58件中 41 - 50件表示
  • タケル (格闘家)

    タケル (格闘家)から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2004年6月6日、K-1 WORLD GP 2004 in NAGOYAでマイケル・マクドナルドと対戦し、2RTKO負けを喫した。対戦相手は当初、アリスター・オーフレイムと発表されていたが欠場となり、ギルバート・アイブルへの変更が発表されたが、さらに変更となった。タケル (格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • kamipro

    kamiproから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    No.153 「UFC」迫りくる帝国 - アリスター・オーフレイムkamipro フレッシュアイペディアより)

  • モイス・リンボン

    モイス・リンボンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2002年10月13日、2 Hot 2 Handleでアリスター・オーフレイムと対戦し、チョークスリーパーで一本負け。モイス・リンボン フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・シウバ

    アントニオ・シウバから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2013年2月2日、UFC 156: Aldo vs. Edgarでアリスター・オーフレイムと対戦。序盤こそ劣勢だったが、パンチで攻勢をかけて後半に逆転し、右ストレートでTKO勝ち。アントニオ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ジェロム・レ・バンナ

    ジェロム・レ・バンナから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    総合格闘技については、フランスで総合格闘技が法律で禁止されていることに加えて、そのK-1に対する愛情から当初は嫌っていたが、総合デビュー戦の安田忠夫戦ではK-1WGP決勝の直後の試合ということもあってわずか2週間しか寝技の練習が出来なかったにもかかわらず、スイープしてマウントポジションを奪うなど順応できたことと、総合ルールの練習と試合をこなしていくうちに好きになっていったとのこと。2002年には当時ヴァンダレイ・シウバらが所属していたシュートボクセ・アカデミーに所属することを検討していることも表明し、2005年にエメリヤーエンコ・ヒョードルらと合同練習した際にはヒョードルから「絞め技が上手い」と評価された。これからもK-1と並行してMMAの試合をしていくことを希望している。2006年にUFCからオファーが来た際にはUFCでティム・シルビアやミルコ・クロコップとの対戦を熱望していたが、UFCは他団体への出場を許可しない独占契約であるため、あくまでK-1との並行参戦を望むバンナはUFCとの契約に至らなかった。その後、2009年にモントリオールのトライスタージムでジョルジュ・サンピエールやデニス・カーンらと練習して世話になったことに加えて、UFCから出場オファーが来たため、「彼らを喜ばせるために、2試合くらいならやってもいいかと考えている」と語った。その一方で、「しかし俺の心のボスは石井和義館長。心はここにある」とK-1への忠誠も忘れていない。MMAルールではシルビア、ミルコ、アリスター・オーフレイムらとの対戦を熱望している。ジェロム・レ・バンナ フレッシュアイペディアより)

  • イゴール・ボブチャンチン

    イゴール・ボブチャンチンから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    日本へは、1998年のPRIDE.4のゲーリー・グッドリッジ戦でPRIDEデビュー。以後は、PRIDEを主戦場とした。PRIDEではヘビー級(体重無制限)のハードパンチャーの打撃系選手として活躍していたが、次第に本来のヘビー級の骨格を持つ選手に対し成績がふるわず、2005年頃より本格的にミドル級(93kg以下)に転向。総合格闘技デビュー当時は90kgであったこともあり減量に成功し、かつての大きな腹が腹筋の割れた腹に変わってスマートになり、ミドル級の強豪選手としてPRIDEミドル級GP2005に復活を賭けたが、PRIDE GRANDPRIX 2005 2nd ROUNDでアリスター・オーフレイムを相手に2回戦負けになった。イゴール・ボブチャンチン フレッシュアイペディアより)

  • 暫定王座

    暫定王座から見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    一方、選手権試合が正規王座決定戦の条件を満たさないために「暫定王座」となることもあり、この場合正規王座は置かれず、本来の「暫定王座」とはニュアンスが異なるものである。この事例としては「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜」におけるアリスター・オーフレイム対トッド・ダフィーの試合がDREAMヘビー級暫定王座決定戦として行われ、勝ったオーフレイムが同暫定王座を戴冠した。これは元々オーフレイムがジョシュ・バーネットかアンドレイ・アルロフスキーと正規王座決定戦として対戦する予定だったのが、両者とも交渉がまとまらず、折衷案としてダフィーとの「暫定王座」決定戦となったものである。暫定王座 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ダフィー

    トッド・ダフィーから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で行なわれたDREAMヘビー級暫定王座決定戦でアリスター・オーフレイムと対戦し、開始19秒KO負けを喫した。トッド・ダフィー フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ

    アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    PRIDEでは、ガイ・メッツァー、アリスター・オーフレイム、ダン・ヘンダーソン、桜庭和志、中村和裕などのミドル級選手に勝利を収めた。アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトー・ベウフォート

    ビクトー・ベウフォートから見たアリスター・オーフレイムアリスター・オーフレイム

    2005年4月23日、UFC代表(DSEはそう主張しているが、既にUFCとの契約は切れていた)として「PRIDE GP 2005」にエントリー。かつてシウバに黒星をつけたこともあり注目されたが、アリスター・オーフレイムにフロントチョークで一本負けし、1回戦で敗退。ビクトー・ベウフォート フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード