110件中 11 - 20件表示
  • アユ

    アユから見た駅弁

    酢や塩に浸けて、酢飯と合わせた「鮎寿司」、「鮎の姿寿司」も作る地方がある。JR京都駅の名物駅弁ともなっている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た脂肪

    天然物は後頭部に脂肪分がほとんど無いが、養殖物には脂肪が多く外観的に盛り上がっている場合もある。この脂肪分は動物性の餌によるもので、天然物は主に藻類を食べるため脂肪が付きにくい。しかし、環境等による運動量も影響しており、緩やかな流れにいるものよりも荒瀬にいるものがスマートであり、25cmを超えるような大型になるとでっぷりと脂がのってくる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た風物詩

    多くの若魚は群れをつくるが、特に体が大きくなった何割かの若魚はえさの藻類が多い場所を独占して縄張りを作るようになる。縄張りは1尾のアユにつき約1m四方ほどで、この縄張り内に入った他の個体には体当たりなどの激しい攻撃を加える。この性質を利用してアユを掛けるのが「友釣り」で、釣り人たちが10m近い釣竿を静かに構えてアユを釣る姿は日本の夏の風物詩である。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た国土交通省

    アユの遡上前線 国土交通省河川局アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見たキュウリ

    仔魚は数日のうちに海あるいは河口域に流下し春の遡上に備える。海水耐性を備えいてるが、海水の塩分濃度の低い場所を選ぶ為、河口から4kmを越えない範囲を回遊する。餌はカイアシ類などのプランクトンを捕食して成長する。稚魚期に必要な海底の形質は砂利や砂で、海底が泥の場所では生育しない。全長約10 mm程度から砂浜海岸や河口域の浅所に集まるが、この頃から既にスイカやキュウリに似た香りがある。この独特の香りは、アユの体内の不飽和脂肪酸が酵素によって分解された時の匂いであり、アユ体内の脂肪酸は餌飼料の影響を受けることから、育ち方によって香りが異なることになる。香り成分は主に2,6-ノナジエナールであり、2-ノネナール・3,6-ノナジエン-1-オールも関与している。稚魚期には、プランクトンや小型水生昆虫、落下昆虫を捕食する。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見たプランクトン

    仔魚は数日のうちに海あるいは河口域に流下し春の遡上に備える。海水耐性を備えいてるが、海水の塩分濃度の低い場所を選ぶ為、河口から4kmを越えない範囲を回遊する。餌はカイアシ類などのプランクトンを捕食して成長する。稚魚期に必要な海底の形質は砂利や砂で、海底が泥の場所では生育しない。全長約10 mm程度から砂浜海岸や河口域の浅所に集まるが、この頃から既にスイカやキュウリに似た香りがある。この独特の香りは、アユの体内の不飽和脂肪酸が酵素によって分解された時の匂いであり、アユ体内の脂肪酸は餌飼料の影響を受けることから、育ち方によって香りが異なることになる。香り成分は主に2,6-ノナジエナールであり、2-ノネナール・3,6-ノナジエン-1-オールも関与している。稚魚期には、プランクトンや小型水生昆虫、落下昆虫を捕食する。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た琵琶湖

    琵琶湖周辺などでは稚魚の氷魚の佃煮や、成魚の飴煮も名物として製造販売されている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た国立科学博物館

    奄美大島と沖縄本島の名護以北の西海岸沿いの河川に分布していたが、沖縄本島産は1980年代に絶滅した、沖縄本島産の個体は現在ではホルマリン固定された標本が国立科学博物館に残り、奄美大島では住用湾に注ぐ河川を中心に生息する。体型がずんぐりしていること、背鰭が長いこと、鱗が大きいことなどで区別される。沖縄本島産と奄美大島産では、側線横列鱗数、脊椎骨数、上顎上の櫛状歯数など幾つかの違いを見出す事が出来る。また、奄美大島に分布する個体も生息する住用・伊須湾域と焼内湾域では遺伝的分化が進んでおり東西両集団間は交流のない集団となっており、保護に際しては多様性の維持に配慮が必要とされている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た

    アユ(鮎、香魚、年魚、)は、キュウリウオ目に分類される、川とを回遊する魚である。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た都賀川

    神戸市灘区都賀川は、かつてゴミとヘドロで埋め尽くされた「どぶ川」だった。「都賀川を守ろう会」が、1976年より、戦前のように魚とりなどができるようにと活動を続け、ゴミを引き上げたり、車に拡声器を積み、川を汚さないようにと訴えてきた。陳情を受けた兵庫県も魚道の整備、産卵用の砂を敷き、川を蛇行させて流れを緩やかにした。その結果、毎年2000匹ほどが遡上し、産卵も行われるようになった。アユ フレッシュアイペディアより)

110件中 11 - 20件表示

「アユ」のニューストピックワード