58件中 21 - 30件表示
  • Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov

    Strikeforce: Barnett vs. Kharitonovから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    1回戦を勝利したアリスター・オーフレイムが契約問題によりGPを離脱したため、ダニエル・コーミエがリザーバーとしてGPトーナメント準決勝に出場した。Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov フレッシュアイペディアより)

  • ヒカルド・アローナ

    ヒカルド・アローナから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2006年9月10日、『PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦』において9か月ぶりにPRIDE復帰。アリスター・オーフレイムをローキックや鉄槌で押しまくり、1R4分28秒でタップを奪った。ヒカルド・アローナ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ホフマン

    ボビー・ホフマンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2000年2月26日、初参戦となったリングスでグロム・ザザと対戦し、開始34秒右フックでKO勝ち。4月20日、リングス2戦目でボリス・ジュリアスコフと対戦し、フックの連打でKO勝ち。6月15日、リングス3戦目でアリスター・オーフレイムと対戦し、右フックで失神KO勝ち。ボビー・ホフマン フレッシュアイペディアより)

  • 金原弘光

    金原弘光から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2002年にリングスが活動停止すると、PRIDEに参戦。2002年11月24日、PRIDE初参戦でいきなりヴァンダレイ・シウバとミドル級タイトルマッチを行うが、防戦一方となり、セコンドのタオル投入でTKO負け。その後、ミルコ・クロコップ、アリスター・オーフレイム、マウリシオ・ショーグンと戦うがPRIDEでは4戦全敗となった。金原弘光 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・エドワーズ

    ベン・エドワーズから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16でアリスター・オーフレイムと対戦し、1Rに3度のダウンを奪われKO負けとなった。ベン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・スポーン

    タイロン・スポーンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年12月12日、K-1 WORLD GP 2010 FINALの準々決勝でアリスター・オーフレイムと対戦し、1Rにはカウンターの左フックをヒット、ラッシュを見せポイントをリードしたが3Rにスタンディングダウンを奪われ逆転の判定負けを喫した。タイロン・スポーン フレッシュアイペディアより)

  • チャック・リデル

    チャック・リデルから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2003年8月10日、『PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦』にUFCを代表して参戦。アリスター・オーフレイムを一発の左フックでふらつかせKO勝ち。チャック・リデル フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    ミドル級グランプリ1回戦全4試合が行われ、第2試合ではUFCの刺客チャック・リデルが、アリスター・オーフレイムを左フックでKOし、UFC代表としての準決勝進出を決めた。第3試合では練習中の負傷により欠場となったヒカルド・アローナの代役として急遽参戦したムリーロ・ブスタマンチはクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンに判定負け。第6試合の田村潔司対吉田秀彦は「柔道 vs UWF」という、それぞれのイデオロギーを賭した戦いとする演出のもと行われた。序盤は田村が試合を支配したが、吉田が袖車絞めで逆転勝ちを収めた。PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦

    PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2005年ミドル級グランプリ1回戦では、中村和裕、ヒカルド・アローナ、イゴール・ボブチャンチン、アリスター・オーフレイム、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、桜庭和志、マウリシオ・ショーグン、ヴァンダレイ・シウバの8名が2nd ROUNDへの進出を決めた。PRIDE GRANDPRIX 2005 開幕戦 フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND

    PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    桜庭和志はヒカルド・アローナにTKO負けを喫し、中村和裕もヴァンダレイ・シウバにTKO負け。勢いに乗るマウリシオ・ショーグンがアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラにPRIDEで初めて土をつけ、アリスター・オーフレイムがイゴール・ボブチャンチンにフロントチョークで一本勝ちする。本大会がPRIDE初参戦及び総合格闘技デビュー戦となるアトランタオリンピック柔道金メダリストのパウエル・ナツラは、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにTKO負け。PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUND フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード