400件中 71 - 80件表示
  • 赤点病

    赤点病から見たアユアユ

    赤点病()とは、シュードモナス・アンギリセプチカ(Pseudomonas anguilliseptica)の感染を原因とするニホンウナギの感染症。ヨーロッパウナギやアユで発生することもある。体表に点状出血、肝臓の鬱血、脾臓の褪色・萎縮、腹膜の点状出血が認められる。25℃以上の水温で終息する。P. anguillisepticaは海水や汽水中では200日以上生存することができる。赤点病 フレッシュアイペディアより)

  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見たアユアユ

    このため漁業権補償がダム・発電所建設における最大の難関となった。中部電力は岩屋ダムに表面取水設備を設置し、濁りの少ない湖水表面部の上澄み水を選択的に放流し、下流に影響を及ぼさない方針を採って理解を求め、これは概ね了承された。しかし、続くダム建設に伴う補償は馬瀬川がアユ釣りで全国的に著名な河川であるため、漁業権を管理する馬瀬川上流・下流漁業協同組合が「アユ漁消滅は漁民の死活問題」として猛反対した。特に下流漁協の要求は強固で、漁業権消滅の金銭補償はもとより馬瀬川第二ダム下流の恒久的な流量改善対策、また西村ダム・弓掛堰堤の撤去要求といった難問を突きつけた。交渉は暗礁に乗り上げ、岐阜県農政部が仲裁に入って妥協案を示した。補償額3億2千万円(当時)のほか第二ダムからの漁業放流実施、弓掛・広瀬両堰堤の魚道新設を行うことで1973年(昭和48年)2月25日に妥結した。上流漁協については下流漁協との交渉妥結後に交渉が行われたが、比較的交渉が順調に行われ、補償額5千750万円(当時)と代替アユ養殖施設を建設することで1974年(昭和49年)1月19日妥結。濁水問題解決の急先鋒だった益田川漁協には補償額1,800万円(当時)で交渉が妥結した。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • 貞光川

    貞光川から見たアユアユ

    剣山系の丸笹山(標高1,712m)に水源があり、旧美馬郡一宇村・貞光町を経て吉野川に合流する。釣りの名所でもありつるぎ町ではアメゴやアユが釣れる。貞光川 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美群島国定公園

    奄美群島国定公園から見たリュウキュウアユアユ

    一帯は独特の生態系が発達しており、固有種としてはアマミノクロウサギやアマミトゲネズミ、ルリカケス、アカヒゲが生息し、その他にもハブやイシカワガエル、イボイモリ、リュウキュウアユなどの生物が生息している。奄美群島国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴川 (山梨県)

    鶴川 (山梨県)から見たアユアユ

    この綺麗な水に育まれ、魚類ではイワナ、ヤマメ、アマゴ、カジカなどの渓流魚やアユ、アブラハヤ、ウグイ、オイカワなどが、両生類ではモリアオガエルやハコネサンショウウオなどの生息が確認されている。また周辺ではキマダラルリツバメなどの希少昆虫をはじめとする小動物や、各種野鳥の生息地にもなっている。鶴川 (山梨県) フレッシュアイペディアより)

  • 木曽川うかい

    木曽川うかいから見たアユアユ

    舟首に篝火を付けた鵜舟に鵜匠が乗り10羽の鵜を手縄をさばき、操り、篝火に集まってきたアユを鵜が次々に捕る。鵜匠と鵜は呼吸の合った動きを見せ、見事に鮎を捕らえてくる。鵜の捕った鮎は鵜匠のより吐き篭に吐かせられる。実際には、鵜の首の紐の巻き加減を調整し、小さいアユはウの胃に入る。鵜は海鵜を使っている。木曽川うかい フレッシュアイペディアより)

  • 塩郷ダム

    塩郷ダムから見たアユアユ

    塩郷ダム付近は通称「鵜山の七曲がり」と呼ばれる大蛇行区間であり、水量が豊富な時期は豪快な流れを見ることができた。だが、河水が途絶したことで、あるのは荒涼とした河原のみであり、さながら沙漠であった。河水の途絶は、かつてアユやウグイといった豊富な水産資源に壊滅的打撃を与え、淵は藻類の異常繁茂によって悪臭を放ち、流砂サイクルが河水の途絶によって中断したことで、河口部の砂州が後退して駿河湾の海岸侵食へと繋がっていった。塩郷ダム フレッシュアイペディアより)

  • 入江干拓

    入江干拓から見たアユアユ

    かつては琵琶湖から流入する水により入江内湖として、鰻・・鯉・鮒・シジミ等の漁業を中心に利用されていたが、食糧増産を目的として干拓化された。入江干拓 フレッシュアイペディアより)

  • 究極VS至高

    究極VS至高から見たアユアユ

    第1回の対決は材料の差によりやり直したため、雄山がキャベツとカブを提供し、同じ材料で闘うことになる。キャベツ料理では素材の良さを100%出した至高が勝利。続くカブ料理では山岡は“カブの焼き出汁煮”を出す予定でいたが、雄山がカブの風味の問題点を指摘し、出す以前から負けを覚悟する。その様子を見た雄山が再勝負になるように仕組み、後日やり直しとなる。あらためての勝負で究極側は“カブの山ぶどうの汁漬けくるみソース”を出して勝利。1対1の引き分けとなった。究極VS至高 フレッシュアイペディアより)

  • 日置川

    日置川から見たアユアユ

    果無山脈の千丈山(せんじょうざん、標高1027m)北東麓に源を発する。最上流部は奈良県吉野郡十津川村に面する。著しく屈曲を繰り返しつつ概ね南流。和歌山県西牟婁郡白浜町日置で太平洋に注ぐ。沿岸の大半は森林で、田辺市(旧大塔村)合川(ごうがわ)に殿山ダム(合川ダム)がある。ダム以南の中流域では、初夏から秋にかけてアユ釣りを行なう釣り人たちの姿が目立つ。河口には日置(白浜町・旧日置川町)がある。日置川 フレッシュアイペディアより)

400件中 71 - 80件表示

「アユ」のニューストピックワード