475件中 91 - 100件表示
  • 千綿川

    千綿川から見たアユアユ

    また、川では内水面漁業協同組合が組織されていて、ウナギ・アユ・フナ・ハヤ・モクズガニが漁獲される。ただしモクズガニは禁漁中である。千綿川 フレッシュアイペディアより)

  • ヘコアユ

    ヘコアユから見たアユアユ

    和名には「アユ」と付くが、アユの仲間ではない。「ヘコ」は『逆さ』、「アユ」は『歩む』を意味し、その泳ぎ方から名づけられている。ヘコアユ フレッシュアイペディアより)

  • わかあゆ号

    わかあゆ号から見たアユアユ

    わかあゆ号(わかあゆごう) は、宮崎交通が大分県大分市と宮崎県延岡市の間を運行していた特急バス路線の愛称である。延岡市を流れる五ヶ瀬川のから名付けられた。わかあゆ号 フレッシュアイペディアより)

  • 志佐川

    志佐川から見たアユアユ

    流域のほぼ全域が水田に利用されており、集落が各所に散在する。また、内水面漁業協同組合があり、アユ・コイ・ウナギ・モクズガニなどが漁獲される。ただし下流域では一部禁漁区間が設定されている。お盆には下流域で精霊流しも行われる。志佐川 フレッシュアイペディアより)

  • ネコギギ

    ネコギギから見たアユアユ

    ダム建設や河川改修、台風による出水およびその災害復旧工事などによる生息地の破壊、ゴルフ場や工業排水、農業排水、家庭排水などによる水質汚染などにより生息数は激減している。後述のとおり天然記念物に指定されているが密猟や、人為的に移入されたアユからの感染症、ギギとの競合、コイやブラックバスなどによる捕食も懸念されている。13水系で生息が確認されていたが、1990年代以降の調査では11水系のみで生息が確認され五十鈴川水系と朝明川水系では生息が確認されていない。ネコギギ フレッシュアイペディアより)

  • 摺上川

    摺上川から見たアユアユ

    上流部には摺上川ダムが建設され、福島県県北の住民に良質の水を届ける水がめとなった。ダムの下流には摺上川渓谷が広がり、川遊びや釣りが楽しめる。摺上川 フレッシュアイペディアより)

  • 三隅川 (山口県)

    三隅川 (山口県)から見たアユアユ

    三隅川では毎年アユの稚魚を約1万匹放流しており、市中橋上流にある三隅川河川公園「清流」では園児や小学生による放流活動も行われている。またホタルの幼虫も放流しており、上流部でよく見られる。樅の木橋周辺がスポットとして有名で、「三隅上地区ホタル祭り」の観察会場でもある。三隅川 (山口県) フレッシュアイペディアより)

  • 気仙川

    気仙川から見たアユアユ

    アユやイワナ、ヤマメなどの魚類が多く生息している。気仙川 フレッシュアイペディアより)

  • 佐波川

    佐波川から見たアユアユ

    毎年3月頃はアマゴ釣りが、6月頃にアユ釣りが解禁され、大勢の釣り人で賑わう。また、ヤマメ、オイカワ、ムギツク、スナヤツメ、アカザ、オヤニラミなどの生息も確認されているほか、河口付近では4月頃からはアサリやハマグリなどの潮干狩りも行える。佐波川 フレッシュアイペディアより)

  • 宇和田公園

    宇和田公園から見たアユアユ

    公園の周囲は、南側は水田地域、北側は市道・ひばりヶ丘工業団地・中川、東側は新4号国道となっている。このうち中川では多様な生物が生息しており、魚類が多くの遡上もみられる。宇和田公園 フレッシュアイペディアより)

475件中 91 - 100件表示

「アユ」のニューストピックワード