475件中 41 - 50件表示
  • コアユ

    コアユから見たアユアユ

    コアユ フレッシュアイペディアより)

  • 遡河魚

    遡河魚から見たアユアユ

    代表的なものに、サケ・マス・アユがこれに含まれている。内分泌腺が海水と真水の浸透圧の差を克服するために働いていると考えられている。遡河魚 フレッシュアイペディアより)

  • 郡川

    郡川から見たアユアユ

    上流から中流まで国道444号、黒木地区では長崎県道252号が並走する。流域は源流部を除いて田畑が多く作られている。長崎県内では数少ない内水面漁業協同組合が組織されている川でもあり、アユ、コイ、フナ、ウナギなどが漁獲される。ただしダム建設や河川改修により漁獲量は激減した。郡川 フレッシュアイペディアより)

  • 貞光川

    貞光川から見たアユアユ

    剣山系の丸笹山(標高1,712m)に水源があり、旧美馬郡一宇村・貞光町を経て吉野川に合流する。釣りの名所でもありつるぎ町ではアメゴやアユが釣れる。貞光川 フレッシュアイペディアより)

  • 那智川

    那智川から見たアユアユ

    上流域にはキセキレイやカワガラスが生息し、ルリヨシノボリやタカハヤなどの魚類、孟宗竹も見られる。中流域にはカワセミ、イワツバメなどの鳥類やカワムツ、ヌマチチブなどが生息し、カワラハンノキが生えている。下流や河口付近の汽水域ではアユ、ボラやマガモ、イソシギが多く見られる。那智川 フレッシュアイペディアより)

  • 野根川

    野根川から見たアユアユ

    徳島県側には谷底平野の発達は少ない。野根付近では厚い礫の堆積がみられ、砂利の供給地となっている。清流でアユ・アマゴを産する。野根川 フレッシュアイペディアより)

  • 大山川

    大山川から見たアユアユ

    大山川は体長30cmを超える巨(尺鮎)が生息する川として知られてきた。現在は水量が減少し大物の鮎は少なくなったが、毎年9月中旬には日田市大山町において「3匹で1kgに挑戦!」をキャッチフレーズに大山川大鮎釣り大会が開催されている。大山川 フレッシュアイペディアより)

  • 淵

    から見たアユアユ

    淵は瀬とともに、川魚にとって欠かせない。昼間は瀬で活動する魚も多いが、それらの多くも夜間は淵で寝る。ただし、仔魚および稚魚などの小型魚は、岸近くの瀬で寝ることがある。また、淵は人間や鳥などから、身を隠す場所としても大いに役立っている。大きな淵が乏しい河川では、アユ釣りの解禁後に短期間で釣りつくされてしまうことが知られている。 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野川

    狩野川から見たアユアユ

    の友釣りの発祥の地として知られる。源流部では天城山の清流を利用したワサビ栽培が盛んである。狩野川 フレッシュアイペディアより)

  • 椹野川

    椹野川から見たアユアユ

    山口県山口市宮野上の坂堂峠付近に源を発し、宮野湖、荒谷ダムを経た後、JR山口線に沿って南西に流れる。椹野川水系最大の支流仁保川、山口市街を流れる一の坂川を合わせ、山口湾に注ぐ。絶滅危惧種のスナヤツメ、アカザ、メダカが生息し、も採れる。椹野川 フレッシュアイペディアより)

475件中 41 - 50件表示

「アユ」のニューストピックワード