1085件中 81 - 90件表示
  • ヘンリー・ライス

    ヘンリー・ライスから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ライスはミネソタ準州を設立する為のロビー活動を行い、1853年3月4日から1857年3月3日までアメリカ合衆国議会(第33期と第34期)に準州から派遣される代議員を務めた。ミネソタを州に昇格させるためにライスが起草したミネソタ州権限付与法が1857年2月26日にアメリカ合衆国議会で成立した。1858年、ライスは民主党員としてアメリカ合衆国上院議員に選出された。ライスは1858年5月11日のミネソタ州昇格から1863年3月3日まで上院議員を務めた。この期間はアメリカ合衆国議会第35期から第37期に相当する。1862年の再選のときには候補者にならなかった。1865年のミネソタ州知事選挙に出馬したが落選した。ヘンリー・ライス フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国下級判事

    アメリカ合衆国下級判事から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    連邦地方裁判所判事が、大統領の指名と上院の同意により終身制で任命されるのに対し、下級判事は、個々の連邦地方裁判所の判事の多数決により任命される。任期は常勤(フルタイム)の場合は8年、非常勤(パートタイム)の場合は4年であり、再任されることが可能である。2009年1月現在、連邦議会が認めている下級判事の定数は、常勤466名、非常勤60名、そのほか下級判事と裁判所書記官との兼務が3名である。アメリカ合衆国下級判事 フレッシュアイペディアより)

  • サスペンションルール

    サスペンションルールから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    サスペンションルール(英語:Suspension of the rules)とは、アメリカ合衆国議会で採用される議会ルールのひとつである。通常は容認できない手法であるため、現行規則や法律の適用などを回避するもので、審議している委員会などの動議によって適用される。このような手法が用いられるのは迅速な採決である。そのため動議には3分の2以上の賛成を必要とする厳しい条件が課せられている。サスペンションルール フレッシュアイペディアより)

  • ラッセルフィヨルド

    ラッセルフィヨルドから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国議会は1980年にこの地域の1,411 km?を自然保護区とした。ラッセルフィヨルド自然保護区の北西部はウランゲル・セント・イライアス自然保護区と接している。ラッセルフィヨルド フレッシュアイペディアより)

  • ホークス・ネストトンネル災害

    ホークス・ネストトンネル災害から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    この災害による死者数は正確には分かっていない。慰霊碑によると死亡したのは109人とされているが、アメリカ合衆国議会の審理はこれを476人であるとした。更に他の文献では、700人から1,000人以上、多いものでは3,000人とするものもある。それぞれの死者数に大きな差があるのは、ホークス・ネストの坑夫の多くがアメリカ南部出身のアフリカ系アメリカ人で、罹患後にホークス・ネストを離れたり出身地に帰ったりしたため、正確な数を割り出すのが難しくなってしまったのが原因である。ホークス・ネストトンネル災害 フレッシュアイペディアより)

  • 非自治郡 (アラスカ州)

    非自治郡 (アラスカ州)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国議会は準州が郡("county")を創設することを禁じていた。州昇格議案が通過する直前に、サンフランシスコに本拠を置くコンサルティング会社によってアラスカに郡制を布くことを提案する著作が出版されたが、アラスカに郡を設立させるための本格的な動きは無かった。非自治郡 (アラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • 中小企業技術革新研究プログラム

    中小企業技術革新研究プログラムから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    このプログラムは、1982年に中小企業技術革新開発法(Small Business Innovation Development Act)が制定されて開始され、定期的にアメリカ合衆国議会によって再認可されている。再認可は1986年、1992年、2000年に行われ、最近の認可では2008年9月30日までの延長が計画されていたが、2度の予算継続決議によって2009年3月20日、7月31日まで延長されている。中小企業技術革新研究プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 1841年の先買権法

    1841年の先買権法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1841年先買権法 (Preemption Act of 1841) とは、1841年9月4日にアメリカ合衆国議会により承認された連邦法律である。公有地の売却に際しての適正な利益と、それに先立っての先買権を定めるものである。1841年の先買権法 フレッシュアイペディアより)

  • 砂漠法

    砂漠法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    砂漠法 (Desert Land Act) とは1877年3月3日にアメリカ合衆国議会を通過した法律である。米国西部の乾燥・半乾燥状態の公有地を開拓し、経済発展を助長・促進することを目的とした。この砂漠法では、個人は公有地の内、乾燥地および半乾燥地を開墾、灌漑し耕すことを申請する。砂漠法 フレッシュアイペディアより)

  • 1933年証券法

    1933年証券法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    合衆国憲法の州間通商条項に基づいて制定されており、州間通商の手段・方法を用いてなされる証券の募集又は販売について、免除事由がある場合を除き、同法に基づく登録を行うことを義務化している。同法は、証券の募集及び販売を規制する最初の大きな連邦法であった。それまでは、証券規制は主に州法(いわゆるブルー・スカイ法)によって行われていた。連邦議会は、1933年証券法を制定した際、当時の州証券法は連邦法を補完するものとして残した。それは、一つには、この分野で連邦法を制定することについての合憲性の問題が残っていたからである。1933年証券法 フレッシュアイペディアより)

1085件中 81 - 90件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード