475件中 71 - 80件表示
  • 最上小国川

    最上小国川から見たアユアユ

    山形県を流れる川では唯一のダムがない天然河川であり、松原アユと呼ばれる天然が釣れる川として全国的に知られている。最上小国川 フレッシュアイペディアより)

  • こちらお天気情報部

    こちらお天気情報部から見たアユアユ

    秋 - マツタケ(1996年9月6日)、アユ(1996年9月13日他)、カキ・サンマ(1996年10月4日)、紅葉(1996年10月11日等多数)、菊の風呂(1996年11月1日・12月27日)、サケ(1996年11月22日)こちらお天気情報部 フレッシュアイペディアより)

  • タナゴ亜科

    タナゴ亜科から見たアユアユ

    一方、中国から移入したオオタナゴやタイリクバラタナゴは日本国内で分布を広げている。タイリクバラタナゴは日本在来種のニッポンバラタナゴと交雑して遺伝子汚染を起こし、オオタナゴは霞ヶ浦で急速に増殖した。両者とも環境省の要注意外来生物指定を受けている。イチモンジタナゴやカネヒラは、アユなど有用魚類の放流時に種苗が混入するなどして分布を広げた例が報告されている。タナゴ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • ワタカ

    ワタカから見たアユアユ

    琵琶湖や淀川水系にのみ生息していたが、琵琶湖で養殖された稚アユに混ざって放流され、全国の河川に定着した。しかしワタカの咽頭歯の化石が西日本を中心に発見されており、琵琶湖の固有種ではなく遺存種であるとの見方が強い。ワタカ フレッシュアイペディアより)

  • 釣瓶

    釣瓶から見たアユアユ

    釣瓶鮨(つるべずし) - 奈良県下市(しもいち)の名産で、奈良県吉野郡吉野川で獲れたを酢で締め腹に酢飯を詰め込んだものを、釣瓶を模した小さな木桶にいれた押し鮨で弥助鮨(やすけずし)ともいう。釣瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 土御門定通

    土御門定通から見たアユアユ

    その後、北条氏との縁戚関係により復権して嘉禎2年(1236年)には内大臣となったものの、政治的な影響力は失われており、ただ宮廷的には忘れられた存在となった承明門院と邦仁王の後見人としての存在でしかなかった。そんな中で安貞元年(1227年)、定通が「殺生禁断」の地である洛南・吉祥院前の川で家人達と釣りを楽しんだことから、同院に所属する神人たちと乱闘になると言う事件を起こした。関白近衛家実が当時正二位大納言であった定通の責任を追及しようとしたところ、定通は当時の六波羅探題北条泰時(定通の義兄)が事情を知らずに同じ場所で釣りをした際には、神人達は武士である泰時を責めなかったのに、公卿である自分が責められるのは納得がいかないと反論し、「我もまた武士なり」と言って、逆に神人達の処断を迫ったという。この当時は実力で処断権を有する者を広く「武士」と称する用法があった事に加えて、承久の乱後、武士に対して卑屈に成り下がった(定通自身も含めた)公家社会に対する痛烈な皮肉であると考えられている。土御門定通 フレッシュアイペディアより)

  • 煮びたし

    煮びたしから見たアユアユ

    (白焼きした鮎を煮汁をたっぷり含むように煮る。梅干しを加えることもある)。他にフナ、アジ等もあるが近年ではあまり見られない。煮びたし フレッシュアイペディアより)

  • 上海鋼公司

    上海鋼公司から見たアユアユ

    海老のような外観の6脚型機体で、MS、GRなどのショルダーウェポンを強化した武装を搭載しており、水上を滑走するかのように高速で移動する。最後は、M.I.D.A.S.の爆発に巻き込まれ消滅。香魚はアユの意。上海鋼公司 フレッシュアイペディアより)

  • 鮎苦谷川

    鮎苦谷川から見たアユ

    上流は野呂内谷と呼ばれ、水源部に四国八十八箇所・第六十六番札所・雲辺寺がある。下流に早瀬があり、がさかのぼるのに苦労するところからこの名がある。鮎苦谷川 フレッシュアイペディアより)

  • エソ

    エソから見たアユアユ

    成魚の全長は10cmほどのものから70cmに達するものまで種類によって異なる。吻が短く、頭の前方に大きな目がつく。目の後ろまで大きく開く口には小さな歯が並び、獲物を逃がさない。体は細長く、断面は丸く、円筒形の体型をしている。鱗は大きく硬い。鰭は体に対して比較的小さい。背鰭と尾鰭の間に小さく丸い脂鰭(あぶらびれ)を持ち、これはサケ、アユ、ハダカイワシ等と同じ特徴である。エソ フレッシュアイペディアより)

475件中 71 - 80件表示

「アユ」のニューストピックワード