アメリカ連邦預金保険公社 ニュース&Wiki etc.

連邦預金保険公社(れんぽうよきんほけんこうしゃ、Federal Deposit Insurance Corporation; FDIC)は、1933年のグラス=スティーガル法に基づき設立された米国政府の公社。世界恐慌で大量の銀行が破綻したことを受けて、預金の保護政策を迫られた連邦議会が、当時マサチューセッツ州で運用されて… (出典:Wikipedia)

「アメリカ連邦預金保険公社」Q&A

  • Q&A

    米銀破綻 今年110件 (時事通信) 米連邦預金保険公社(FDIC)は13日、イリノ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2010年9月7日 05:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「連邦預金保険公社」のつながり調べ

  • 預金保険

    預金保険から見た連邦預金保険公社

    中央銀行の設立が遅かった(1913年に連邦準備制度設立)アメリカでは、1829年ニューヨーク州で銀行券と預金を保護するために銀行に資本金を拠出させ州政府が運営する基金を設立した。その後多くの州で同様の制度が整備されたが、州単位であったことと全額保護を行っていたことにより世界恐慌の時に破綻してしまった。その後、現在のような形の預金保険制度としてアメリカでグラス・スティーガル法により、1934年に連邦預金保険公社が設立された。特徴的なことは保険制度と位置付けた事、保護する上限を設けた事、金融機関の監督権限を持たせたこと、アメリカ全土で運営することによりリスクの分散を計ったことである。これが各国の預金保険の基本的な枠組となっている。(預金保険 フレッシュアイペディアより)

  • ワコビア

    ワコビアから見た連邦預金保険公社

    2008年9月にアメリカで生じた金融危機はワコビアの急激な株価下落をもたらし、一時は同じく損失の拡大していたモルガン・スタンレーとの合併の可能性も報道されたが、同月29日、アメリカ連邦預金保険公社(FDIC)はシティグループが銀行事業を21億ドル(約2200億円)で買収することを発表した。この買収にはワコビアが保有している資産の損失が一定額を超えた場合には損失補てんが受けられる条項が入っている。これにより新銀行の資産は2兆9000億ドル(約307兆円)にのぼり、世界最大級になるはずだったが、経営不安を払拭するには至らず、10月3日に今度は米銀準大手のウェルズ・ファーゴがワコビアの株式を約151億ドル(約1兆6000億円)で取得すると発表(政府支援はなし)。同時に、シティグループによる合併をワコビア側が一方的に撤回することとなった。(ワコビア フレッシュアイペディアより)

「連邦預金保険公社」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード