前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • ファブリシオ・ヴェウドゥム

    ファブリシオ・ヴェウドゥムから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2006年5月5日、PRIDE 無差別級グランプリ 2006 開幕戦の無差別級グランプリ1回戦でアリスター・オーフレイムと対戦。アリスターの打撃に苦戦を強いられるも、下になった状態からチキンウィングアームロックで一本勝ち。ファブリシオ・ヴェウドゥム フレッシュアイペディアより)

  • Strikeforce

    Strikeforceから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2011年7月、ヘビー級王者であったアリスター・オーフレイムを、残り1試合の契約を残しながらリリースした。ウェルター級王者ニック・ディアスのUFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール挑戦に伴う王座返上と重なり、ヘビー級、ウェルター級ともに空位となった。Strikeforce フレッシュアイペディアより)

  • バダ・ハリ

    バダ・ハリから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜にて、DREAM.6でバダが名指しで挑発した総合格闘家のアリスター・オーフレイムとK-1ルールで対戦。1ラウンド膝蹴りと左フックのコンビネーションでダウンを奪われると、立ち上がるもアリスターのカウンターの左フックを受けてKO負け。試合後、「今月はK-1 WORLD GP決勝からすぐに試合に出ることになり、K-1 WORLD GPと合わせて4試合のモチベーションを維持して集中するのは難しい」「(K-1の方がMMAより強いと発言したが)今日はたまたまこういう結果(K-1選手がMMA選手に全敗)になった。K-1vsMMAということはなく、試合は2人の選手の1対1の戦いであり、どちらのジャンルが強いということではない」とコメントした。またこの2人の対戦はK-1ルールと総合ルールで1試合ずつ、計2試合行われる事が試合決定前に両者の間で合意されており、アリスターの口からも「勝敗にかかわらずMMAルールで再戦されることが双方の間で事前に合意していたので次は総合ルールだ。」と語られているため再戦は暗黙の了解となっていたが、K-1の谷川プロデューサーがその話を有耶無耶にしてしまい、さらにこの試合後に総合ルールでの再戦を記者に聞かれたバダ・ハリは「総合には出ない」と再戦を否定したため、2009年に予定されていた総合ルールでの再戦は行われることはなかった。バダ・ハリ フレッシュアイペディアより)

  • THE BEST Vol.2

    THE BEST Vol.2から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    本戦ではリングスから移籍したアリスター・オーフレイムが今村雄介を膝蹴りで破り、江宗勲はボブ・シュライバーに辛勝した。THE BEST Vol.2 フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ロジャース

    ブレット・ロジャースから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2009年4月11日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Shamrock vs. Diazでアボンゴ・ハンフリーと対戦。1Rに髪の毛を掴んだとして減点を受けるも、2Rに膝蹴り連打でTKO勝ち。試合後、Strikeforce世界ヘビー級王者アリスター・オーフレイムの対戦を希望した。ブレット・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • UFC Fight Night: Overeem vs. Arlovski

    UFC Fight Night: Overeem vs. Arlovskiから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    UFC初のオランダ開催となった本大会ではアリスター・オーフレイムとアンドレイ・アルロフスキーによるヘビー級ワンマッチが組まれた。UFC Fight Night: Overeem vs. Arlovski フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・アーツ

    ピーター・アーツから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    9月26日、K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16ではアリスター・オーフレイムと対戦して判定負け。ピーター・アーツ フレッシュアイペディアより)

  • UFC 203

    UFC 203から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    本大会では王者スティーペ・ミオシッチと挑戦者アリスター・オーフレイムによるUFC世界ヘビー級タイトルマッチが組まれた。UFC 203 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ミア

    フランク・ミアから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2012年5月26日、UFC 146のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでジュニオール・ドス・サントスと対戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。アリスター・オーフレイムの代替での出場であった。フランク・ミア フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ハリトーノフ

    セルゲイ・ハリトーノフから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2006年2月26日、PRIDE.31でアリスター・オーフレイムと対戦。試合開始直後にテイクダウンされた際に肩を脱臼し、サイドポジションからの膝蹴りの連打で自身初のTKO負け。エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに次ぐ存在と目されていたが、ノゲイラ戦でも指摘されたスタンドでのレスリング技術、グラウンドで下になったときの技術に難があるとの弱点を露呈した。セルゲイ・ハリトーノフ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード