前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たバダ・ハリ

    2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でバダ・ハリとK-1ルールで対戦し、膝蹴りからの左フックでダウンを奪い、最後は左フックで再度ダウンを奪いKO勝ち。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たレミー・ボンヤスキー

    2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAのスーパーファイトにて昨年の王者レミー・ボンヤスキーとK-1ルールで対戦。1R、2Rとプレッシャーをかけペースを握るも、3Rにダウンを奪われ判定負け。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見た角田信朗角田 信朗

    破壊力とスピードを兼ね備えたストライカー。以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてK-1ルールでも活躍している。リーチは207cm(約81.5インチ)。K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特にピーター・アーツ戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中の角田信朗に代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めた石井和義から「アリスターの投げ技は反則」と明言された。また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「首相撲からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、エヴェルトン・テイシェイラ戦、ジャバット・ポトラック戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをモノともせずにK-1王者となった。サブミッションの技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたフロントチョークを得意技とする。2005年1月にはアブダビコンバット欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した(2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した)。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たエメリヤーエンコ・ヒョードル

    2009年10月25日、DREAM初のケージ開催となったDREAM.12のメインイベントでジェームス・トンプソンと対戦し、開始33秒フロントチョークで一本勝ち。試合後には「2010年4月にエメリヤーエンコ・ヒョードル選手と対戦したい」とコメントした。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たピーター・アーツ

    破壊力とスピードを兼ね備えたストライカー。以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてK-1ルールでも活躍している。リーチは207cm(約81.5インチ)。K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特にピーター・アーツ戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中の角田信朗に代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めた石井和義から「アリスターの投げ技は反則」と明言された。また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「首相撲からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、エヴェルトン・テイシェイラ戦、ジャバット・ポトラック戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをモノともせずにK-1王者となった。サブミッションの技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたフロントチョークを得意技とする。2005年1月にはアブダビコンバット欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した(2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した)。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見た石井和義

    破壊力とスピードを兼ね備えたストライカー。以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてK-1ルールでも活躍している。リーチは207cm(約81.5インチ)。K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特にピーター・アーツ戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中の角田信朗に代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めた石井和義から「アリスターの投げ技は反則」と明言された。また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「首相撲からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、エヴェルトン・テイシェイラ戦、ジャバット・ポトラック戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをモノともせずにK-1王者となった。サブミッションの技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたフロントチョークを得意技とする。2005年1月にはアブダビコンバット欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した(2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した)。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たエヴェルトン・テイシェイラ

    破壊力とスピードを兼ね備えたストライカー。以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてK-1ルールでも活躍している。リーチは207cm(約81.5インチ)。K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特にピーター・アーツ戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中の角田信朗に代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めた石井和義から「アリスターの投げ技は反則」と明言された。また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「首相撲からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、エヴェルトン・テイシェイラ戦、ジャバット・ポトラック戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをモノともせずにK-1王者となった。サブミッションの技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたフロントチョークを得意技とする。2005年1月にはアブダビコンバット欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した(2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した)。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たミルコ・クロコップ

    2008年6月15日、DREAM初参戦となったDREAM.4でイ・テヒョンと対戦し、開始36秒左膝蹴りでKO勝ち。試合後のリング上でミルコ・クロコップとの対戦を要求した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たファブリシオ・ヴェウドゥム

    しかし、その後のPRIDEではファブリシオ・ヴェウドゥム、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、ヒカルド・アローナ、マウリシオ・ショーグンとブラジル人総合格闘家相手に4連敗。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たボブ・サップ

    K-1 WORLD GP 2008 FINAL決勝戦でのレミー・ボンヤスキーvsバダ・ハリ戦で、レミーが足を掴まれ倒されたところにハリの反則の踏みつけ攻撃を受け、ダメージが回復のためのインターバルが取られたものの、レミーがダブルヴィジョンを訴えて反則勝ちによって優勝した件について、アリスターは「レミーは『フライング・ジェントルマン』って名乗っているみたいだけど、『フライング・アクター』にした方がいい。バダとの決勝戦の演技は、最高だった。彼も、あそこで立ち上がってバダをKOしていれば、真のヒーローだったのにね。写真で判断しても演技としか思えない。反則はいけないことだけど、あの場面で、あの演技はないだろう。過去にもレミーはステファン・レコやボブ・サップと闘った時も、同じような演技をしたよね。疑われても仕方がないよ」と語っており、レミーの戦い方についても「亀のようにガードを固めてローキックをペチンペチンと蹴るレミーのような戦い方は地味で、ファンも盛り上がらないし、アグレッシブじゃないからイライラする。バダがレミーに対して怒りを感じる気持ちも理解できるね」とコメントしている。レミーとの対戦を控えたK-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAの前日会見ではレミーの演技に対する皮肉を込めてオスカー像のレプリカをレミーにプレゼントするパフォーマンスを見せた。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード