前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    試合後、バダは「感情的になってしまった。仕掛けようとしても攻撃が帰ってこないので、その中で思わず、ストリートファイトのような本能が目覚めてしまった。ファンにはお詫びしたい。審判団の裁定を真摯に受け止めたい。ただ、レミーはダメージが無かったんじゃないか?反則勝ちが告げられるとすぐに立ち上がり、彼なりに素晴らしいスピーチを繰り広げていた。レミーのセコンドからもインターバル中に立ち上がるなといった指示が聞こえた。今日の彼の優勝は、最優秀男優賞として与えられたものにすぎない」とコメントした。これに対してレミーは、セコンドからそのような指示があったことを認めている。アリスター・オーフレイムもボンヤスキーの「演技」の可能性を示唆し、それを暗に批判した。ボンヤスキーとともに出席していたK-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAの直前記者会見の場において、アリスターはボンヤスキーにオスカー像に酷似した一体の像を手渡した。これはすなわちボンヤスキーへの「主演男優賞」の贈呈という皮肉を込めた挑発行動であったものと見られている。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • ファブリシオ・ヴェウドゥム

    ファブリシオ・ヴェウドゥムから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2003年9月13日、Jungle Fight 1でガブリエル・ゴンザーガと対戦し、TKO勝ち。2005年にPRIDEデビュー。トム・エリクソンやローマン・ゼンツォフから関節技で勝利を挙げる。2005年10月23日、PRIDE.30でセルゲイ・ハリトーノフと対戦。ハリトーノフの打撃を嫌がりたびたび自分からリングに寝転がるなど、精彩を欠いた試合内容になってしまい、判定負け。2006年2月26日、PRIDE.31でユノラフ・エイネモを判定で破った。2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦でアリスター・オーフレイムと対戦。アリスターの打撃に苦戦を強いられるも、下になった状態からアリスターの腕を取り、チキンウィングアームロックで一本勝ち。2006年7月1日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 2nd ROUNDで、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、判定負け。この試合を最後にPRIDEを離脱した。2006年11月12日、オランダで開催された2H2Hでは、エメリヤーエンコ・アレキサンダーに肩固めで一本勝ち。ファブリシオ・ヴェウドゥム フレッシュアイペディアより)

  • Strikeforce

    Strikeforceから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2011年7月、ヘビー級王者であったアリスター・オーフレイムを、残り1試合の契約を残しながらリリースした。ウェルター級王者ニック・ディアスのUFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール挑戦に伴う王者返上と重なり、ヘビー級、ウェルター級ともに空位となった。Strikeforce フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ロジャース

    ブレット・ロジャースから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2009年4月11日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Shamrock vs. Diazでロン・アボンゴ・ハンフリーと対戦。1Rに髪の毛を掴んだとして減点を受けるも、2Rに膝蹴り連打からの右ストレートでKO勝ち。試合後、Strikeforce世界ヘビー級王者アリスター・オーフレイムの対戦を希望した。ブレット・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・アーツ

    ピーター・アーツから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    9月26日、K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16ではアリスター・オーフレイムと対戦して判定負け。ピーター・アーツ フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ハリトーノフ

    セルゲイ・ハリトーノフから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2006年2月26日、PRIDE.31でアリスター・オーフレイムと対戦。試合開始直後にテイクダウンされた際に肩を脱臼し、サイドポジションからの膝蹴りの連打で自身初のTKO負け。エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに次ぐ存在と目されていたが、ノゲイラ戦でも指摘されたスタンドでのレスリング技術、グラウンドで下になったときの技術に難があるとの弱点を露呈した。セルゲイ・ハリトーノフ フレッシュアイペディアより)

  • マウリシオ・ショーグン

    マウリシオ・ショーグンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2005年8月28日、準決勝でアリスター・オーフレイムとの新鋭対決を1RKO勝ちで制してアリスターを病院送りにし、決勝では兄弟子ヴァンダレイ・シウバを破ったヒカルド・アローナと対戦。1R2分53秒パウンドでKO勝利。23歳でPRIDEミドル級GPを制した。このヒカルド・アローナ戦で、オモプラッタを仕掛けたことが評価され、ブラジリアン柔術の黒帯を授与されている。マウリシオ・ショーグン フレッシュアイペディアより)

  • ゼバット・ポーツラック

    ゼバット・ポーツラックから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年4月3日、日本初登場となったK-1 WORLD GP 2010 IN YOKOHAMAでアリスター・オーフレイムと対戦し、右膝蹴りでKO負け。しかし、「アリスターは首相撲からの膝蹴りを2発打つという反則を犯した」と試合後もリング上で抗議し、会見でも不満を露にしながら「アリスターには何らかのペナルティを与えてほしい」と語った。ゼバット・ポーツラック フレッシュアイペディアより)

  • K-1 WORLD GP 2010 FINAL

    K-1 WORLD GP 2010 FINALから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    WORLD GP決勝トーナメントが行われ、会場が過去3年開催された横浜アリーナから有明コロシアムへと変更された。同所でのWORLD GP開催は初。決勝でアリスター・オーフレイムがピーター・アーツを破り初優勝。アリスターはStrikeforceヘビー級王者でもあり、史上初めて総合格闘技の現役王者がK-1 WORLD GPで優勝する結果となった。K-1 WORLD GP 2010 FINAL フレッシュアイペディアより)

  • THE BEST Vol.2

    THE BEST Vol.2から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    本戦ではリングスから移籍したアリスター・オーフレイムが今村雄介を膝蹴りで破り、江宗勲はボブ・シュライバーに辛勝。THE BEST Vol.2 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード