400件中 81 - 90件表示
  • 宮中ダム

    宮中ダムから見たアユアユ

    2009年3月に水門が開かれ70年ぶりに信濃川の水量が増加、ダムの上流に遡上するサケ、アユが大幅に増加した。宮中ダム フレッシュアイペディアより)

  • 鮎喰町

    鮎喰町から見たアユ

    元は庄町の一部で、昭和18年に現在の町名となった。町名は古くから鮎喰川ではを多く産し、住民がこれを食べていたことから起こったといわれ、鮎喰は脚咋(あしくい)とも書かれ「日本書紀」に鷲住王ののち脚咋別の居住地であったことにもよるといわれている(加茂名小史)。鮎喰町 フレッシュアイペディアより)

  • 那智川

    那智川から見たアユアユ

    上流域にはキセキレイやカワガラスが生息し、ルリヨシノボリやタカハヤなどの魚類、孟宗竹も見られる。中流域にはカワセミ、イワツバメなどの鳥類やカワムツ、ヌマチチブなどが生息し、カワラハンノキが生えている。下流や河口付近の汽水域ではアユ、ボラやマガモ、イソシギが多く見られる。那智川 フレッシュアイペディアより)

  • 野根川

    野根川から見たアユアユ

    徳島県側には谷底平野の発達は少ない。野根付近では厚い礫の堆積がみられ、砂利の供給地となっている。清流でアユ・アマゴを産する。野根川 フレッシュアイペディアより)

  • 大山川

    大山川から見たアユアユ

    大山川は体長30cmを超える巨(尺鮎)が生息する川として知られてきた。現在は水量が減少し大物の鮎は少なくなったが、毎年9月中旬には日田市大山町において「3匹で1kgに挑戦!」をキャッチフレーズに大山川大鮎釣り大会が開催されている。大山川 フレッシュアイペディアより)

  • 上熊谷

    上熊谷から見たアユアユ

    熊谷川を中心に、他にも山から小さな川が流れている。川釣りの穴場でアユやヤマメ、ニジマスなど釣れる。休日ともなると川釣りをする人も見かけられる。上熊谷 フレッシュアイペディアより)

  • スカ料理

    スカ料理から見たアユアユ

    名称は異なるが、阿仁町(現・北秋田市)のマタギにはウサギの内臓料理が「ヨドミ」「ウチ」の名で伝わっており、こちらも木の芽など中身の詰まったままの小腸を煮た料理である。ウサギの食べたクロモジの香りに加え、内臓の消化液の味がほろ苦く独特な風味をかもし出しているが、マタギ以外の人間には食べ慣れない味でもある。またウサギではないが、阿仁のマタギはカモシカの小腸の中身を「ヨドミ」と呼んで食べる習慣もある。アユの内臓の塩漬けのような味が美味とされ、前述のクロモジやカエデの芽を食べたカモシカのものが美味という。マタギたちの間ではこれが格別の美味とされるため、他の食材でも美味のことを「ヨドミの味がする」と表現する。スカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 最上小国川ダム

    最上小国川ダムから見たアユアユ

    最上小国川は最上川水系の主要な支流の中で、唯一流域にダムが建設されていない河川である。このため古くからの手付かずの自然が多く残されている。特に水産資源においては山形県有数のアユ遡上河川として知られ、年間平均で推定100万匹のアユが遡上する。この為アユ釣りを生業とする漁師の他、年間3万人に及ぶ釣り客が流域を訪れる為、安定した漁業権収入を含めて極めて漁業資源の豊富な河川である。ダム建設によってアユ遡上への影響を憂慮する最上小国川漁協は組合員1,300名全てがダム建設に反対を表明し、現在強固な反対運動を展開している。最上小国川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 御幣川

    御幣川から見たアユアユ

    河川名は、かつてこの川で採れるが伊勢神宮に御贄として献納されており、それに先立ち川面に御幣を立て神事を執り行ったことに因む。但し現在は下流部に堰堤が築かれたため、鮎が伊勢湾から遡上できなくなった。御幣川 フレッシュアイペディアより)

  • 魚飛渓

    魚飛渓から見たアユアユ

    銚子川の支流又口川沿いに約3kmにわたって巨岩や奇岩が林立する。川にはアユやアマゴが生息し、自然が作り出した岩のすべり台などがあり、夏休みは行楽客で賑わう。付近には、子宝に恵まれると云われている魚飛不動尊やキャンプ場がある。魚飛渓 フレッシュアイペディアより)

400件中 81 - 90件表示

「アユ」のニューストピックワード