475件中 51 - 60件表示
  • 坂州木頭川

    坂州木頭川から見たアユアユ

    坂州木頭川の源流には剣山スーパー林道となっており、槍戸峡では広大な原生林・もみじの名所として知られている。川ではハイ・アユ・アメゴ等が釣れる。川には追立ダムがあり、支流・大美谷川には大美谷ダムがある。坂州木頭川 フレッシュアイペディアより)

  • 紀の川大堰

    紀の川大堰から見たアユアユ

    紀の川大堰の補償交渉において最も困難だったのは、漁業協同組合との漁業権補償交渉であった。利根川河口堰(利根川)や長良川河口堰(長良川)、筑後大堰(筑後川)などにおける河川生態系への影響が論じられ、長良川では長きに亘る反対運動が展開されていた。紀の川においても河口部は豊富な水産資源を有し、アユを始めとする回遊魚が遡上する河川であったことから漁業資源減少を憂う漁業関係者は1978年の計画発表以降、猛然と反対運動を繰り広げた。建設省(現・国土交通省)との補償交渉は14年の間続けられ、1992年(平成4年)3月に妥結を見た。紀の川大堰 フレッシュアイペディアより)

  • 伊南川

    伊南川から見たアユアユ

    福島県南会津郡檜枝岐村の栃木県との境に位置する帝釈山脈に源を発する「実川」が「檜枝岐川」となり、南会津町で舘岩川と合流して伊南川と名前を変える。北東へ流れ、徐々に北西へ向きを変え只見町で尾瀬を源流とする只見川に合流する。急峻な山地の狭い谷間の平地を流れる伊南川は、釣りなども楽しまれている。伊南川 フレッシュアイペディアより)

  • 長安口ダム

    長安口ダムから見たアユアユ

    漁業権に関しては那賀川全域の漁業権を保有する那賀川漁業協同組合連合会があり、アユを始めとする漁業を生業としていた。このためダム建設に対しては組合員1,270名が一致して反対運動を展開し、この解決にも時間が掛かった。さらに那賀川上流部は豊富な森林資源を有し、筏流しによる流木輸送が古くから実施されていた。だがダム建設によって筏流しは完全に不可能となり、流筏業者は完全に失業する。失業を余儀無くされる業者1,037名に対しては補償として転廃業資金を支払うことで妥結、流筏に替わる陸上輸送の代替事業として林道約16キロメートルの敷設と、貯水池付近に二箇所の揚木場・施設を建設して林業振興を図った。長安口ダム フレッシュアイペディアより)

  • 金生川

    金生川から見たアユアユ

    紙パルプ工場の排水により、1970年代には水質汚染が問題となった。1990年代には河口で採られた魚からダイオキシンが検出され、マスコミでも大きく取り上げられた。流域面積が小さいため少雨が続く時には下流で断流が起き、水溜りが悪臭を放つ光景も見られた。現在では市民によりの放流が行われ、汚染は改善されている。金生川 フレッシュアイペディアより)

  • 半田川 (徳島県)

    半田川 (徳島県)から見たアユアユ

    美馬郡つるぎ町の旧半田町にある白滝山(1,526m)に源があり吉野川に注ぐ。釣りの名所でもありアユ・コイ・ハイ・ウグイ・アメゴが釣れる。半田川 (徳島県) フレッシュアイペディアより)

  • コカナダモ

    コカナダモから見たアユアユ

    日本では1961年における琵琶湖での生育が初めての記録である。その後、琵琶湖のアユが日本各地へ放流された際に、コカナダモも合わせて拡散したと考えられている。現在は北海道から沖縄までの全域に定着しており、同じく外来種のオオカナダモとともに日本の自然に溶け込んでしまっている。コカナダモ フレッシュアイペディアより)

  • カラムナリス病

    カラムナリス病から見たアユアユ

    カラムナリス病(カラムナリスびょう、英:columnaris disease)とはFlavobacterium columnare(en)感染を原因とする魚類の感染症。水温15℃以上でウナギ、コイ、アユなどに発生し、口ぐされ、鰭ぐされ、尾ぐされ、鰓ぐされを引き起こす。病変部である鰓や皮膚の生標本では特徴的な柱状構造物(column)が認められる。Flavobacterium columnareはサイトファガ寒天培地、TY寒天培地などの培地で、黄色から橙色の辺縁樹枝状の扁平なコロニーを形成する。治療には塩水浴が有効である。ワクチンは実用化されていない。カラムナリス病 フレッシュアイペディアより)

  • 羽束川

    羽束川から見たアユアユ

    上流では国の特別天然記念物であるオオサンショウウオが多数生息しているのが知られており、アユやテナガエビなども生息している。また多種多様な植物が周辺に自生もしており、夏前には多くのホタルも舞う大変生物相の豊かな河川である。羽束川 フレッシュアイペディアより)

  • 浜原ダム

    浜原ダムから見たアユアユ

    浜原ダムから上流は島根県によって江川水系県立自然公園に指定されており、上流へと細長く伸びるダム湖は釣りの名所にもなっている。当地で有名な漁法がアユの火振り漁である。火を灯したボートの上から水面を竿で打って漁網へと魚を追い込むというもので、古くは大正時代末期に始まり、浜原ダムの建設で一時的に衰退を見せたものの、現在では復活を果たし夏の観光名所である。浜原ダム フレッシュアイペディアより)

475件中 51 - 60件表示

「アユ」のニューストピックワード