765件中 81 - 90件表示
  • ペン・セントラル鉄道

    ペン・セントラル鉄道から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    こうした労働集約的な短距離輸送は、旅客については自動車やバス、貨物についてはトラックとの競争に弱く、高速道路の整備された地区では特に脆弱となっていた。1956年にアメリカ合衆国議会は連邦補助高速道路法を可決し、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領がこれに署名した。この法律では壮大な州間高速道路網の建設を認可し、トラック産業の発展を後押しすることになった。ペン・セントラル鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • リターン・ジョナサン・メグズ (2世)

    リターン・ジョナサン・メグズ (2世)から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    メグズは郵政長官として、合衆国内の郵便局数を倍増させた。この急激な成長により、郵政省は幾度となく財政危機に晒された。合衆国議会は2度にわたってメグズを調査した。だがいずれも調査においてもメグズは潔白であった。1823年、メグズは健康的理由により郵政長官を辞任した。リターン・ジョナサン・メグズ (2世) フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の国会

    アメリカ合衆国の国会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国の国会 フレッシュアイペディアより)

  • 第二合衆国銀行

    第二合衆国銀行から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    第二アメリカ合衆国銀行(だいにあめりかがっしゅうこくぎんこう、英:Second Bank of the United States)は、1817年1月にアメリカ合衆国議会によって公認されたアメリカ合衆国の銀行である。その公認期間は20年間だった。第一アメリカ合衆国銀行が公認失効となってから6年後のことだった。本部は第一アメリカ合衆国銀行と同じくフィラデルフィアのカーペンターズ・ホールにあり、国中に支店があった。第二アメリカ合衆国銀行は1811年に第一アメリカ合衆国銀行公認延長を拒んだのと同じ多くの連邦議会議員によって公認された。第二アメリカ合衆国銀行が公認された最も大きな理由は米英戦争の間にアメリカが厳しいインフレを経験し軍事行動の財政的手当が難しくなったことだった。その結果、アメリカ合衆国の信用度や借入金の状況が建国以来最低のレベルになっていた。第二合衆国銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ヒル=バートン法

    ヒル=バートン法から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    病院の調査と建設のための法律、通称ヒル=バートン法(ヒルバートンほう, 英Hill-Burton's Act)は1946年に第79回連邦議会を通過した米国の連邦法である。オハイオ州選出のハロルド・H・バートンとアラバマ州選出のJ・リスター・ヒル議員の後援を受けたもの。ヒル=バートン法 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ホーストン

    ジョン・ホーストンから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    ホーストンは1934年にアメリカ合衆国議会のカンザス州の第5下院議員選挙区の選挙に立候補した。現職のウィリアム・オーガスタス・アイヤーズは連邦取引委員会のメンバーに任命されたため、1934年8月21日に辞任した。いくぶん驚くほど簡単に共和党のアイラ・C・ワトソンを57パーセントと36.2パーセントの差で打ち負かせた。ジョン・ホーストン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国憲法修正第15条

    アメリカ合衆国憲法修正第15条から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    アメリカ合衆国議会の上下院で作成された当初の修正案は、投票権と被選挙権がある要因すなわち人種に基づいて各州によって否定も制限もされないということを謳っていた1。成案が何故被選挙権を外したかは不明である。選挙権とは被選挙権をも意味するために、両方を含める必要はないと考えた立案者もいた。アメリカ合衆国憲法修正第15条 フレッシュアイペディアより)

  • 暫定委員会

    暫定委員会から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    暫定委員会が組織される前の1944年7月に、ブッシュ、コナントとアーヴィン・スチュワート (Irvin Stewart) は核エネルギー管理のための法律の提案を行っている。 コナントはこの提案を1945年7月9日の暫定委員会の会議に提出している。 ハリソンは2人の経験豊かな弁護士ケネス・ロイヤルとウィリアム・マーべリー (William L. Marbury) に法案の草稿をまとめる作業を託した。 彼らがまとめた草案では、5人の民間人と4人の軍人からなる計9人の委員会を設置することとなっていた。 委員会には、所有権の取得、設備の運営、研究の指揮、そしてあらゆる形での核エネルギーの管理を認める幅広い権限が与えられていた。 この法律案は7月19日の暫定委員会の会議で検討され、委員の提案に沿って改定されてから、8月に大統領に送られた。 9月28日に暫定委員会は再び会合を開き、法案成立のための戦略について議論している。 法案は10月3日に、下院軍事委員会 (House Military Affairs Committee) 議長のアンドリュー・メイ (Andrew J. May) および上院軍事委員会 (Senate Committee on Military Affairs) の幹部委員エドウィン・ジョンソン (Edwin C. Johnson) 上院議員によって連邦議会に提出され、一般にメイ=ジョンソン法案 (May-Johnson bill) の名で知られるようになった。暫定委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦規則集

    連邦規則集から見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    連邦議会は、合衆国法典やその他のまだ法典化されていない制定法の施行を行政機関に委任するとき、解釈に関して行政機関に大きな権限を任せることが多いため、行政法が必要になる。連邦議会には、ありうる事態を細かく規定した制定法を作成して、これらの行政機関の管轄している事務を細かく管理するには繁忙度が高すぎるという場合もある。また、連邦議会が、実際の事実関係に法律を具体的に適用するには行政機関内の専門家が最も適任であると判断する場合もある。連邦規則集 フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・フィッシャー

    エイドリアン・フィッシャーから見たアメリカ合衆国議会アメリカ合衆国議会

    1947年、フィッシャーは商務省で法務官に就任し、1948年にアメリカ原子力委員会の法務顧問となった。その後フィッシャーは1949年から1953年まで国務省で法律顧問を務め、国務長官ディーン・アチソンを補佐した。1951年4月、フィッシャーはダグラス・マッカーサー将軍の更迭に際し、大統領府および国務省の代表として連邦議会での証言に関与した。1952年、フィッシャーは国際連合の合衆国代表団で法律顧問を務め、フランスのパリに赴いた。エイドリアン・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

765件中 81 - 90件表示

「アメリカ連邦議会」のニューストピックワード