110件中 81 - 90件表示
  • アユ

    アユから見たバイオフィルム

    体長59?63mmになると鱗が全身に形成され稚魚は翌年4月-5月頃に5-10cm程度になり、川を遡上するが、この頃から体に色がつき、さらに歯の形が岩の上のケイソウ類を食べるのに適した櫛(くし)のような形に変化する。川の上流から中流域にたどり着いた幼魚は水生昆虫なども食べるが、石に付着するケイソウ類(バイオフィルム)を主食とするようになる。アユが岩石表面の藻類をこそげ取ると岩の上に紡錘形の独特の食べ痕が残り、これを特に「はみあと(食み跡)」という。アユを川辺から観察すると、藻類を食べるためにしばしば岩石に頭をこすりつけるような動作を行うので他の魚と区別できる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た小麦粉

    和菓子の一種に、鮎を形取って小麦粉を焼いて作った皮で求肥をはさんだものがあり、「鮎」または「若鮎」と呼ばれる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た

    アユ(鮎、香魚、年魚、)は、キュウリウオ目に分類される、と海を回遊する魚である。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た回遊

    アユ(鮎、香魚、年魚、)は、キュウリウオ目に分類される、川と海を回遊する魚である。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た柿田川

    夏の頃、若魚では灰緑色だった体色が、秋に性成熟すると「さびあゆ」と呼ばれる橙と黒の独特の婚姻色へ変化する。成魚は産卵のため下流域への降河を開始するが、この行動を示すものを指して「落ちあゆ」という呼称もある。産卵を終えたアユは1年間の短い一生を終えるが、柿田川などの一部の河川やダムの上流部では生き延びて越冬する個体もいる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た山東省

    中国で漢字の「鮎」は古代日本と同様ナマズを指しており、中国語では「香魚(シャンユー、xiāngyú)」が標準名とされている。地方名では、山東省で「秋生魚」、「海胎魚」、福建省南部では「溪鰛」、台湾では「1魚」(漢字2文字)、「國姓魚」とも呼ばれる。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た横川吸虫

    アユを刺身にする際には、一般的なそぎ造りにされるほか、そのまま輪切りにした「背越し」にされることがある。背越しでは、歯ざわりと爽やかな香りが楽しめる。骨ごと食べる背越しは、骨が小さくやわらかい若鮎に適した調理法である。ただし、アユは横川吸虫という寄生虫の中間宿主である。それほど重篤な症状を引き起こす寄生虫ではないものの、せごしを含め生食は薦められない。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た俳句

    俳句の季語として「鮎」「鵜飼」はともに夏をあらわすが、春には「若鮎」、秋は「落ち鮎」、冬の季語は「氷魚(ひお、ひうお)」と、四季折々の季語に使用されている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た佃煮

    琵琶湖周辺などでは稚魚の氷魚の佃煮や、成魚の飴煮も名物として製造販売されている。アユ フレッシュアイペディアより)

  • アユ

    アユから見た京都駅

    酢や塩に浸けて、酢飯と合わせた「鮎寿司」、「鮎の姿寿司」も作る地方がある。JR京都駅の名物駅弁ともなっている。アユ フレッシュアイペディアより)

110件中 81 - 90件表示

「アユ」のニューストピックワード