76件中 21 - 30件表示
  • K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16

    K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    GP開幕戦が行われ、バダ・ハリ、アリスター・オーフレイム、ジェロム・レ・バンナ、セーム・シュルト、エヴェルトン・テイシェイラ、ルスラン・カラエフ、エロール・ジマーマン、レミー・ボンヤスキーがベスト8進出を決めた。K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16 フレッシュアイペディアより)

  • コーチキン・ユーリ

    コーチキン・ユーリから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    日本では1999年10月28日に行われたリングス KOK 1999に出場。1回戦でアリスター・オーフレイムを打撃で優位に立ち判定勝ち。2回戦ではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラと対戦し、開始40秒腕ひしぎ十字固めで一本負け。コーチキン・ユーリ フレッシュアイペディアより)

  • K-1 WORLD GP 2010 FINAL

    K-1 WORLD GP 2010 FINALから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    WORLD GP決勝トーナメントが行われ、会場が過去3年開催された横浜アリーナから有明コロシアムへと変更された。同所でのWORLD GP開催は初。決勝でアリスター・オーフレイムがピーター・アーツを破り初優勝。アリスターはStrikeforceヘビー級王者でもあり、史上初めて総合格闘技の現役王者がK-1 WORLD GPで優勝する結果となった。K-1 WORLD GP 2010 FINAL フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・スポーン

    タイロン・スポーンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年12月12日、K-1 WORLD GP 2010 FINALの準々決勝でアリスター・オーフレイムと対戦し、1Rにはカウンターの左フックをヒット、ラッシュを見せポイントをリードしたが3Rにスタンディングダウンを奪われ逆転の判定負けを喫した。タイロン・スポーン フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・トンプソン (格闘家)

    ジェームス・トンプソン (格闘家)から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2009年10月25日、DREAM初のケージ開催となったDREAM.12でDREAMに初参戦。メインイベントでアリスター・オーフレイムと対戦し、開始33秒フロントチョークで一本負け。参戦が発表されたのが開催2日前の10月23日という緊急参戦となった。ジェームス・トンプソン (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • ヴォルク・アターエフ

    ヴォルク・アターエフから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2002年12月23日、PRIDE初参戦となったPRIDE.24でアリスター・オーフレイムと対戦し、左膝蹴りでKO負け。ヴォルク・アターエフ フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ダフィー

    トッド・ダフィーから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で行なわれたDREAMヘビー級暫定王座決定戦でアリスター・オーフレイムと対戦し、開始19秒KO負けを喫し王座獲得に失敗した。トッド・ダフィー フレッシュアイペディアより)

  • レミー・ボンヤスキー

    レミー・ボンヤスキーから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAでアリスター・オーフレイムと対戦。1R、2Rとプレッシャーをかけ続けるアリスターにペースを握られるも、3Rにフラッシュダウン気味のダウンを奪い判定勝ち。しかし、3R以外のダウン以外は終始アリスターが圧倒しており、この試合の解説者全員が1Rと2Rはアリスターが優勢であると発言する程であったにも関わらず、1Rと2Rにアリスターにポイントが入らないと言う不可解な判定があった為、この試合の判定について批判が起こった。K-1プロデューサーの谷川貞治はこの試合について「ほとんどアリスターの勝ちですね。2Rもアリスターのポイントで良いと思いますし、ダウン以外は全てアリスターが勝っていました」とコメントしている。。試合後の会見で2日前に膝の裏側の筋を痛め歩行も困難な状態になり、試合当日は鎮痛剤を打って試合をしたことを告白した。レミー・ボンヤスキー フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷太助

    熊谷太助から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2012年12月には「ジャイアンキリング2〜世紀の番狂わせ〜」を制作。第一弾から引き続き「大食いで力士に挑戦する企画」や「腕相撲企画」を拡大継続した。特に当時メディア離れをしていた朝青龍が突如腕相撲企画に登場し、当時UFC世界王者だったアリスター・オーフレイムと対戦したことで反響を得た。また、清原和博VS桜庭和志の腕相撲対決は、第三弾に持ち越されるほどの因縁の対決となった。熊谷太助 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・エドワーズ

    ベン・エドワーズから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16でアリスター・オーフレイムと対戦し、1Rに3度のダウンを奪われKO負けとなった。ベン・エドワーズ フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード