400件中 41 - 50件表示
  • デニール式魚道

    デニール式魚道から見たアユアユ

    デニール式の欠点としては、阻流板が作りだす渦が、小さな魚の遡上を不可能にはしないまでも、難しくすることがある。サケ・マスのような大型魚を主な対象にする場合には問題にならないが、小さな鮎(アユ)の遡上が漁業的に重要な日本ではこれが特に問題になる。底生魚の遡上は期待できない。さらに、土砂や流木で詰まりやすく、こまめな維持管理が必要である。デニール式魚道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊佐津川

    伊佐津川から見たアユアユ

    中流付近では、アユの友釣りや刺し網、投網漁の格好の場となっており、組合が発行する漁獲許可証を持つ人のみアユ漁ができる。伊佐津川 フレッシュアイペディアより)

  • やな

    やなから見たアユアユ

    やなとは、梁漁(やなりょう)を売り物にした食事処。「観光やな」ともいう。梁に入ってを捕まえて楽しむことが出来たり、そのやなを見ながら川を渡る涼風を受け、捕れたばかりの新鮮な鮎料理に舌鼓を打てる。料理は主に鮎料理だが、やなに上がったアナゴやウナギを出すやなもある。基本的には河川にやなを設置し行われるが、生簀や人工川を設けて行う施設もある。やな フレッシュアイペディアより)

  • 越知川

    越知川から見たアユアユ

    県道岩屋生野線にそっての山あいを流れる比較的小さな川であるが、流域に汚染源や人口が少ないことから水は澄み、清流を保っている。そのためこの川のアユは小型ながら美味しいと言われる(釣り期:6月上旬 ?9月上旬)。初夏には蛍が飛び交い、盛夏は清流の淵は地元の少年達の格好の水遊び場・水泳場と化する。澄んだ淵に潜れば、アユやアマゴの群れが銀鱗を翻し、少年達が無心に魚影と戯れる姿を日々目にすることができる。越知川 フレッシュアイペディアより)

  • 福上湖

    福上湖から見たリュウキュウアユアユ

    メダカ、タウナギ、マルタニシ、サカモトサワガニ、アラモトサワガニなどに加え、日本国の天然記念物に指定されたリュウキュウヤマガメ、沖縄県の天然記念物に指定されたイボイモリ、ナミエガエル、ホルストガエル、クロイワトカゲモドキが生息する。また、カイツブリ、オシドリ、ミサゴなどの鳥類も確認されている。1991年(平成3年)からリュウキュウアユの放流が始まり、湖内に定着させることに成功している。福上湖 フレッシュアイペディアより)

  • 遡河魚

    遡河魚から見たアユアユ

    代表的なものに、サケ・マス・アユがこれに含まれている。内分泌腺が海水と真水の浸透圧の差を克服するために働いていると考えられている。遡河魚 フレッシュアイペディアより)

  • イサザ

    イサザから見たアユアユ

    琵琶湖の固有種で、北湖に産する。琵琶湖にはウキゴリも生息しており、イサザはウキゴリから種分化が進んだものと考えられている。なお1964年(昭和39年)には相模湖(相模ダム)と霞ヶ浦で各1尾が記録されたが、これはアユの稚魚に混入するなどで放流されたものと考えられ、その後の繁殖も確認されていない。イサザ フレッシュアイペディアより)

  • シロウオの踊り食い

    シロウオの踊り食いから見たアユアユ

    なお、アユなどにも共通するが、川魚の生食は寄生虫(横川吸虫)感染の危険性がある。重篤な症状に至ることは少ないとされているが、注意は必要である。シロウオの踊り食い フレッシュアイペディアより)

  • 河津川

    河津川から見たアユアユ

    天然アユの遡上が多いことで有名である。このほか、秋から冬に掛けてズガニ(モクズガニ)の漁が行われる。河津川 フレッシュアイペディアより)

  • わかあゆ号

    わかあゆ号から見たアユアユ

    わかあゆ号(わかあゆごう) は、宮崎交通が大分県大分市と宮崎県延岡市の間を運行していた特急バス路線の愛称である。延岡市を流れる五ヶ瀬川のから名付けられた。わかあゆ号 フレッシュアイペディアより)

400件中 41 - 50件表示

「アユ」のニューストピックワード