33件中 11 - 20件表示
  • 江刺伯洋

    江刺伯洋から見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    「ロッベン江刺」と名乗っている(アリエン・ロッベンに由来する)。江刺伯洋 フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2010年には2010 FIFAワールドカップのブラジル代表に選出され、4試合に出場。7月2日に開催された準々決勝 オランダ戦において、ロビーニョの先制ゴールをアシストしたが、後半8分にヴェスレイ・スナイデルのクロスへの対応で飛び出したジュリオ・セーザルと交錯。同点ゴールを許すミスをした上、28分にはアリエン・ロッベンを踏みつけて退場処分を受けた。この失態はブラジル国内で猛烈に批判され、帰国時には空港でサポーターから罵詈雑言を浴びせられる事態になった。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • ディック・アドフォカート

    ディック・アドフォカートから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    EURO2004グループリーグの大一番チェコ戦では、大活躍したアリエン・ロッベンをベンチに下げて逃げ切りを図ったが、守勢に回り逆転負けを喫した。地元メディアから皮肉を込めて「防衛大臣」のあだ名を贈られ、国民の批判で大会後の監督辞任に至ることになった(事実上の解任)。ディック・アドフォカート フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    翌04/05シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の就任に伴い、新たな仕事場を得る。シーズン当初はサブとして起用されていたが、左ウイングのアリエン・ロッベンの負傷で、モウリーニョはダミアン・ダフを左ウイングへ回し、コールを右ウイングで起用する。これが見事に嵌り、持ち前のドリブルを生かしたプレーが増えた。モウリーニョの指導で守備も改善し、フィジカル面でも成長を見せた。近年では、トップ下でプレイすることも多い。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

  • ネナド・ジョルジェビッチ

    ネナド・ジョルジェビッチから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    セルビア・モンテネグロが失点1で通過した同欧州予選には2試合のみの出場だったが、ワールドカップドイツ大会ではネマニャ・ヴィディッチの怪我により、対オランダ戦、コートジボワール戦の2試合に出場した。しかし、右サイドバックとして出場したオランダ戦では対面のアリエン・ロッベンにまったく対応できないまま、前半で交代させられるなど悪い意味で目立った大会となってしまった。ネナド・ジョルジェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節オサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、CFを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガ戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    試合開始直後から、ホームスタジアムの声援の後押しを受けたバイエルン・ミュンヘンがボールを支配し、度々チャンスを作る。チェルシーは守備の要であったイヴァノヴィッチ、メイレレス、ラミレス、テリーの4人を出場停止で欠いているため、決勝戦までチャンピオンズリーグ出場経験のなかったU-21イングランド代表のバートランドを先発メンバーに抜擢、ロッベンとラームを抑える役目を託しある程度の成果を上げたものの、ボールを積極的に奪うことはできず劣勢に立たされる。37分にドログバがヒールキックでランパードに戻して右サイドに展開し、カルーがミドルシュートを放った場面ぐらいしかノイアーの守るバイエルンゴールを脅かす場面はなかった。一方、バイエルンは36分に左サイドからリベリーが上げたクロスボールをミュラーがダイレクトボレーシュートを放ち、42分にはフリーでボールを受けたゴメスがペナルティーエリア内でシュートを放つなど好機を多く作りシュートも10本以上放ったものの、放ったシュートのほとんどがペナルティーエリアライン外から放たれた枠外シュートであり、こちらも敵のゴールを脅かす場面は少なかった。また、多くのCKも獲得し、ショートコーナーなど変化をつけながら何度となくクロスを上げるものの、そのほとんどをチェルシーにクリアされ、チャンスを活かすことができなかった。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・バートランド

    ライアン・バートランドから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    チェルシーの先輩アシュリー・コールのような俊敏性に優れたレフトバック。11-12チャンピオンズリーグ決勝では相手の右サイドハーフアリエン・ロッベンに対応するために左サイドハーフで起用された。ライアン・バートランド フレッシュアイペディアより)

  • スコット・パーカー

    スコット・パーカーから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    翌シーズン、クラブはアリエン・ロッベン、チアゴと契約、2004-05シーズンのパーカーの出場機会はさらに減り、ノリッジ・シティFC戦で中足骨を骨折してしまったことも悪く出てしまった。この怪我により、ジョゼ・モウリーニョは夏にパーカーを放出し、イリ・ヤロシクと契約を結ぼうとしているという噂が信憑性を帯びるようになった。スコット・パーカー フレッシュアイペディアより)

  • ベン・サハル

    ベン・サハルから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2007年1月6日のFAカップ、対マックルズフィールド・タウンFC戦のチームに招集され、76分、サロモン・カルーに代わって出場、チェルシーでのデビューを飾る。1月13日にはウィガン・アスレティックFC戦に82分、アリエン・ロッベンに代わって出場、FAプレミアリーグでのデビューを飾る。ベン・サハル フレッシュアイペディアより)

33件中 11 - 20件表示

「アリエン・ロッベン」のニューストピックワード