400件中 11 - 20件表示
  • カネヒラ

    カネヒラから見たアユアユ

    食性は植物食に偏った雑食で、水生昆虫や甲殻類も捕食するが、主に藻類を食べる。本種が多く生息する河川の中流域では、夏季にアユと一緒に付着藻類を食む姿がみられる。カネヒラ フレッシュアイペディアより)

  • ビワマス

    ビワマスから見たアユアユ

    他のサケ科魚類と同様に母川回帰本能を持つため、成魚は10月中旬 - 11月下旬に琵琶湖北部を中心とする生まれた川に遡上し、産卵を行う。餌は、主にイサザ、スジエビ、アユを捕食している。ビワマス フレッシュアイペディアより)

  • 四万十川

    四万十川から見たアユアユ

    一旦細くなった四万十川は、四万十町田野々で梼原川と合流する。梼原川は水量が豊富な支流であり、四万十川本流を清流の様相に戻す。ただ、梼原川には津賀発電所下道堰堤(都賀ダム、1944年竣工、堤高45.5メートル)というダムが存在する。合流点の少し下流には轟の瀬と呼ばれる落差の大きい急流がある。続く、四万十町昭和には最大の中州の三島があり、キャンプ場が整備されているほか、夏から秋にはアユ漁にいそしむ人々の姿が見られる。またテナガエビが名産であり、漁が行われるが、激減している。四万十町十川では、4月下旬から5月上旬にかけては鯉のぼりの川渡しが行われている(昭和49年から始められ、鯉のぼりの川渡し発祥の地である)。四万十川 フレッシュアイペディアより)

  • 亀岡市

    亀岡市から見たアユアユ

    丹波松茸、丹波黒豆、馬路大納言小豆、丹波栗、みず菜、千枚漬に重宝される篠大根(かぶら)や、丹波山の芋等の京野菜や、亀岡牛、丹波地鶏、、猪などが名高い。丹波黒豆やなどは漫画『美味しんぼ』などで紹介された。亀岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 二ヶ領用水

    二ヶ領用水から見たアユアユ

    1999年(平成11年):宿河原堰改築、二ヶ領せせらぎ館が開館。堰には狛江水害を教訓にした対策に加え、アユ等の遡上阻害を解消するための魚道設置などが行われている。以降、上流へ遡上するアユが増加した。二ヶ領用水 フレッシュアイペディアより)

  • 釣り

    釣りから見たアユアユ

    中・下流の釣り(アユ、コイ、オイカワ、ウグイ、タナゴ、フナ、カワムツ、テナガエビ、ウナギ)釣り フレッシュアイペディアより)

  • 岩見川 (秋田県)

    岩見川 (秋田県)から見たアユアユ

    岩見川(いわみがわ)は、秋田県秋田市を流れる河川。岩が多いため、この名がついた。アユ釣りが盛んに行われている。岩見川 (秋田県) フレッシュアイペディアより)

  • 金生川

    金生川から見たアユアユ

    紙パルプ工場の排水により、1970年代には水質汚染が問題となった。1990年代には河口で採られた魚からダイオキシンが検出され、マスコミでも大きく取り上げられた。流域面積が小さいため少雨が続く時には下流で断流が起き、水溜りが悪臭を放つ光景も見られた。現在では市民によりの放流が行われ、汚染は改善されている。金生川 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄盆地

    新庄盆地から見たアユアユ

    漁業:アユやサクラマス等の釣り場として知られている。特に舟形町はアユの町として知られている。鮭川村には、サケの孵化場が設置されている。新庄盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍中河内川

    安倍中河内川から見たアユアユ

    静岡県静岡市葵区口坂本付近に源を発し南流。静岡市葵区俵沢にて安倍川に注ぐ。一級河川としての起点は静岡県静岡市葵区口坂本字東下597番地。安倍川支流の中では流路延長が2番目に長い河川である。釣りのシーズンには釣り人が多く、夏はキャンプやバーベキューを楽しむ人で賑わう。安倍中河内川 フレッシュアイペディアより)

400件中 11 - 20件表示

「アユ」のニューストピックワード