129件中 31 - 40件表示
  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たスティーペ・ミオシッチ

    2016年9月10日、UFC 203でUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者スティーペ・ミオシッチに挑戦。序盤にダウンを奪うが徐々に巻き返されパウンドでKO負けを喫し王座獲得に失敗した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアンドレイ・アルロフスキー

    2016年5月8日、UFC Fight Night: Overeem vs. Arlovskiでヘビー級ランキング5位のアンドレイ・アルロフスキーと対戦し、パウンドでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たトッド・ダフィー

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で行なわれたDREAMヘビー級暫定王座決定戦でトッド・ダフィーと対戦し、パンチラッシュでKO勝ちを収め王座獲得に成功した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たベン・エドワーズ

    2010年10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16でベン・エドワーズと対戦。この大会から首相撲からの膝蹴りが完全に禁止となったが、パンチで3度のダウンを奪いKO勝ち。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たヴォルク・アターエフ

    2002年12月23日、PRIDE初参戦となったPRIDE.24でヴォルク・アターエフと対戦し、膝蹴りでKO勝ち。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たクリス・ドールマン

    1980年、ジャマイカ人の父とオランダ人の母の間にイングランド・ハウンズローに生まれる。父母が離婚したため、6歳の頃、母と兄ヴァレンタインと共にオランダのユトレヒト州アメルスフォールトに移住。幼少期から柔道、陸上競技、バスケットボールなどのスポーツを経験し、15歳のとき、兄の紹介で、クリス・ドールマンの下で総合格闘技のトレーニングを開始した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ

    しかし、その後のPRIDEではファブリシオ・ヴェウドゥム、アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ、ヒカルド・アローナ、マウリシオ・ショーグンとブラジル人総合格闘家相手に4連敗。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たピーター・グラハム

    DREAM.6でのミルコ戦の直後にリングに上がったバダ・ハリが「今日は抱き合ったりキスしたりするのしか見ていない。」と総合格闘技そのものを否定するような発言をし、更には観客に「本物の闘いが見たければK-1に来い」と発言したことについてアリスターは「俺はMMAファイターだが、K-1をリスペクトしているのに、なぜ奴にはMMAをリスペクトする気持ちが無いんだ!」と激怒した。その3か月後のDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜にてK-1ルールでハリとの対戦が決定した際、アリスターは自身の公式サイトで「2009年早々にMMAルールで再戦することにも合意した」と発表した(DREAMの笹原圭一、K-1の谷川貞治、ハリ陣営はその契約を否定。)。そして大晦日の対戦ではアリスターがKO勝利を収めた。大会後にアリスターはハリについて「ハリ戦は作戦を立てていてそれが上手くハマった。俺たちはハリを過小評価していたわけじゃないよ。彼はイージーなレベルのファイターじゃない。バダ・ハリは良い選手だと思うよ。俺のように常にKOを狙うファイターだし、それは観客も望んでいるしね。」とハリの実力を認めている一方で、「ただし団体とハリのマネージャーが彼のことをダメにしている。バダ・ハリは最近5試合は毎回のようにダウンしていて、K-1 WORLD GP決勝で3試合も戦ってから3週間しか経っていないのに俺と戦わされたんだから、ハリのマネージャーもバカだったと思うよ。それにバッドボーイのイメージが先行しすぎている。ピーター・グラハムとの乱闘、K-1 WORLD GP 2008 FINALでのレミー・ボンヤスキーへの反則の踏みつけ行為、MMAファイターをバカにした態度。おかげで誰もがさいたまスーパーアリーナで彼がKOされたのを喜んでいた。試合数の多さも問題だしダウンの数も多い」と指摘し、「ハリと彼のマネージャーはMMAルールで再戦する約束を守ろうとしないのも良くない」とコメントしている。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たベン・ロズウェル

    2014年9月5日、UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasiにてベン・ロズウェルと対戦し、1RTKO負けを喫した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たグーカン・サキ

    2010年12月11日、K-1 WORLD GP 2010 FINALで準々決勝のタイロン・スポーン戦で序盤やや苦しんだものの、徐々にペースを掴んでスタンディングダウンを奪い判定勝ち。準決勝のグーカン・サキ戦はオーフレイムの左ミドルキックでサキが右肘を負傷、試合続行不可能となりTKO勝ち。決勝のピーター・アーツでは開始1分でKO勝ちを収め優勝した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード