824件中 41 - 50件表示
  • マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム

    マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームから見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム( , 1943年 - 2006年1月4日)は、アラブ首長国連邦の政治家。ドバイ首長国のアミール(首長)で、ドバイを含む7つの首長国からなるアラブ首長国連邦の副大統領、首相を務めた。マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム フレッシュアイペディアより)

  • ハマース

    ハマースから見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    2010年1月20日に軍事部門創設者マフムード・マブーフがアラブ首長国連邦のドバイのホテルで暗殺された。犯人の姿がホテルの防犯カメラに映っており、イギリス、フランス、オーストラリアなどの偽造パスポート所持して入国したイスラエルのモサド工作員による犯行であると断定された。ハマース フレッシュアイペディアより)

  • ラーマ9世

    ラーマ9世から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    2008年8月22日の米経済誌『フォーブス』(アジア版)の『「世界で最も裕福な王族」ランキング(日本の皇室は除く)』の示すところによると、2008年にタイ王室がバンコクに所有する土地などの資産が公開されたため、前年推定額の約7倍となり〔前年1位のアラブ首長国連邦 (UAE) のアブダビ首長国のハリファ首長(推定230億ドル)を2位に後退させ、以下、サウジアラビアのアブドラ国王を3位(210億ドル)、ブルネイのボルキア国王を4位(200億ドル)、UAEのドバイ首長国のムハンマド首長を5位(180億ドル)と産油国の王族を始め、欧州リヒテンシュタインのアダム2世を6位(50億ドル)、モナコのアルベール2世を9位(14億ドル)、英国のエリザベス女王を12位(6.5億ドル)と抑えて、推定資産額350億ドル(約3兆8000億円)のラーマ9世が一躍世界の頂点に躍り出ることとなった。ラーマ9世 フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴル美術館

    ルーヴル美術館から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    前ルーヴル美術館長ピエール・ローゼンベール (:en:Pierre Rosenberg) の後を継いで、2001年からアンリ・ロワレット (:en:Henri Loyrette) が館長となった。ロワレットはそれまでの館長とは異なり、所蔵美術作品の貸し出しに積極的な方針をとっている。2006年に、1,300点の作品が他施設に貸し出され、その貸出料金が新たな美術作品の購入資金に充てられた。2006年から2009年には、ジョージア州アトランタのハイ美術館から作品の貸出料金として690万ドルを得て、作品の修復費用として使われている。2012年にはルーヴル美術館とサンフランシスコ美術館との間で、5年間の展示、出版、教育、保存、教育に関する協定が結ばれた。2012年に9,850万ユーロをかけてイスラム美術ギャラリーが拡張されたが、そのうち3,100万ユーロが国の基金から、1,700万ユーロがサウジアラビア王族のアミラ・タウィールが創設した基金であるワリード・ビン・タタール基金 (:en:Alwaleed Bin Talal Foundation) から供出された。その他、アゼルバイジャン共和国、クウェートの首長、オマーンの国王、モロッコの国王から、合計2,600万ユーロの寄付が集まった。また、2012年にルーヴル美術館の別館であるアラブ首長国連邦のルーヴル・アブダビ (:en:Louvre Abu Dhabi) 建設計画が発表されたときには、開設後に30年間「ルーヴル」という名称を使用する料金として、4億ユーロが支払われたといわれている。ロワレットは、コレクションの弱い分野を補完するために、他施設への所蔵作品の貸与料金と「入場料収益の20%を、毎年の作品購入資金に充てる」としている。また、ロワレットは経営改革にも熱心で、それまでルーヴル美術館の数あるギャラリーの開館率が80%程度だったのに対して、90%まで開館率を向上させた。そのほか、開館時間の延長、毎週金曜夜の入館料無料化、作品購入予算の450万ドルから3,600万ドルへの引き上げなどの業績を挙げている。ルーヴル美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ

    ドバイから見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    ドバイ(、、:ドゥバイ)は、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する都市。ドバイ フレッシュアイペディアより)

  • 領土問題

    領土問題から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    休戦オマーン土侯国(イギリス保護国)とマスカット・オマーンの境界線問題:休戦オマーン側がアラブ首長国連邦 (UAE) として独立することとなり、一応は決着をみた。但し、互いが内地で隣り合うサウジとの境界線は依然として未確定の状況。領土問題 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    中東地域ではイランのブシェール原子力発電所が唯一の稼動中の原子力発電所である。しかし、トルコ、アラブ首長国連邦 (UAE)で原子力発電所の新規建設が決定されている。原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • ミラージュ2000 (戦闘機)

    ミラージュ2000 (戦闘機)から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    1999年に発表されたミラージュ2000-5 Mk.2は輸出専用の発展型で、ラファールで採用した装備の一部も取り入れているが、採用したのは既存の運用国であったギリシャとアラブ首長国連邦のみで、ブラジルも契約直前まで進んでいたが財政危機により中古機の導入に切り替えられた。ミラージュ2000 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • 飛地

    飛地から見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦ラアス・アル=ハイマ首長国とホルムズ海峡に隣接。飛地 フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグから見たアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦

    西地区はサウジアラビア、イランから各4チーム、UAEから3チーム、ウズベキスタン、カタールから各2チーム。AFCチャンピオンズリーグ フレッシュアイペディアより)

824件中 41 - 50件表示

「アラブ首長国連邦」のニューストピックワード