前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1985年に当時35歳だったアラン・ガルシア大統領を首班とするAPRA政権が発足し、APRAは結成以来ようやく61年目にして初めて政権を握った。ガルシアは国民の支持を背景に民族主義を掲げ、外交ではIMFへの債務の繰り延べなどの強硬な路線をとる一方で、内政では貧困層の救済に尽力したが、1987年にはこのようなポプリスモ経済政策は行き詰まり、経済の縮小、ハイパー・インフレーションの発生、治安悪化が大問題となり、国民の支持と行政力を失って退陣した。1990年当時にはセンデロ・ルミノソはアヤクーチョを中心拠点にシエラの大部分を占領し、パンアメリカンハイウェイや主要幹線道路までがセンデロ・ルミノソに押さえられてリマは包囲され、センデロ・ルミノソによる革命が間近に迫っているかのような情況だった。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ペルー

    ペルーから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1980年には選挙によって民政に移り、再び人民行動党のベラウンデ・テリー政権が誕生した。しかし、災害や不況で政権運営は多難を極め、ベラスコ時代に地主層が解体された後の、農村部における権力の真空状態を背景に、センデロ・ルミノソなどのゲリラ勢力が力をつけてきた。また、1984年にはキューバ派のトゥパク・アマルー革命運動(MRTA)が都市を中心に武装闘争を始める。1985年、当時32歳だったアラン・ガルシア大統領を首班とする「アメリカ人民革命同盟」の政権が発足し、アプラ党が結成以来ようやく61年目にしてはじめての政権を握った。アラン・ガルシアは反米、反帝国主義を叫び、当初は国民の支持を背景に国民主義を掲げ、IMFへの債務の繰り延べなどの強硬な路線をとる一方で、内政では貧困層の救済に尽力したが、経済政策の大失敗により、深刻な経済後退を引き起こし、GNPは20年前の水準に逆戻りし、失業率は実に66%を記録した。さらには対外債務の累積は150億ドルにも達しており、これはメキシコ、ブラジル、アルゼンチンなど1000億ドル以上の債務を抱えていたその他の中南米諸国に比べると、かなり小さい額であったが、当時南米の貧しい小農業国に過ぎなかったペルーにとっては莫大な金額で、ペルーの輸出収入30億ドルの5倍、外貨準備高15億ドルの10倍に匹敵した。そのため債務と利払いの返済の停滞による国際金融社会との関係の悪化よる深刻な経済危機を招き、国家破綻寸前に陥った。苦境に立たされたガルシア政権は「国民を飢えさせてまで、支払うつもりはない」として、債務の支払いを輸出収入の10%以内に限定するという「10%原則」と呼ばれる一方的な措置を取った。これは事実上の徳政令であったことから、これが決定打となり、更に国際金融機関との関係を極度に悪化。そのためにIMF、世銀のような国際金融機関や主要先進諸国からの資金の流入が停止し、国内の経済困難に一層拍車をかけ、国際的信用が失墜したペルーの通貨は暴落。インフレ率8000%というハイパーインフレを記録し、通貨は紙切れ同然となり、1990年には完全な国家破産状態に陥る。ペルー フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・フジモリ

    アルベルト・フジモリから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1990年の大統領選挙に新党Cambio 90(カンビオ・ノベンタ、“cambio”は変革の意)を結成して出馬したフジモリは当初ダークホース的存在であったが、対立候補の世界的作家マリオ・バルガス=リョサを破り当選した。国民は前大統領アラン・ガルシア政権に対し失望感を抱いており、それと同時に、有力候補であったバルガスの提唱した政策“新自由主義経済”を疑いの目で見ていたエスタブリッシュメント層を味方につけることにも成功した。選挙期間中フジモリにはel chino(エル・チノ、中国人という意味だが、ラテンアメリカでは東洋人は総じてチノと呼称されるのが普通となっている)のニックネームがつけられた。多くの評者はフジモリが日系であったために、国民の大多数を占めるインディオと一部の裕福なスペイン系国民が対立するペルーにおいて有利に働いたと考えている。アルベルト・フジモリ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・チャン

    ホセ・アントニオ・チャンから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    ホセ・アントニオ・チャン・エスコベド(、1958年5月19日 - )は、ペルーの政治家。アラン・ガルシア大統領のもとで2010年9月から2011年3月まで首相と教育相を務めた。ホセ・アントニオ・チャン フレッシュアイペディアより)

