1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • マドリード・コンプルテンセ大学

    マドリード・コンプルテンセ大学から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    アラン・ガルシア Alan Gabriel Ludwig García Pérezマドリード・コンプルテンセ大学 フレッシュアイペディアより)

  • ケイコ・フジモリ

    ケイコ・フジモリから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    ウマラは2006年の大統領選挙でも第一回投票で1位になりながら、決選投票で敗れている。ウマラは当時からベネズエラの大統領ウゴ・チャベスと盟友関係にあり、天然資源の国有化や政治腐敗の一掃、教育の無料化、憲法改正、メディア規制などの急進左派的な政策を強く打ち出すことで貧困層の票の取り込みに成功していた。そのためウマラに危機感を持った対抗陣営が決選投票ではそろって反対に回り、結果第一回投票で2位だったアラン・ガルシアが勝って大統領になった経緯がある。しかし2011年の大統領選挙ではウマラとチャベスの盟友関係は保たれているものの、懸念されていた天然資源の国有化などの資源ナショナリズム的な主張は口にしなくなり、鉱山企業への課税強化や、国内で産出される天然ガスの国内価格引き下げなどの穏健な政策へとシフトしている。しかし、ウマラが大統領になれば好調な経済を推進してきた経済政策が転換され「ペルーがベネズエラ化する」との警戒は経済界・富裕層を中心に根強く存在している。ケイコ・フジモリ フレッシュアイペディアより)

  • 日系ペルー人

    日系ペルー人から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    1990年に既存政党への失望から、既存勢力との関係を持たない「チーノ」(中国人の意。ペルーでは東洋人一般を表す)であることを謳ったアルベルト・フジモリの率いた変革90が大統領選挙に勝利し、フジモリが大統領になって「フヒ・ショック」と呼ばれる新自由主義政策や、テロ組織センデロ・ルミノソを壊滅に追いやったことなどによってアラン・ガルシアが傾けたペルーを立て直すと、ペルー社会において日系人の存在感は飛躍的に上昇した。しかし、フジモリ失脚後にフジモリ政権の閣僚の汚職が明らかになると、「誠実、勤勉、テクノロジー」と日系人を表したポジティブなイメージは傷つくことになった。日系ペルー人 フレッシュアイペディアより)

  • オジャンタ・ウマラ

    オジャンタ・ウマラから見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    2006年4月9日の大統領選挙第一回投票で、ウマラは375万7735票(30.62%)を獲得して第1位となった。第2位は元大統領で中道左派のアラン・ガルシアで、298万4881票(24.32%)を獲得。続いて保守系右派の元国会議員 ルルデス・フローレスが292万0578票(23.80%)を獲得して第3位。フジモリ派の元国会議長マルタ・チャベスは第4位(7.43%)であった。オジャンタ・ウマラ フレッシュアイペディアより)

  • 世界の死刑制度の現状

    世界の死刑制度の現状から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    一般刑法犯に対する死刑をめぐる論議であるが、2006年6月に就任したアラン・ガルシア大統領は、選挙公約の一つに掲げた、テロリストに死刑を適用できる法案や「7歳未満の子供に、性的暴行を加え殺害した被告への死刑適用」を認める法案など4つの法案を、9月21日に議会へ提出、審議が行なわれていた。そのうち児童性的虐待による殺害び対する死刑適用の法案提出の背景に、日本の広島県で2005年に発生した少女暴行殺害事件(広島小1女児殺害事件)で、容疑者として逮捕された日系ペルー人が、母国において同様の性犯罪を繰り返していたにも関わらず、司法の不手際で収監を逃れたことにより、「年少者に対する性犯罪」の厳罰化世論が高まったことや、殺害した場合の死刑適用に8割が賛成するなどの世論調査の結果が挙げられる。世界の死刑制度の現状 フレッシュアイペディアより)

  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    この一件に関する南米諸国の対応も分かれ、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はチャベス大統領を擁護したのに対し、ペルーのアラン・ガルシア大統領やエルサルバドルのアントニオ・サカ大統領はフアン・カルロス1世国王を支持した。ロサンゼルス・タイムズも「がさつで礼儀知らずのチャベス大統領と、他国の国家元首を見下すフアン・カルロス1世国王のどちらが悪いとは言えない」という社説を載せ、ワシントン・ポストは「いまスペイン語圏は大きな混乱の渦の中にある。フアン・カルロス1世国王は各国の首脳たちに『(どちらを支持するかについて)どうして君は喋らないのかね?』と聞いて回る必要がある」とフアン・カルロス1世の発言を利用して風刺した。¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • チリ地震 (2010年)

    チリ地震 (2010年)から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    アラン・ガルシア大統領は地震の犠牲者への哀悼の意を表し、ペルーがチリの政府と国民に必要とするあらゆるサービスを提供するとの声明を発表した。チリ地震 (2010年) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    ペルー大統領に、アラン・ガルシアが16年ぶりに再任。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • 新自由主義

    新自由主義から見たアラン・ガルシアアラン・ガルシア

    この「新自由主義のパラドクス」が急速に進行しているのが、1980年代後半から1990年代を通して、累積債務問題やハイパーインフレを背景に新自由主義の洗礼を受けたラテンアメリカであり、アルゼンチンのキルチネル政権、チリのバチェレ政権、ブラジルのルーラ政権、ウルグアイのバスケス政権、ペルーのガルシア政権などの中道左派ばかりか、ベネズエラ、ボリビア、エクアドル、ニカラグアで反米左派政権が誕生している。新自由主義 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示