475件中 61 - 70件表示
  • 広見川

    広見川から見たアユアユ

    、ウナギ、川蟹等の漁業資源にも恵まれている。鮎は太平洋戦争前には多量の遡行が見られたが、今日では放流によっており、落ちアユ漁が行なわれている。ウナギは、「地獄」と呼ばれる仕掛けを用いて捕獲する。これらを材料に用いた郷土料理は沿岸地域の観光資源ともなっている。広見川 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂川 (愛媛県)

    加茂川 (愛媛県)から見たアユアユ

    上流ではアユ、アマゴ、ニジマスと清流を好む魚が群れをなし、その上をカワセミが飛び交い、中流では夏の川遊び、いもたき、伊曽乃神社の秋の祭り(西条祭りの代表的な祭礼)の川入りなど人々に親しまれている。下流では大きな干潟を形成し、渡り鳥が羽を休めている。加茂川 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • 美味求真

    美味求真から見たアユアユ

    これらの著書では、出身地である大分県の山海の富を高く評価し、日出の城下かれい、日田三隈川の、安心院のスッポン、姫島村近海のふぐの記述がある。美味求真 フレッシュアイペディアより)

  • 潤井川

    潤井川から見たアユアユ

    富士市に入ると、マルタウグイやアユの遡上も見られる。潤井川 フレッシュアイペディアより)

  • スフェロチルス

    スフェロチルスから見たアユアユ

    10℃以下の低温を好み、冬季に増殖する。生息する水路では水底にミズワタを形成して微生物群集の基盤となる。ミズワタの形成は美観を損ねるものの、有機物を積極的に分解して汚水の浄化に寄与するため、流水は澄んでいることが多い。本来は白色の綿状であるが、実際の環境中では、他の微生物や水酸化鉄等により灰色、黄褐色を呈する場合が多くみられるため、美観を損なうとして嫌われる。浄化槽や下水処理場の活性汚泥において糸状性バルキングの原因となる。水底を覆うため、アユなどの産卵を物理的に阻害する。スフェロチルス フレッシュアイペディアより)

  • 羽地村

    羽地村から見たリュウキュウアユアユ

    隣接する名護・屋部・久志の市内の他地域とは違い大きな公共施設はないものの、1990年代以降、バイパスの開通で伊差川や旧村内に隣接する大北・為又(びいまた)に大型スーパーが建つようになり、沖縄本島北部の買物客がそこにくるようになった。1992年には絶滅していたリュウキュウアユが源河川に放流され話題となった。1993年には老朽化した屋我地大橋が開通、2005年には羽地ダムと屋我地島と古宇利島とを結ぶ古宇利大橋も完成・開通した。さらに2012年には地域高規格道路名護東道路が開通し(伊差川 - 世富慶の区間)、羽地地域にも更なる発展が期待されている。羽地村 フレッシュアイペディアより)

  • 腰越漁港

    腰越漁港から見たアユアユ

    シラス漁は、毎年3月11日から12月31日までの約10ヶ月間にわたり、時化(荒天)でない限り毎日行われている(1月1日から3月10日までは、アユの稚魚を保護するため禁漁と定められている)。季節ごとの漁獲量には、4・5月、7月、10月の3回のピークがあり、特に10月には1日に2〜3回出漁される。通常は、未明に出漁し、朝のうちに帰港した後、再び別の魚の漁に出る、という流れで行われる。1日あたり平均約40kgのシラスが採れるという。腰越漁港 フレッシュアイペディアより)

  • 郡上竿

    郡上竿から見たアユアユ

    伊豆の出稼ぎ漁師であった山下福太郎が作った山下竿を参考にして、同地の川漁師がを釣るための漁具として作り始め、後に渓流釣りにも用いられるようになった。ガラス繊維強化プラスチック(グラスファイバー)や炭素繊維強化プラスチック(カーボンファイバー)の竿が普及すると急速に衰退し、郡上竿を制作する職人は2011年6月現在で1人のみとなっている。郡上竿 フレッシュアイペディアより)

  • 新田川 (福島県)

    新田川 (福島県)から見たアユアユ

    福島県相馬郡飯舘村西部の阿武隈高地に源を発し東へ流れ、南相馬市原町区泉と南相馬市原町区下渋佐の境界から太平洋に注ぐ。釣り、鮭の栽培漁業が盛んである。新田川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 河津川

    河津川から見たアユアユ

    天然アユの遡上が多いことで有名である。このほか、秋から冬に掛けてズガニ(モクズガニ)の漁が行われる。河津川 フレッシュアイペディアより)

475件中 61 - 70件表示

「アユ」のニューストピックワード