前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たクリスティアーノ・ロナウド

    2007年8月22日、スペインのレアル・マドリードへの移籍が、5年契約・移籍金3600万ユーロで決まる。膝の故障でシーズンは出遅れたが9月18日のチャンピオンズリーグ、ヴェルダー・ブレーメン戦でデビュー。すぐに左サイドMFのポジションでスターティングメンバーを獲得した。また、EURO2008にも招集された。しかし後述のようにレアル・マドリードでプレーした2シーズンでは負傷が多く、負傷回数は10度に達したとされ、2009年にクラブはクリスティアーノ・ロナウドらを大量補強したため、ロッベン本人は残留を望んでいたものの、その金銭補填のために放出されることになったと後に明かしている。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たフランツ・ベッケンバウアー

    プレースタイル故にドイツではフランツ・ベッケンバウアーから「エゴイスト」と批判されたが、彼をプロ・デビューさせたヤン・ファン・ダイクは「アリエンは若い時からずっとエゴイスト。彼にとっては普通の事であり、それが彼の才能。彼がエゴイストであるのが問題なら売るべき。エゴイズムが彼を強くしてるんだから」と語った。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たアンドリー・シェフチェンコ

    同年6月から7月のEURO2004の後、プレシーズンマッチで怪我を負い、その影響でプレミアリーグのデビューは11月となった。だが、デビュー早々チームの主力選手として活躍し、同月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞にも輝いている。その後も怪我に悩まされながらも、チェルシーのプレミアリーグ2連覇(2004-05シーズン、2005-06シーズン)に貢献するなど、中心選手として活躍した。本職は4-3-3の左WGながら、2006-07シーズンにはアンドリー・シェフチェンコの加入によりクラブは4-4-2へとシステムを変更。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たサッカーオランダ代表

    アリエン・ロッベン(Arjen Robben (), 1984年1月23日 - )は、オランダ・フローニンゲン州ベドゥム出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。元オランダ代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。レフティ。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2010年3月9日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのACFフィオレンティーナ戦ではミドルシュートを決め、また4月7日の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でもコーナーキックからボレーシュートを決めた。4月17日のハノーファー96戦で自身初のハットトリックを達成した(試合は7-0で勝利)。4月21日のオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでも決勝点となるミドルシュートを決め決勝進出に貢献した。同大会ではインテル・ミラノとの決勝戦を戦った末準優勝の成績を収めたが、ブンデスリーガではチームトップ・リーグ5位タイの16得点を挙げ、バイエルンの2冠に貢献。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出された。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たサッカーポルトガル代表

    サッカーオランダ代表としては2003年4月30日に行われたポルトガル代表との国際親善試合でデビュー。2006 FIFAワールドカップでは初戦のセルビア戦で18分に得点を挙げた。これが決勝点となり、その試合のマン・オブ・ザ・マッチとなった。大会では、6試合に出場して2得点を挙げた。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たジュゼッペ・マロッタ

    ユヴェントスのジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)は、「ロッベンは、現時点で間違いなくヨーロッパ最高であるクラブで、堂々とプレーして高い能力を見せている」と高く評価している。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たカール・ハインツ・ルンメニゲ

    2010 FIFAワールドカップのオランダ代表にも名を連ねたが、大会前のハンガリーとの親善試合でフェイントに失敗しハムストリングを負傷したが、グループリーグ第3戦のカメルーン戦から復帰。決勝トーナメント一回戦のスロバキア戦ではミドルシュートで先制点を挙げ、大会選定のマンオブザマッチに選出される。準決勝のウルグアイ戦ではヘディングで3点目を挙げた。しかし大会後、クラブで行ったメディカルチェックにて太ももの筋断裂が発覚し、これに対しバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長はワールドカップで強行出場を続けさせたとしてオランダ代表を批判した。この怪我への補償として、2012年5月にアリアンツ・アレーナでバイエルンとオランダ代表の親善試合が行われている。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たフランク・リベリー

    2009年8月28日、バイエルン・ミュンヘンへの移籍で合意し移籍することとなった。移籍金は2500万ユーロ(約34億円)の4年契約とされ、ロッベンは背番号10を背負うこととなった。フランク・リベリーと共に両サイドから攻撃に参加、デビュー戦となったVfLヴォルフスブルク戦で2得点を挙げた。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たヤン・ファン・ダイク (サッカー選手)

    プレースタイル故にドイツではフランツ・ベッケンバウアーから「エゴイスト」と批判されたが、彼をプロ・デビューさせたヤン・ファン・ダイクは「アリエンは若い時からずっとエゴイスト。彼にとっては普通の事であり、それが彼の才能。彼がエゴイストであるのが問題なら売るべき。エゴイズムが彼を強くしてるんだから」と語った。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「アリエン・ロッベン」のニューストピックワード