1 2 3 次へ
24件中 21 - 24件表示
  • アラン・ガルシア

    アラン・ガルシアから見たインフレーション

    政権末期には、年率7000%以上の激しいインフレーションが起こって、経済は破滅的な状況となり、ガルシア自身の汚職疑惑も加わった。大統領の任期が満了した際には、アルベルト・フジモリを支持して、同氏が大統領になるとともに、自身は終身上院議員となった。その後、フジモリ政権と決別したため、フジモリ大統領による1992年の自己クーデター(アウトゴルペ)の後、フジモリ政権から訴追を受け、コロンビアに亡命し、その後フランス在住となる。アラン・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ガルシア

    アラン・ガルシアから見たラテンアメリカ

    ガルシアは若々しい風貌から「ペルーのケネディ」と呼ばれ、就任当初は国内で高い人気を誇った。しかし彼が就任した当時のラテンアメリカは深刻な経済危機に見舞われ、ガルシアも例外ではなく経済対策に追われることになる。ガルシアは「銀行の国有化」と「対外債務の返済凍結(返済額をGNPの1割に制限すると宣言)」という政策を断行するが、特に後者はIMFの激怒を買い、結果としてペルーは投資不適格国の烙印を押され、外国からの投資が途絶えて苦境に立たされる。アラン・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ガルシア

    アラン・ガルシアから見たボリビア

    2006年10月には米国を訪問してジョージ・W・ブッシュと会談し、「アンデス原理主義」として政策の対立するベネスエラとボリビアを非難した。アラン・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ガルシア

    アラン・ガルシアから見たアウトゴルペ

    政権末期には、年率7000%以上の激しいインフレーションが起こって、経済は破滅的な状況となり、ガルシア自身の汚職疑惑も加わった。大統領の任期が満了した際には、アルベルト・フジモリを支持して、同氏が大統領になるとともに、自身は終身上院議員となった。その後、フジモリ政権と決別したため、フジモリ大統領による1992年の自己クーデター(アウトゴルペ)の後、フジモリ政権から訴追を受け、コロンビアに亡命し、その後フランス在住となる。アラン・ガルシア フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
24件中 21 - 24件表示