  • ラ・カントゥタ事件

    ラ・カントゥタ事件から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    その一方で、武装勢力の協力が疑われる一般市民に対して、襲撃などの行為が目立ってきた。左翼の多い大学に対して、警察および軍関係者は、抑圧の姿勢で臨むことが一般的となった。また、テロを根絶するということを優先課題として、軍部の人権侵害に対して寛容になる方向で、当時のペルー政府首脳は動いていた。1985年から1990年にかけてのアラン・ガルシア政権時代も、1985年に起こった47人以上の民間人が殺害された「アコマルカ虐殺事件」(Masacre de Accomarca)での軍部関係者の処罰があったものの、1986年の「ルリガンチョ刑務所射殺事件」や「エメフロントン刑務所事件」、1988年5月の13人の民間人が殺害され数十人が「カヤラ殺害事件」があり、いずれも隠蔽される方向で動いたとされる。ラ・カントゥタ事件 フレッシュアイペディアより)

  • バリオス・アルトス事件

    バリオス・アルトス事件から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    その一方で、武装勢力の協力が疑われる一般市民に対して、襲撃などの行為が目立ってきた。左翼の多い大学に対して、警察および軍関係者は、抑圧の姿勢で臨むことが一般的となった。また、テロを根絶するということを優先課題として、軍部の人権侵害に対して寛容になる方向で、当時のペルー政府首脳は動いていた。1985年から1990年にかけてのアラン・ガルシア政権時代も、1985年に起こった47人以上の民間人が殺害された「アコマルカ虐殺事件」(Masacre de Accomarca)での軍部関係者の処罰があったものの、1986年の「ルリガンチョ刑務所射殺事件」や「エメフロントン刑務所事件」、1988年5月の13人の民間人が殺害され数十人が「カヤラ殺害事件」があり、いずれも隠蔽される方向で動いたとされる。バリオス・アルトス事件 フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・トレド

    アレハンドロ・トレドから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1994年に、政党『ペルー・ポシブレ』(Perú Posible)を設立し、代表となる。1995年、ペルー大統領選挙に出馬するが、3%の支持を得るに留まり、予備選挙で敗退するが、その直後より、次の大統領選挙を目指すことを宣言する。2000年のペルー大統領選挙に出馬するが、第一回目の投票で、アルベルト・フジモリのすぐ下の得票を得るが、選挙に重大な不正があったことを主張して、選挙のボイコットを呼びかける。7月28日よりアルベルト・フジモリが3期目の大統領職に就任するが、11月に失脚し、11月22日に暫定大統領のバレンティン・パニアグアが就任する。2001年5月29日投票のペルー大統領選挙に、アレハンドロ・トレドが3回目の挑戦そして接戦の後、元大統領でアメリカ革命人民同盟(APRA)のアラン・ガルシアを相手に勝利する。これは、1985年から1990年にかけてのガルシア政権時代の超インフレの記憶が原因とされる。アレハンドロ・トレド フレッシュアイペディアより)

  • ガルシア

    ガルシアから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    アラン・ガルシア - ペルーの大統領。ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ革命人民同盟

    アメリカ革命人民同盟から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1968年に成立したフアン・ベラスコ・アルバラード将軍の率いるペルーの軍事革命政権と対立すると、軍政とアプラ系の労働組合は互いに衝突を繰り返したが、ベラスコ将軍が自らの健康上の理由で失脚してペルー革命が不完全な成果のまま終焉し、その後の軍事政権が1980年の選挙で民政移管すると、1985年に党首のアラン・ガルシアが大統領となり、党は結党以来61年目にしてはじめてペルーの政権を握ることとなった。アメリカ革命人民同盟 フレッシュアイペディアより)

  • アトゥル (潜水艦)

    アトゥル (潜水艦)から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1988年8月26日、パコーチャはカヤオ港外を南の方向に向けて航行していた。18時40分、20分前にカヤオ港から出航してきた三重県の遠洋マグロ漁船第8共和丸(412トン)はパコーチャからの汽笛を聞いた。その直後に赤い光を確認し舵を切ったものの、第8共和丸はパコーチャの左舷艦尾部分と衝突。パコーチャは40メートルほど航行したあと、36メートルの海底に沈没した。部下を救うためハッチを閉めたダニエル・ニエバ・ロドリゲス艦長以下8名が死亡・行方不明となり、生存者のうち22名は即座に脱出。残る23名は艦内に閉じ込められたものの、レスキューベルを使用して20時間後に救出された。アラン・ガルシア大統領は27日夜の会見で第8共和丸の判断ミスを示唆した。その後の裁判で「第8共和丸側に進路回避の義務があった」と第8共和丸側の過失を認め、1989年5月に第8共和丸の高級幹部に猶予つきの判決が下された。パコーチャは浮上後、スペアパーツとして使用された。アトゥル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示