前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たアラン・グリーンスパン

    時の連邦準備制度理事会議長だったアラン・グリーンスパンはかねてからこの状態を批判していた。「このような価格差は、市場参加者がこれを利用して裁定取引をするように仕向けているだけだ。」とした上で、「このゲームを終わらせ、SAIFとBIFが統合」することを提案した。この他、1996年制定の連邦保険基金法があったが、部分的改革に留まっていた。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たフランクリン・ルーズベルト

    時の大統領であるフランクリン・ルーズベルトは、銀行経営者の責任を曖昧にするものとして、当初は個人的にこの制度に反対していたが、議会の圧倒的多数の支持を知り受け入れた。1934年、ルーズベルトは2代目のFDIC代表にウィスコンシン州の銀行家であったレオ・クロウリーを指名した。60年超を経た1996年、このクロウリーが、FDICを利用して過去の横領を隠蔽しており、ルーズベルトもこの事実を知りながら黙認していたことが明らかになった。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たシティグループ

    日本の制度での資本増強措置や特別危機管理銀行制度に相当。銀行を破綻させずに公的資金を注入して救済する方式。全預金が保証される。これが適用される場合は金融システムに重大な危機をもたらす大きすぎて潰せない(Too big to fail)等の状況により最小コスト原則の例外が適用される場合(システミックリスク・エクセプション)に限られている。コンチネンタル・イリノイ銀行や、2009年金融危機でのシティグループ バンク・オブ・アメリカ等の事例がある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たバンク・オブ・アメリカ

    日本の制度での資本増強措置や特別危機管理銀行制度に相当。銀行を破綻させずに公的資金を注入して救済する方式。全預金が保証される。これが適用される場合は金融システムに重大な危機をもたらす大きすぎて潰せない(Too big to fail)等の状況により最小コスト原則の例外が適用される場合(システミックリスク・エクセプション)に限られている。コンチネンタル・イリノイ銀行や、2009年金融危機でのシティグループ バンク・オブ・アメリカ等の事例がある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たアーサー・ヴァンデンバーグ

    世界恐慌に伴い米国では取り付け騒ぎが相次いだことから、1933年には全米4004の銀行が閉鎖を余儀なくされ、財務基盤のより強固な大手銀行へと吸収されていった。これらの破綻銀行は、利用者一人あたり90万米ドルの預金を受け入れていた。一方、大手行への吸収以降、引き継がれた利用者の口座に残っていたのは、本来預け入れていた金額の85%に留まっていた。連邦議会はこの事態に対処するため、共和党上院議員のアーサー・ヴァンデンバーグ、民主党下院議員のヘンリー・スティーガルらを中心として金融関係の法令の整備を始めた。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た住宅ローン

    また、FDIC加盟銀行は人種などにかかわり無く住宅ローンを貸す事が求められている。(イコールハウジングレンダー)家の中に等号の描かれたシンボルでそれが示されている。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た公的資金

    日本の制度での資本増強措置や特別危機管理銀行制度に相当。銀行を破綻させずに公的資金を注入して救済する方式。全預金が保証される。これが適用される場合は金融システムに重大な危機をもたらす大きすぎて潰せない(Too big to fail)等の状況により最小コスト原則の例外が適用される場合(システミックリスク・エクセプション)に限られている。コンチネンタル・イリノイ銀行や、2009年金融危機でのシティグループ バンク・オブ・アメリカ等の事例がある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た貯蓄貸付組合

    危機の直撃をまず受けたのは、FDICと類似した役割を担っていた連邦貯蓄貸付保険公社(FSLIC)であった。FSLICは主に貯蓄貸付組合(S&L)の補償に特化した業務を行っていた。S&Lは金融危機に伴い、その多くが破綻へ追い込まれ、この余波は大手銀行にまで拡大した。S&Lの補償を行っていたFSLICまでもが支払い余力を失い、1989年金融機関改革救済執行法と1991年連邦預金保険公社改善法に基づいて、その業務と保険機能はすべてFDICへと統合された。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た米国債

    米国債など、米国政府が保証するもの連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たアメリカ合衆国議会

    連邦預金保険公社(れんぽうよきんほけんこうしゃ、Federal Deposit Insurance Corporation; FDIC)は、1933年のグラス=スティーガル法に基づき設立された米国政府の公社。世界恐慌で大量の銀行が破綻したことを受けて、預金の保護政策を迫られた連邦議会が、当時マサチューセッツ州で運用されていた預金保険基金を参考に創設した。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード