1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • ワコビア

    ワコビアから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    2008年9月にアメリカで生じた金融危機はワコビアの急激な株価下落をもたらし、一時は同じく損失の拡大していたモルガン・スタンレーとの合併の可能性も報道されたが、同月29日、アメリカ連邦預金保険公社(FDIC)はシティグループが銀行事業を21億ドル(約2200億円)で買収することを発表した。この買収にはワコビアが保有している資産の損失が一定額を超えた場合には損失補てんが受けられる条項が入っている。これにより新銀行の資産は2兆9000億ドル(約307兆円)にのぼり、世界最大級になるはずだったが、経営不安を払拭するには至らず、10月3日に今度は米銀準大手のウェルズ・ファーゴがワコビアの株式を約151億ドル(約1兆6000億円)で取得すると発表(政府支援はなし)。同時に、シティグループによる合併をワコビア側が一方的に撤回することとなった。ワコビア フレッシュアイペディアより)

  • 住宅ローン

    住宅ローンから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    アメリカでは、古くから住宅を持つことが貧困を抜け出した象徴として(一般人にも手の届く)アメリカン・ドリームの実現の一つであると考えられており、政府も持ち家を後押しすべく、貯蓄貸付組合を支援する連邦住宅貸付銀行や、証券化を支援する連邦住宅抵当公庫、連邦住宅金融抵当公庫といった政府支援機関を設立し、全てのFDIC加盟の銀行は法令により住宅ローンを人種、出身国、宗教、性別、身体障碍、家族状況にかかわらず貸すことを求められている。(このため、返済能力を支払履歴から評価するクレジットスコアが普及している。)低所得者層へそれを行き渡らせるものとして将来的な不動産の値上がりを前提として、比較的高金利で住宅購入資金を融資する「サブプライム住宅ローン」が存在する。しかし、2006年頃から不動産の値上がりが鈍化し、返済が滞るケースが続出した。住宅ローン会社の経営が悪化していると言われ、アメリカ経済への影響が報じられている。→サブプライム住宅ローン危機を参照。住宅ローン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の経済史

    アメリカ合衆国の経済史から見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    ルーズベルトは1933年3月に大統領に就任するや否や、最初の100日間で重要法案を議会に承認させ恐慌克服に動き出した(いわゆる「百日議会」)。農家経営の安定のために農業調整法(AAA)、失業対策のためのテネシー川流域開発公社(TVA)に代表される公共事業や連邦緊急救済法(FERA)、政府が企業経営に関与し、生産調整と価格の安定化により企業経営の改善を図る一方、労働者の団結権や団体交渉権を保証した全国産業復興法(NIRA)、また、金融制度安定のために、証券業務の規制を強化した1933年証券法、商業銀行と証券業務の分離や預金救済のために連邦預金保険公社(FDIC)の創設などを規定したグラス・スティーガル法(1933年連邦銀行法)等である。アメリカ合衆国の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • JPモルガン・チェース

    JPモルガン・チェースから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    2008年10月13日 アメリカ財務省長官、連邦準備理事会議長、通貨監督局、連邦預金保険公社、ニューヨーク連邦準備銀行に不良債権救済プログラム(TARP)実施について同意を求められる。JPモルガン・チェース フレッシュアイペディアより)

  • バンク・オブ・アメリカ

    バンク・オブ・アメリカから見たFDIC連邦預金保険公社

    1988年、FDICから倒産したファースト・リパブリック・オブ・テキサスダラスを買収した。当時のNCNBの財産は600億ドルであった。NCNBはNCNBコーポレーションに名称を変更。ジョージア州のアトランタ市を本拠地としたC&Sソブラン・コープの買収時、ネーションズバンクに名称を変更。相次いだ合併により総資産は1180億ドルまで伸びた。バンク・オブ・アメリカ フレッシュアイペディアより)

  • FDIC

    FDICから見た連邦預金保険公社連邦預金保険公社

    FDIC フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード