中 51 - 60件表示
  • ジョン・トランブル

    ジョン・トランブルから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1785年、トランブルはパリに行き、そこで『コーンウォリス将軍の降伏』のためにフランス人士官の肖像画を制作し、またトーマス・ジェファーソンの援助もあって、アシャー・ブラウン・デュランドによる版画で有名になっていた『アメリカ独立宣言』を描き始めた。この絵は『バーゴイン将軍の降伏』、『ヨークタウンの降伏』および『ワシントンの総司令官退任』と共にアメリカ合衆国議会に買い上げられ、これら絵画は現在アメリカ合衆国議会議事堂に掲げられている。トランブルの描いた『ジブラルタル守備隊の出撃、1789年』はボストン・アセネウムに所有され、ボストン美術館に収められている。ジョン・トランブル フレッシュアイペディアより)

  • グアム

    グアムから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1950年にアメリカ合衆国議会により「グアム自治基本法」(Organic Act of Guam)によって主権に制限を受け、「アメリカ合衆国自治的・未編入領域 (organized unincorporated territory)」という政治的地位となり、カールトン・スキナー(Carlton S. Skinner)が初の民間人知事となった。グアム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国における禁酒法

    アメリカ合衆国における禁酒法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ボルステッド法(正式名:国家禁酒法)はウッドロウ・ウィルソン大統領が拒否権を発動するも、1919年10月28日に議会が再可決し、「酔いをもたらす飲料」を法的に定義して、憲法修正第18条で規制の対象とするアルコール飲料を定めた。一方、ボルステッド法はアルコール販売を禁止したが、法律を強制することはほとんど行われなかった。違法な酒の流通および無許可での製造販売は激烈になったが、アメリカ合衆国連邦政府にはアメリカ合衆国全ての国境、湖、河川および秘密酒場で法執行を強制する手段も意志もなかった。実際にはニューヨーク市単独でも、30,000 - 50,000軒もの違法な酒場(スピークイージー)が至るところにあった。特に都市部においては禁酒法は世界恐慌の間、次第に不興を買うようになった。アメリカ合衆国における禁酒法 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントンD.C.

    ワシントンD.C.から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国憲法1条により、各州とは別に、恒久的な首都としての役割を果たすため連邦の管轄する区域が与えられている。アメリカ合衆国三権機関(大統領官邸(「ホワイトハウス」)、連邦議会(議会議事堂)、連邦最高裁判所)が所在し連邦機関が集まる他、多くの国の記念建造物や博物館(スミソニアン博物館など)も置かれている。ワシントンD.C. フレッシュアイペディアより)

  • 2017年

    2017年から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国連邦議会にて、2016年11月に執行されたアメリカ合衆国大統領選挙で選出された選挙人による公式投票の結果が集計され、共和党候補者のドナルド・トランプが304票、民主党候補者のヒラリー・クリントンが227票、その他候補者が7票を獲得した。この結果、ドナルド・トランプの第45代アメリカ合衆国大統領当選が正式に決定された。2017年 フレッシュアイペディアより)

  • 米中関係

    米中関係から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    他方、中国では対米関係について好悪の感情が入り混じり、アメリカ合衆国の大衆文化が浸透する一方でアメリカの力を背景にした他国への干渉に対する恨みの感情もある。中国はアメリカが自由や民主主義を標榜しながらも、真意は中国を弱体化し分割することなのだと非難することもある。しかし、中国はアメリカに対し不信感を抱きつつも、アメリカとの良好な関係を維持することを基本方針としている。中国の最も厳しい問題は内政問題であり、また国内の格差問題であるともいわれる。2001年のアメリカ同時多発テロ事件の際にアメリカ合衆国連邦政府は中国を「同盟者」とし、中国も「テロとの戦い」に賛同した。しかし、中国政府は「テロとの戦い」をウイグルやチベットの独立運動に対して適用し、これらの運動を「テロリズム」として弾圧した。その後もチベットやウイグル、また劉暁波らの言論の自由を求める中国民主化運動への弾圧などが続いており、これについては2011年にアメリカ合衆国議会で公聴会が開かれるなどしており、アメリカのバラク・オバマ大統領は中国に対して改善を求めたが、中国は内政干渉であるとして拒絶している。米中関係 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次世界大戦

    第一次世界大戦から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ウィルソンはアメリカ合衆国議会で「平和を愛する」民主主義者の世界中の「軍事侵略的な」独裁主義者に対する十字軍に参加するよう呼びかけた。その4日後の1917年4月6日、アメリカがドイツに宣戦布告した。両院とも圧倒的多数で参戦を決議した。参戦の裏には様々な理由があった。アメリカとドイツの戦後に対する構想はお互い相容れないものであり、ドイツが大陸ヨーロッパの覇権を握ろうとしたことと全世界においても野心を前面に出したことでアメリカの利益に適うことができなくなった。戦争以前でもアルフレート・フォン・ティルピッツのが長期的にはモンロー主義におけるアメリカの利益に反すると信じられており、また20世紀初頭のアメリカの政治家や学者はドイツの文化が優越しているとの主張やドイツ人の国という思想に不信感を持っていた。開戦以降、アメリカと連合国の経済関係が緊密になり、などでドイツの陰謀が報告され、さらにルシタニア号が撃沈されると反独感情が高まった。しかし、第一次世界大戦の開戦後にアメリカが軍備拡張を行ったのは参戦のためではなく、終戦後に起こりそうな対独戦争に備えるためだった。1916年アメリカ合衆国大統領選挙(11月7日)の選挙運動においても、ウィルソンはアメリカの中立を強調したが、彼が当選した後もドイツの態度が強硬のままだったことは参戦を煽動するのに有利だった。そして、決定的となったのはウィルソンの講和仲介に対するドイツの返答だった。極秘で行われたドイツの講和条件についての返答は実質的には仲介を拒否する返事であり、ドイツの無制限潜水艦作戦再開宣言とほぼ同時になされた。これを聞いたウィルソンははじめはそれを信じられず、その後は深く失望した。ロバート・ランシングやなどウィルソンの顧問は参戦を推進したが、ウィルソンは2月3日にドイツと断交しただけに留まり、ドイツの脅しが現実になるかを見極めようとした。3月1日、ニューヨーク・タイムズがツィンメルマン電報を公表した。電報の内容はドイツがメキシコに対し、資金援助を与えて、テキサス、ニューメキシコ、アリゾナの領土を約束する代償としてメキシコがドイツと同盟を結ぶ、という提案だった。電報が公表されると、アメリカが戦争に参戦することに疑義を挟む人はいなくなり、また3月にはドイツの潜水艦攻撃で再びアメリカ人が死亡した。アメリカはドイツに宣戦布告した後、12月にはオーストリア=ハンガリーにも宣戦布告した。第一次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国連邦議会

    アメリカ合衆国連邦議会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国連邦議会 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ連邦議会

    アメリカ連邦議会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ連邦議会 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ議会

    アメリカ議会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ議会 フレッシュアイペディアより)

1085件中 51 - 60件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード