765件中 71 - 80件表示
  • 1841年の先買権法

    1841年の先買権法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1841年の先買権法 (Preemption Act of 1841) とは、1841年9月4日にアメリカ合衆国議会により承認された連邦法である。公有地の売却に際しての適正な利益と、それに先立っての先買権を定めるものである。1841年の先買権法 フレッシュアイペディアより)

  • 部族の主権 (アメリカ合衆国)

    部族の主権 (アメリカ合衆国)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ独立戦争以前は、 部族は主権を有する政府としてイギリスと条約を結んだ。独立戦争中、大陸会議はインディアン問題で3つの地方の行政省を確立し、ほとんどが戦時中にイギリス側に付いた先住部族との条約と同盟を交渉することを担うものであった。1789年のアメリカ合衆国憲法の創設により、新しい議会はこれらの任務を新設された陸軍省に移管した。部族の主権 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律

    琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律(りゅうきゅうしょとうにおけるけいざいてきしゃかいてきはってんのそくしんにかんするほうりつ、Act to Provide for Promotion of Economic and Social Development in the Ryukyu Islands(PL 86-629))は、琉球列島米国民政府が行う経済援助に法的根拠を与えるアメリカ合衆国の連邦法。通称は「プライス法」である。アメリカ連邦議会のプライス議員が提案したため、この通称名が付いた。琉球諸島における経済的社会的発展の促進に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • ビューフォート条約

    ビューフォート条約から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ビューフォート条約の法的地位は、1789年のアメリカ合衆国憲法で州間条約は違憲とされていたことを考慮し、現在は州間協定と考えられている。このような協定はアメリカ合衆国議会で合意を得て批准されなければならず、この条約も大陸会議に批准され、いまだに法的拘束力があると見なされている。ビューフォート条約 フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・クレイグ

    ラリー・クレイグから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    党所属連邦議会議員の風紀紊乱罪での逮捕は、共和党にも影響を与えている。特に、クレイグが警察官に対し、取り調べ中に上院議員の名刺を見せたとされ、この点が問題視されている。ラリー・クレイグ フレッシュアイペディアより)

  • トレド戦争

    トレド戦争から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1836年12月、極度の財政危機に直面していたミシガン準州政府は、アメリカ合衆国議会とアンドリュー・ジャクソン大統領の圧力のもとに土地を諦め、議会で採択された決議案を受け入れた。その譲歩の結果、ミシガンは、その州制とアッパー半島のおよそ4分の3と引き換えに、ストリップへの主権を諦めた。当時この譲歩はミシガンにとって乏しい成果と考えられたが、その後、アッパー半島で銅と鉄の鉱床が発見されたこと、豊富な木材資源はストリップの損失を埋め合わせて余りあるものとなった。トレド戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 米朝枠組み合意

    米朝枠組み合意から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    この合意が署名されたすぐ後、アメリカ合衆国議会の過半数はこの合意を支持しない共和党へ変わった。共和党の上院議員の中には、この合意は宥和政策であるとして強く反対するものもいた。当初は議会の承認を得る必要がない、アメリカ国防総省の予備費が他の国の負担する資金とともに、合意で定められた重油の提供に用いられた。1996年からは、常に十分な額であるとは言えなかったが、議会も予算を承認した。この結果、合意で定められた重油の提供は遅れることがあった。KEDOの初代事務局長であったスティーブン・ボスワース (Stephen W. Bosworth) は後に、「枠組み合意は署名後2週間以内に政治的に孤立してしまった」と述べている。米朝枠組み合意 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・キャンベル

    ジョージ・キャンベルから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1803年、キャンベルはテネシー州からアメリカ合衆国下院議員に選出され、第8回、第9回、第10回のアメリカ合衆国議会で議席を獲得した。第10回アメリカ合衆国議会では、下院歳入委員会の議長を務めた。1804年にはニューハンプシャー地方裁判所判事ジョン・ピカリングの弾劾裁判を運営する裁判員に任命され、また同年に連邦最高裁判所判事サミュエル・チェイスに対する弾劾裁判の裁判員にも任命された。そしてその後キャンベルは1809年に議会を離れ、テネシー州最高裁判所判事を1811年まで務めた。ジョージ・キャンベル フレッシュアイペディアより)

  • 第一合衆国銀行

    第一合衆国銀行から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    第一アメリカ合衆国銀行(だいいちあめりかがっしゅうこくぎんこう、)は、1791年2月25日にアメリカ合衆国議会によって公認された銀行である。その公認期間は20年間だった。この銀行は新たに形成されたアメリカ合衆国中央政府の財政的需要と要求事項を取り扱うために創設された。それまでは13植民地がそれぞれに銀行、通貨および財政制度と政策を持っていた。第一合衆国銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル

    ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアルから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1984年、アメリカ合衆国議会は公園の拡張を認める法案を通した。その中には、ミシシッピ川の対岸、イリノイ州イーストセントルイスの約400,000m?におよぶ土地も含まれていた。用地買収のための資金集めも行なわれた。しかし、議会は1998年度に国立公園局の用地買収に対しモラトリアムを実行した。21世紀に入ってもモラトリアムは継続している。一方、イーストセントルイスではミシシッピ川に浮かぶカジノ船やその関連施設ができたことから、公園の拡張はあまり望めなくなってきている。ジェファーソン・ナショナル・エクスパンション・メモリアル フレッシュアイペディアより)

765件中 71 - 80件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード