125件中 41 - 50件表示
  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たアル・アイン

    アブダビ首長国に属し、内陸部の同国東部国境にあるアル・アインとオマーン領のブライミは隣接したオアシスであり国境線は複雑に入り組んでいるが、オマーンの入国管理局はブライミよりずっとオマーン寄りに設けられており、両都市間の移動に支障はない。サウジアラビアとの国境は1974年の条約によって一時確定し、これによりアラブ首長国連邦はアル・アイン周辺の数ヶ村をサウジアラビアから譲り受ける代わりにカタールとアブダビとの間のアラビア湾に面した地域を割譲して、アラブ首長国連邦とカタールとは国境を接しなくなった。しかし2006年にアラブ首長国連邦政府はふたたび割譲した地域の領有権を主張し、紛争が再燃した。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たバーレーン

    1950年代中盤になると、この地域でも石油探査が始まり、ドバイとアブダビにて石油が発見された。ドバイはすぐさまその資金をもとにクリークの浚渫を行い、交易国家としての基盤固めを開始した。一方アブダビにおいては、当時のシャフブート・ビン・スルターン・アール・ナヒヤーン首長が経済開発に消極的だったため資金が死蔵されていたが、この状況に不満を持った弟のザーイド・ビン=スルターン・アール=ナヒヤーンが宮廷クーデターを起こし政権を握ると、一気に急速な開発路線をとるようになり、湾岸諸国中の有力国家へと成長した。1968年にイギリスがスエズ以東撤退宣言を行うと、独立しての存続が困難な小首長国を中心に連邦結成の機運が高まった。連邦結成の中心人物はアブダビのザーイドであり、当初は北のカタールやバーレーンを合わせた9首長国からなるアラブ首長国連邦 (Federation of Arab Emirates:FAE) の結成を目指していたが、カタールやバーレーンは単独独立を選び、一方アブダビとドバイは合意の締結に成功した。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たラアス・アル=ハイマ

    18世紀から19世紀にかけてはペルシア湾を航行するヨーロッパ勢力の人々に対立する海上勢力『アラブ海賊』と呼ばれるようになり、その本拠地『』(、現ラアス・アル=ハイマ)として恐れられた。彼らは同じく海上勢力として競合関係にあったオマーン王国ならびにその同盟者であるイギリス東インド会社と激しく対立し、1809年にはイギリス艦船を拿捕して(Persian Gulf campaign)、海賊団の旗艦とするに至る。イギリスはインドへの航路を守るために1819年に海賊退治に乗り出し、ボンベイ艦隊により海賊艦隊を破り、拿捕されていたミネルヴァを奪回の上に焼却。1820年、イギリスはペルシア湾に面するこの地域の海上勢力(この時以来となった)と休戦協定を結び、トルーシャル・オマーン (:休戦オマーン) と呼ばれるようになる (トルーシャル・コースト (:休戦海岸とも) 。1835年までイギリスは航海防衛を続け、1835年、イギリスと首長国は「永続的な航海上の休戦」に関する条約を結んだ。その結果、イギリスによる支配権がこの地域に確立されることとなった。この休戦条約によりトルーシャル・コースト諸国と()との休戦も成立し、陸上の領土拡張の道を断たれたオマーン帝国は東アフリカへの勢力拡大を行い、一大海上帝国を築くこととなる。一方トルーシャル・コースト諸国においては、沿岸の中継交易と真珠採集を中心とした細々とした経済が維持されていくこととなった。その後、1892年までに全ての首長国がイギリスの保護下に置かれた。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たアラブ人

    その他の地域はオスマン帝国の直接統治を経験する。現在のアラブ首長国連邦の基礎となる首長国は17世紀から18世紀頃にアラビア半島南部から移住してきたアラブの部族によってそれぞれ形成され、北部のラスアルハイマやシャルジャを支配するカワーシム家と、アブダビやドバイを支配するバニヤース族とに2分された。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たサウジアラビア

    アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう)、通称UAEは、西アジア・中東の国。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、論争がある。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見た日本

    2010年のGDPは約2396億ドルであり、日本の埼玉県とほぼ同じ経済規模である。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たアラビア語

    正式名称はアラビア語で、 (ラテン文字転写 : ; アル=イマーラート・アル=アラビーヤ・アル=ムッタヒダ)。略称は (イマーラート)で、これはアラビア語で「首長国」を意味する、「イマーラ」という単語の複数形である。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たイラン

    これにより残余の国家も連邦結成へと動き、1971年にアブダビ(アラビア語ではアブザビの方が発音に近い)、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラの各首長国が集合して連邦を建国。翌1972年、イランとの領土問題で他首長国と関係がこじれていたラアス・アル=ハイマが加入して現在の7首長国による連邦の体制を確立した。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見たアラビア半島

    アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう)、通称UAEは、西アジア・中東の国。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、論争がある。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

  • アラブ首長国連邦

    アラブ首長国連邦から見た国家

    アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう)、通称UAEは、西アジア・中東の。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、論争がある。アラブ首長国連邦 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「アラブ首長国連邦」のニューストピックワード