62件中 11 - 20件表示
  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たチェルシーFC

    2004年3月、移籍金1800万ユーロで、チェルシーFCに入団した。また同じ頃、精巣腫瘍を患ったが手術により回復した。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たボルシア・ドルトムント

    2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って優勝を果たした。 DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠達成に貢献した。同年にはUEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成した。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たACFフィオレンティーナ

    2010年3月9日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのACFフィオレンティーナ戦ではミドルシュートを決め、また4月7日の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でもコーナーキックからボレーシュートを決めた。4月17日のハノーファー96戦で自身初のハットトリックを達成した(試合は7-0で勝利)。4月21日のオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでも決勝点となるミドルシュートを決め決勝進出に貢献した。同大会ではインテル・ミラノとの決勝戦を戦った末準優勝の成績を収めたが、ブンデスリーガではチームトップ・リーグ5位タイの16得点を挙げ、バイエルンの2冠に貢献。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出された。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たサッカードイツ代表

    本戦では優勝候補と目されたが、ドイツ、ポルトガル、デンマークと全チームが優勝経験のある死の組に入り、1勝もあげられず3連敗を喫しグループリーグで敗退した。なお、自身も3試合無得点で終わった。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たFIFAクラブワールドカップ

    2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って優勝を果たした。 DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠達成に貢献した。同年にはUEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成した。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たサッカーカメルーン代表

    2010 FIFAワールドカップのオランダ代表にも名を連ねたが、大会前のハンガリーとの親善試合でフェイントに失敗しハムストリングを負傷したが、グループリーグ第3戦のカメルーン戦から復帰。決勝トーナメント一回戦のスロバキア戦ではミドルシュートで先制点を挙げ、大会選定のマンオブザマッチに選出される。準決勝のウルグアイ戦ではヘディングで3点目を挙げた。しかし大会後、クラブで行ったメディカルチェックにて太ももの筋断裂が発覚し、これに対しバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長はワールドカップで強行出場を続けさせたとしてオランダ代表を批判した。この怪我への補償として、2012年5月にアリアンツ・アレーナでバイエルンとオランダ代表の親善試合が行われている。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たPSVアイントホーフェン

    地元のクラブ、VVベドゥムでサッカーを始める。FCフローニンゲン在籍時の2000年、16歳でプロデビュー。レギュラーとしてプレーした後、2002年にPSVへ移籍。ここでも1年目から12得点を挙げ、2002-03年度のヨハン・クライフ賞を受賞した。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たレアル・マドリード

    2007年8月22日、スペインのレアル・マドリードへの移籍が、5年契約・移籍金3600万ユーロで決まる。膝の故障でシーズンは出遅れたが9月18日のチャンピオンズリーグ、ヴェルダー・ブレーメン戦でデビュー。すぐに左サイドMFのポジションでスターティングメンバーを獲得した。また、EURO2008にも招集された。しかし後述のようにレアル・マドリードでプレーした2シーズンでは負傷が多く、負傷回数は10度に達したとされ、2009年にクラブはクリスティアーノ・ロナウドらを大量補強したため、ロッベン本人は残留を望んでいたものの、その金銭補填のために放出されることになったと後に明かしている。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たUEFAスーパーカップ

    2012-13シーズン、ブンデスリーガを当時史上最速で優勝すると、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出、同じドイツの最大のライバルであるボルシア・ドルトムントを破って優勝を果たした。 DFBポカールも優勝し、ドイツ史上初の3冠達成に貢献した。同年にはUEFAスーパーカップ、FIFAクラブワールドカップでも優勝、この年5冠を達成した。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

  • アリエン・ロッベン

    アリエン・ロッベンから見たオリンピック・リヨン

    2010年3月9日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのACFフィオレンティーナ戦ではミドルシュートを決め、また4月7日の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でもコーナーキックからボレーシュートを決めた。4月17日のハノーファー96戦で自身初のハットトリックを達成した(試合は7-0で勝利)。4月21日のオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでも決勝点となるミドルシュートを決め決勝進出に貢献した。同大会ではインテル・ミラノとの決勝戦を戦った末準優勝の成績を収めたが、ブンデスリーガではチームトップ・リーグ5位タイの16得点を挙げ、バイエルンの2冠に貢献。シーズン終了後にはドイツ年間最優秀選手に選出された。アリエン・ロッベン フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「アリエン・ロッベン」のニューストピックワード