アリスター・オーフレイム ニュース&Wiki etc.

アリスター・オーフレイム(Alistair Overeem、男性、1980年5月17日 - )は、オランダの総合格闘家、キックボクサー。イングランド・ハウンズロー出身。アムステルダム在住。ブラックジリアンズ所属。元Strikeforce世界ヘビー級王者、元DREAMヘビー級暫定王者。K-1 WORLD GP 2010王者… (出典:Wikipedia)

「アリスター・オーフレイム」最新ニュース

「アリスター・オーフレイム」Q&A

  • Q&A

    ハンマー投げ、砲丸投げ、ラグビー、またはアリスターオーフレイムやブロックレスナーなど…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月26日 19:13

  • Q&A

    身体能力の定義がよくわかりませんが、例えばNFLやNBAの選手など筋肉モリモリでデカ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月23日 20:30

  • Q&A

    腹筋に力を入れたら相手のストレートパンチに前蹴りを食らっても平気な人がいます。 芦原…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年11月14日 15:13

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アリスター・オーフレイム」のつながり調べ

  • 金原弘光

    金原弘光から見たアリスター・オーフレイム

    2002年にリングスが活動停止すると、PRIDEに参戦。2002年11月24日、PRIDE初参戦でいきなりヴァンダレイ・シウバとミドル級タイトルマッチを行うが、防戦一方となり、セコンドのタオル投入でTKO負け。その後、ミルコ・クロコップ、アリスター・オーフレイム、マウリシオ・ショーグンと戦うがPRIDEでは4戦全敗となった。(金原弘光 フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・ボブチャンチン

    イゴール・ボブチャンチンから見たアリスター・オーフレイム

    日本へは、1998年のPRIDE.4のゲーリー・グッドリッジ戦でPRIDEデビュー。以後は、PRIDEを主戦場とした。PRIDEではヘビー級(体重無制限)のハードパンチャーの打撃系選手として活躍していたが、次第に本来のヘビー級の骨格を持つ選手に対し成績がふるわず、2005年頃より本格的にミドル級(93kg以下)に転向。総合格闘技デビュー当時は90kgであったこともあり減量に成功し、かつての大きな腹が腹筋の割れた腹に変わってスマートになり、ミドル級の強豪選手としてPRIDEミドル級GP2005に復活を賭けたが、PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDでアリスター・オーフレイムを相手に2回戦負けになった。(イゴール・ボブチャンチン フレッシュアイペディアより)

「アリスター・オーフレイム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード