前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
475件中 1 - 10件表示
  • 魚類用語

    魚類用語から見たアユアユ

    後部の表面(露出面)が滑らかで棘を持たない鱗。硬骨魚類に普通にみられる。形は円形、四角形、卵形など様々。マイワシ(ニシン科)、カタクチイワシ(カタクチイワシ科)、サケ(サケ科)、アユ(キュウリウオ科)、コイ(コイ科)、メダカ(メダカ科)などにみられる。魚類用語 フレッシュアイペディアより)

  • 横川吸虫

    横川吸虫から見たアユアユ

    横川吸虫(よこがわきゅうちゅう、学名:Metagonimus yokogawai)は、扁形動物門吸虫綱二生吸虫亜綱後睾吸虫目異形吸虫科に属する動物。小腸に寄生する人体寄生虫の1種。和名は台湾のアユからはじめてこの寄生虫を検出した医学者横川定にちなむ。横川吸虫 フレッシュアイペディアより)

  • 鮎魚醤

    鮎魚醤から見たアユアユ

    鮎魚醤(あゆぎょしょう)は、アユを原料とする魚醤。大分県等で製造されている。鮎魚醤 フレッシュアイペディアより)

  • 追良瀬川

    追良瀬川から見たアユアユ

    白神山地を代表する川の一つで、源流域は世界遺産に登録されている核心地域にあり、山間部に狭い谷をつくって流れている。津軽地方の西海岸に注ぐ代表河川のひとつでもある。イワナやアユの豊富な川として知られているが、近年は自然保護のため川のほとんどの部分で禁漁となっている。追良瀬川 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見たアユアユ

    これを元にダム・用水整備は進められ、1975年(昭和50年)には江川ダムが建設され両筑平野用水事業が完成。1979年(昭和54年)には福岡導水事業の水源として寺内ダムが建設され、1978年(昭和53年)の福岡大渇水において暫定的に運用を開始した。その後福岡導水事業は1983年(昭和58年)に通水したが1985年(昭和60年)の筑後大堰、1993年(平成5年)の合所ダムなどの完成により事業の拡充整備が進み、福岡市・太宰府市・筑紫野市等9市9町に上水道を供給している。下流部では筑後大堰を水源として農林水産省九州農政局の「国営筑後川下流土地改良事業」と共同して「筑後川下流用水事業」を施工した。筑後川下流用水は久留米市・大牟田市・佐賀市・鳥栖市など9市13町村の上水道・農業用水などを供給している。さらに従来は上水道供給目的が無かった松原・下筌ダムに上水道目的を付加する「松原・下筌ダム再開発事業」が実施され、梅林湖(松原ダム湖)・蜂の巣湖(下筌ダム湖)の容量配分を再検討して利水容量を設けた。これにより日田市への上水道供給が強化されたほか、筑後大堰や九州電力管理の大山川ダムと連携してアユ・エツ・ノリといった筑後川・有明海の漁業資源保全を目的とした河川維持放流を行い、漁業保護と河川生態系の維持に努めている。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 日本料理

    日本料理から見たアユアユ

    魚介類:コイやフナ、鯛やヒラメ、カツオやニシン、イワシやアユ、アワビやシジミやカキ、イセエビやタコなどを用いる。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • キュウリウオ目

    キュウリウオ目から見たアユアユ

    キュウリウオ目()は、硬骨魚類の分類群の一つ。3科22属で構成され、アユ、シシャモ、シラウオ、ワカサギなどよく知られた釣魚・食用魚を含む88種が所属する。ほぼすべての種類は淡水魚か、あるいは海洋と河川を往復して暮らす遡河性の魚類である。キュウリウオ目 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川

    多摩川から見たアユアユ

    多摩川は元々水質が良く、清流を好む鮎(あゆ、アユ)が多く棲んでおり、江戸時代、多摩川では鮎漁が盛んであった。浮世絵にも鮎漁の様子が描かれている。多摩川のあゆは将軍家にも献上された。鵜を用いた鵜飼での鮎漁も行われ、鵜飼の鮎漁の写真も残っている。昭和初期まで鮎漁は盛んに行われており、年配の地元住民が記憶しているように、水揚げされた鮎は食用にされていた。多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • 余市川

    余市川から見たアユアユ

    余市川(よいちがわ)は、北海道余市郡を流れる二級河川。二級水系としては後志総合振興局最大(全体では尻別川に次ぐ規模)であり、アユの北限として知られる。余市川 フレッシュアイペディアより)

  • 回遊

    回遊から見たアユアユ

    1年のうちに外洋を数千km〜数万kmにわたって移動するクジラなどの回遊は、渡り鳥の渡りに相当するものでよく知られている。しかし広義の回遊ではスズキやヒラメのように沿岸の浅場と深場を往復する行動、またはウナギ、アユ、サケなどのように川と海を往復する行動も回遊に含む。このような広義の回遊をおこなう動物は多く、頻度や規模も多種多様である。回遊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
475件中 1 - 10件表示

「アユ」のニューストピックワード