2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示
  • アユ

    アユから見た孵化

    水温15℃から20℃で2週間ほどすると孵化する。孵化した仔魚はシロウオのように透明で、心臓やうきぶくろなどが透けて見える。孵化後の仔魚は全長約6mmで卵黄嚢を持つ。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た塩辛

    アユの腸を塩辛にした「うるか」は、珍味として喜ばれる。うるかを作るには、アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た韓国

    Xiujuan et al., 2005 により、新亜種として記載された。韓国から中越国境地帯にかけての海岸に生息する。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た鴨緑江

    北海道・朝鮮半島からベトナム北部まで東アジア一帯に分布し、天塩川が日本の分布北限。遺伝的に日本産海産アユは南北2つの群に分けられる。中国では、河川環境の悪化でその数は減少しているが、2004年に長江下流域でも稚魚が発見された報告があるなど、現在も鴨緑江はじめ、東部の各地に生息している。また、中国では浙江省などで放流や養殖実験が行われている。台湾でも中部の濁水渓以北で生息していたが、現在は絶滅が危惧されている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た河口

    仔魚は数日のうちに海あるいは河口域に流下し春の遡上に備える。海水耐性を備えいてるが、海水の塩分濃度の低い場所を選ぶ為、河口から4kmを越えない範囲を回遊する。餌はカイアシ類などのプランクトンを捕食して成長する。稚魚期に必要な海底の形質は砂利や砂で、海底が泥の場所では生育しない。全長約10 mm程度から砂浜海岸や河口域の浅所に集まるが、この頃から既にスイカやキュウリに似た香りがある。この独特の香りは、アユの体内の不飽和脂肪酸が酵素によって分解された時の匂いであり、アユ体内の脂肪酸は餌飼料の影響を受けることから、育ち方によって香りが異なることになる。香り成分は主に2,6-ノナジエナールであり、2-ノネナール・3,6-ノナジエン-1-オールも関与している。稚魚期には、プランクトンや小型水生昆虫、落下昆虫を捕食する。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た水生昆虫

    体長59?63mmになると鱗が全身に形成され稚魚は翌年4月-5月頃に5-10cm程度になり、川を遡上するが、この頃から体に色がつき、さらに歯の形が岩の上のケイソウ類を食べるのに適した櫛(くし)のような形に変化する。川の上流から中流域にたどり着いた幼魚は水生昆虫なども食べるが、石に付着するケイソウ類(バイオフィルム)を主食とするようになる。アユが岩石表面の藻類をこそげ取ると岩の上に紡錘形の独特の食べ痕が残り、これを特に「はみあと(食み跡)」という。アユを川辺から観察すると、藻類を食べるためにしばしば岩石に頭をこすりつけるような動作を行うので他の魚と区別できる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見たフライ・フィッシング

    水生昆虫を食べることもあるので、毛鉤によるフライ・フィッシングで釣れることもある。ただし、水産資源確保のために11月?5月は禁漁である。また、解禁された後も入漁料を支払う必要があることが多い。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た婚姻色

    成魚の全長は30cmに達するが、地域差や個体差があり、10cmほどで性成熟するものもいる。若魚は全身が灰緑色で背鰭が黒、胸びれの後方に大きな黄色の楕円形斑が一つある。秋に性成熟すると橙色と黒の婚姻色が発現する。口は大きく目の下まで裂けるが、唇は柔らかい。歯は丸く、櫛(くし)のような構造である。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た静岡県

    主な生産地は、滋賀県、徳島県、和歌山県、愛知県、静岡県アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た滋賀県

    主な生産地は、滋賀県、徳島県、和歌山県、愛知県、静岡県。アユ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
110件中 91 - 100件表示

「アユ」のニューストピックワード