39件中 11 - 20件表示
  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たペイオフ (預金保護)

    日本の制度での狭義のペイオフに相当する。金融機関を清算し公社が指定の金融機関に口座を移転または直接支払いを行う方式。払い戻し専門銀行(Deposit Insurance National Bank: DINB)を作ることも稀にある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た生命保険

    生命保険、火災保険、自動車保険など、民間による保険や年金商品連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た年金

    生命保険、火災保険、自動車保険など、民間による保険や年金商品連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た預金

    連邦預金保険公社(れんぽうよきんほけんこうしゃ、Federal Deposit Insurance Corporation; FDIC)は、1933年のグラス=スティーガル法に基づき設立された米国政府の公社。世界恐慌で大量の銀行が破綻したことを受けて、預金の保護政策を迫られた連邦議会が、当時マサチューセッツ州で運用されていた預金保険基金を参考に創設した。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た保険

    生命保険、火災保険、自動車保険など、民間による保険や年金商品連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た強盗

    強盗や詐欺に伴う損害。これは民間保険会社と契約を結んでいる金融機関の場合、そちらで補償される場合がある連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た承継銀行

    日本の制度での資金援助方式に相当。健全な金融機関に救済合併させる方式。全預金を移転する場合や(場合によりロスシェア契約を結ぶ)、付保預金までの預金を移転する場合がある。なお、通常破綻と同時に承継する銀行を決め、入札が無かった場合基本的にはペイオフになるが、影響が大きい場合ブリッジバンク(日本の制度での承継銀行に相当)を設立することもある。インディマック銀行の処理ではインディマックフェデラルバンクというブリッジバンクが設立された。営業基盤を受け継がせるプレミアムを付けて売り出せるため処理コストを抑えることが可能なため一番事例が多い。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た連邦準備制度

    同年5月、下院銀行通貨委員会は、100万米ドルまでの預金についてその全額を保護し、以降は段階的に補償比率を引き下げるという法案をまとめた。一方、上院銀行委員会は、保護対象の銀行についての査定を厳格化した上で、連邦準備制度に参加していない銀行については保護の対象としない、とする法案をまとめた。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見たコンチネンタル・イリノイ銀行

    日本の制度での資本増強措置や特別危機管理銀行制度に相当。銀行を破綻させずに公的資金を注入して救済する方式。全預金が保証される。これが適用される場合は金融システムに重大な危機をもたらす大きすぎて潰せない(Too big to fail)等の状況により最小コスト原則の例外が適用される場合(システミックリスク・エクセプション)に限られている。コンチネンタル・イリノイ銀行や、2009年金融危機でのシティグループ バンク・オブ・アメリカ等の事例がある。連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社から見た詐欺

    強盗や詐欺に伴う損害。これは民間保険会社と契約を結んでいる金融機関の場合、そちらで補償される場合がある連邦預金保険公社 フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード