26件中 11 - 20件表示
  • ワシントン・ミューチュアル

    ワシントン・ミューチュアルから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    2008年9月25日(現地時間)、連邦預金保険公社(FDIC)は、貯蓄金融機関監督局(OTS)がWaMuに対し業務停止を命じるとともに、資産を差し押さえ、入札によりワシントン・ミューチュアル・バンクの事業の大部分をJPモルガン・チェースが19億ドル(日本円で約2000億円)で取得したと発表した。これによりWaMuは事実上の経営破綻をした。ワシントン・ミューチュアル フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドゥーリトル

    ジョン・ドゥーリトルから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    1980年、カリフォルニア州議会上院議員に初当選する。1990年の中間選挙でカリフォルニア州第14選挙区より出馬して初当選し、1992年の大統領選挙に伴う下院選挙以降はカリフォルニア州第4選挙区へ「国替え」を行っているが選挙地盤は盤石とは言えず、2006年1月よりロサンゼルス・タイムズが連邦預金保険公社(FDIC)に対する監査の強化に反対する立場よりドゥーリトルが元下院院内総務のと共に圧力を懸けたのではないかとのキャンペーン報道を開始して以降は資金集めに苦慮し、同年の中間選挙に際してはブッシュ大統領を応援演説に招聘している。この年の中間選挙ではポンボが落選したのに対しドゥーリトルは民主党候補の猛追を振り切って辛くも再選したが、2007年4月19日にバージニア州の自宅がFBIの強制捜査を受けるに至り下院の歳出委員を辞任。2008年の大統領選挙に伴う下院選挙では公認を得られず、に選挙区を譲ることとなった。ジョン・ドゥーリトル フレッシュアイペディアより)

  • クレジット・デフォルト・スワップ

    クレジット・デフォルト・スワップから見たFDIC連邦預金保険公社

    その後10月10日にリーマンを参照企業としたCDSの清算価格は元本の8.625%に決定した1。これは市場推計の想定元本4000億ドルのうち8.625%だけがCDSの残余価値であり、残りの約3655億$の支払いをCDSの売り手が求められるということである。関係者にCDSの危険性を知らせる出来事であった。バーナンキFRB議長の議会証言で、リーマンを救済しなかった本当の理由は「証券会社にこのような多額の資金投入をすることはできなかった」だということがわかった。法制上FRB、財務省、SEC、FDICには監督・救済権限がなかった。また歴史上、政治上の理由で法案を提出して救済することも出来なかった(ノート参照)。フレディマック、ファニーメイのCDS清算価格は、ファニーメイが優先債務91.51%、劣後債務99.9%、フレディマックが優先債務94%、劣後債務98%といずれも90%台であり2、金額は多額だが、毀損率は大きくなかった(優先債務の清算価格が劣後債務の清算価格を下回るのは、優先債務の受け渡し適格銘柄に仕組み債の一種が含まれたことが原因である)。クレジット・デフォルト・スワップ フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法第7章

    連邦倒産法第7章から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社等が金融機関である債務者に対して有する一定の債権。連邦倒産法第7章 フレッシュアイペディアより)

  • 貯蓄貸付組合

    貯蓄貸付組合から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    1980年代に破綻が相次いだ業態で、この結果預金保険機関である連邦貯蓄貸付保険公社 (Federal Savings and Loan Insurance Corporation; FSLIC) が破綻し、それに代わって整理信託公社 (RTC) が設立された。その後、整理信託公社は連邦預金保険公社に業務を承継し清算されている。近い年代では、カリフォルニア州オレンジ郡の破綻も同様の事例である。貯蓄貸付組合 フレッシュアイペディアより)

  • ユニオン・バンク

    ユニオン・バンクから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    2010年4月17日、連邦預金保険公社(FDIC)の破綻認定を受けた、カリフォルニア州の地方銀行であるタマルパイス銀行を買収することを発表。買収額は公表しないが、タマルパイス銀行の預金量は370億円で、総資産は6億ドル。ユニオン・バンク フレッシュアイペディアより)

  • 預金保険機構

    預金保険機構から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    預金保険機構(よきんほけんきこう、、略称:DIC)は日本の預金保険法に基づき1971年7月1日、アメリカ合衆国における連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された認可法人。預金保険を提供する等、預金者等の保護と信用秩序の維持を主な目的とする。補償額もほぼ同様の預金者1人当たり1,000万円(FDICは25万米ドル)。政府と日本銀行と民間金融機関全体がほぼ同じ割合で出資している。1996年までは日本銀行副総裁が理事長を兼務していた。預金保険機構 フレッシュアイペディアより)

  • 整理信託公社

    整理信託公社から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    1989年S&Lが大量に破綻したため、S&Lに対する預金保険公社が破綻し、それに代わって破綻処理を行う政府機関として連邦預金保険公社からの人材を元に時限的に設立された。整理信託公社 フレッシュアイペディアより)

  • 預金保険

    預金保険から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    中央銀行の設立が遅かった(1913年に連邦準備制度設立)アメリカでは、1829年ニューヨーク州で銀行券と預金を保護するために銀行に資本金を拠出させ州政府が運営する基金を設立した。その後多くの州で同様の制度が整備されたが、州単位であったことと全額保護を行っていたことにより世界恐慌の時に破綻してしまった。その後、現在のような形の預金保険制度としてアメリカでグラス・スティーガル法により、1934年に連邦預金保険公社が設立された。特徴的なことは保険制度と位置付けた事、保護する上限を設けた事、金融機関の監督権限を持たせたこと、アメリカ全土で運営することによりリスクの分散を計ったことである。これが各国の預金保険の基本的な枠組となっている。預金保険 フレッシュアイペディアより)

  • リンチバーグ (バージニア州)

    リンチバーグ (バージニア州)から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    リンチバーグはカーター・グラスの生地である。グラスは20世紀初期に民主党員としてアメリカ合衆国下院と上院議員として長年務め、ウッドロウ・ウィルソン政権では財務長官となり、連邦預金保険公社を創設した法案(グラス・スティーガル法)の共同提案者となった。この法は1932年から撤廃される1999年まで、アメリカ合衆国の商業銀行が投資銀行(証券会社)を系列化することを禁じた。リンチバーグ (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード