54件中 41 - 50件表示
  • ホセ・マヌエル・レイナ

    ホセ・マヌエル・レイナから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    ビジャレアルCFに所属していた2004-05シーズンには、62.5%(8本中5本をセーブ)という高いPKストップ率を記録した。2006年のFAカップ決勝ウェストハム・ユナイテッドFC戦では3本のPKを止め、優勝の立役者となった。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝チェルシーFC戦ではアリエン・ロッベンとジェレミ・ヌジタップのPKを止め決勝進出に貢献。ホセ・マヌエル・レイナ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2006-07、2007-08シーズンでは主に3トップの右ウイングとして起用された。2007-08シーズンではイグアインの先発により、ロビーニョがベンチを暖める機会が増えた。2007-08シーズンのアウェイでの優勝をかけた第35節CAオサスナ戦では、後半の途中から出場。終盤にフリーキックからアリエン・ロッベンのヘディングでの同点ゴールをアシストすると、試合終了間際には自ら優勝を決める決勝ゴールを決めた。更に第36節のFCバルセロナとのエル・クラシコでは後半の途中から出場し、ファーストタッチでゴールを決めた。この2試合を含む4試合連続途中出場でゴールを記録するなど、切り札としてレアル・マドリードのリーガ連覇に大きく貢献した。2008-09シーズン途中からチーム事情(シーズン序盤にロビーニョ放出、ファン・ニステルローイが長期離脱)により、センターフォワードを任されることが増え、ラウル・ゴンサレスとの2トップを形成した。このシーズン、マラガCF戦では不調のチームの中でイグアインが一人気を吐き、4得点を挙げてチームを勝利へと導いた。最終的にこのシーズン22得点を挙げチーム得点王となる活躍を見せた。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • フランク・リベリー

    フランク・リベリーから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2009-10シーズンは新加入のアリエン・ロッベンとともに両サイドから攻撃を牽引し、バイエルンの2シーズンぶりのブンデスリーガ優勝に貢献した。チャンピオンズリーグでもチームの決勝進出に貢献したが、準決勝ファーストレグのオリンピック・リヨン戦でリサンドロ・ロペスのすねを踏みつけ1発退場となった。結局バイエルンは決勝に進んだものの、リベリーはこのファールにより3試合の出場停止が課され、決勝に出場することができなかった。シーズン終了後、バイエルン・ミュンヘンとの契約を2015年まで延長した。また2010年4月、シドニー・ゴブ、カリム・ベンゼマらとともに、アルジェリア出身の未成年の売春婦と関係を持ったことが報道された。フランク・リベリー フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2009年夏、バイエルン・ミュンヘンへ移籍した。8月8日、2009-10シーズン第1節のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビューし、ダニエル・プラニッチのクロスに合わせて先制点を決めた。2010年3月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッドFC戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを挙げ、続く4月7日の2ndレグでは3-0とリードされた状態から起死回生のゴールを決め(この後アリエン・ロッベンが決勝点を記録)、バイエルンの準決勝進出に貢献。4月27日の準決勝2ndレグ、リヨン戦ではハットトリックを達成し、チームを決勝へと導いた。最終的にブンデスリーガでは11得点、チャンピオンズリーグでは2位タイの7得点を挙げ、バイエルンの国内2冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。しかし、2010-11シーズンは故障で長期離脱し、2011-12シーズンはユップ・ハインケス監督に重用されず出場機会は少なくなった。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イケル・カシージャス

    イケル・カシージャスから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    EURO2008に続いてキャプテンとして出場した2010 FIFAワールドカップでは、初戦でスイスに敗れてしまうも、その後の2試合は勝利し、決勝トーナメントに進出。決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦ではマドリーのチームメイトでもあるクリスティアーノ・ロナウドのFKを弾き出したり、準々決勝のパラグアイ戦ではオスカル・カルドソのPKをキャッチでセーブしたり、お互い史上初の優勝をかけた決勝のオランダ戦ではアリエン・ロッベンとの2度に渡る1対1の場面など多くのピンチがあったものの全てのシュートをセーブし、延長にもつれこみながらも1−0でスペイン代表史上初のワールドカップ優勝を果たした。ロッベンのシュートを阻止したシーンは、後にカシージャスが「最も思い出深く、誇りに思っているプレー」と語ることとなった。またこの試合ではアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げると、カシージャスはまだ試合中にも関わらず顔を手で覆い涙を流した。決勝トーナメントの4試合を無失点に抑えたカシージャスは、レフ・ヤシン賞から名称を変えた大会最優秀GKであるゴールデングローブ賞の第1回受賞者となった。オランダ戦の試合後のインタビューでは、テレビカメラの前で恋人であるTVレポーターのサラに熱烈なキスをして話題になった。イケル・カシージャス フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    ロッベンは、指を突き出し「チッチッ」と言いながらプレイする「お調子者」キャラである。また、彼のオチの口癖は「はいっ、全然わかりません」。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • ジェルダン・シャチリ

    ジェルダン・シャチリから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    バイエルンではアリエン・ロッベンとフランク・リベリーの控えで出場機会を得られなかったため、2015年1月インテル・ミラノへシーズン終了までの期限付き移籍を発表した。ジェルダン・シャチリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ、グループリーグでは9得点を挙げ、フィリッポ・インザーギ、エルナン・クレスポ、ルート・ファン・ニステルローイらの持つグループリーグにおける最多得点記録を更新した。決勝トーナメントでもその勢いは衰えを見せず、合計17得点と1大会における最多得点記録を更新してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。リーグ戦においても31得点を挙げて2度目のリーガ得点王になり、プレミアリーグで31得点を記録したルイス・アルベルト・スアレスと共に自身3度目となるヨーロッパ・ゴールデンシューを獲得した。また、マヌエル・ノイアー、アリエン・ロッベンを抑えて2014年のUEFA欧州最優秀選手賞も受賞した。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • サッカースペイン代表

    サッカースペイン代表から見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    グループBで、前回大会の決勝戦と同カードとなった初戦のオランダ戦では、前半のPKで先制するものの、ロビン・ファン・ペルシとアリエン・ロッベンに2ゴールずつを許すなど、試合後ファン・ペルシが「6点目、7点目、8点目が入ってもおかしくなかった」と語るような展開で1-5の惨敗、第2戦のチリ戦では、所属クラブでお世辞にも十分な出場機会を得たとはいえず、その試合勘の鈍さからかチャンピオンズリーグ決勝でもミスを犯し、ワールドカップ初戦でもミスを犯したイケル・カシージャスが相手に2点目を許すミスを犯すなどし、0-2で敗れ連敗。今回の登録メンバーの中に3つのコンペティションでスペイン勢が最後まで優勝争いを繰り広げていた事が却ってそのクラブに所属する主力選手のコンディションを落としてしまい、スペイン代表としては1998年フランス大会以来となる1次リーグ敗退が決定。前回大会王者がグループリーグで敗退するのは2010年南アフリカ大会におけるイタリア代表に続き2大会連続5度目だが、前回大会王者が開幕からの2連敗でグループリーグ敗退を喫したのはワールドカップ史上初となった。サッカースペイン代表 フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ノイアー

    マヌエル・ノイアーから見たアリエン・ロッベンアリエン・ロッベン

    2012年4月25日、チャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリード戦2ndレグは延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。ここでクリスティアーノ・ロナウドとカカのPKを止めて3-1で勝利し、決勝に進出した。5月20日のチェルシーFCとの決勝戦はバイエルンの本拠地フースバル・アレナ・ミュンヘンで行われた。トーマス・ミュラーのゴールで先制するが終了間際に追いつかれて、レアル戦同様延長でも決着がつかずPK戦に突入。1人目フアン・マタのPKを止め、さらには自らもPK戦を拒否したアリエン・ロッベンに変わってキッカーを務め、ペトル・ツェフの守るゴールを破ったが、結局イビツァ・オリッチとバスティアン・シュヴァインシュタイガーが失敗して最後はディディエ・ドログバに決められて4-3で敗北。ホームで11季ぶりの優勝はならなかった。マヌエル・ノイアー フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「アリエン・ロッベン」のニューストピックワード