98件中 41 - 50件表示
  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たステファン・レコ

    K-1 WORLD GP 2008 FINAL決勝戦でのレミー・ボンヤスキーvsバダ・ハリ戦で、レミーが足を掴まれ倒されたところにハリの反則の踏みつけ攻撃を受け、ダメージが回復のためのインターバルが取られたものの、レミーがダブルヴィジョンを訴えて反則勝ちによって優勝した件について、アリスターは「レミーは『フライング・ジェントルマン』って名乗っているみたいだけど、『フライング・アクター』にした方がいい。バダとの決勝戦の演技は、最高だった。彼も、あそこで立ち上がってバダをKOしていれば、真のヒーローだったのにね。写真で判断しても演技としか思えない。反則はいけないことだけど、あの場面で、あの演技はないだろう。過去にもレミーはステファン・レコやボブ・サップと闘った時も、同じような演技をしたよね。疑われても仕方がないよ」と語っており、レミーの戦い方についても「亀のようにガードを固めてローキックをペチンペチンと蹴るレミーのような戦い方は地味で、ファンも盛り上がらないし、アグレッシブじゃないからイライラする。バダがレミーに対して怒りを感じる気持ちも理解できるね」とコメントしている。レミーとの対戦を控えたK-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAの前日会見ではレミーの演技に対する皮肉を込めてオスカー像のレプリカをレミーにプレゼントするパフォーマンスを見せた。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たジェームス・トンプソン

    2009年10月25日、DREAM初のケージ開催となったDREAM.12のメインイベントでジェームス・トンプソンと対戦し、開始33秒フロントチョークで一本勝ち。試合後には「2010年4月にエメリヤーエンコ・ヒョードル選手と対戦したい」とコメントした。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たイ・テヒョン

    2008年6月15日、DREAM初参戦となったDREAM.4でイ・テヒョンと対戦し、開始36秒左膝蹴りでKO勝ち。試合後のリング上でミルコ・クロコップとの対戦を要求した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たチャック・リデル

    2003年8月10日、PRIDE GRANDPRIX 2003 開幕戦のミドル級GP1回戦でチャック・リデルと対戦し、序盤は圧倒していたが、スタミナ切れで逆転KO負け。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアントニオ・シウバ

    2013年2月2日のUFC156ではアントニオ・シウバと対戦。タイトル挑戦権を賭けた戦いで、序盤を優勢に進めるも3Rで逆転KO負けを喫した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たジュニオール・ドス・サントス

    2012年5月26日のUFC 146でジュニオール・ドス・サントスの持つ、UFC世界ヘビー級王座へ挑戦する予定だったが抜き打ちで行われた薬物検査で陽性となり、そのドーピング検査で筋肉・筋力増強・攻撃性や回復力の向上、痛み抑制、神経伝達スピードなどを高めるなどの効果があるステロイドの一種、テストステロンが規定値を大幅に超えた高濃度(常人の10倍以上)検出されたため挑戦権を剥奪された。(※後にアリスターの尿からは常人の14倍のテストステロンが検出されたことがNSACの代表、キース・カイザーの口から語られた。)これに対しアリスター側は医師の確認と了承を得て、「知らずにテストステロンが含まれていた抗炎症薬を注射した」と主張したが、NSACはその医師が曖昧な供述しかしない点や、アリスターが抜き打ち検査会場から逃げ出した点などから、不自然な部分の多いアリスター側の主張を退け、薬物検査日の3月27日にさかのぼり9ヶ月間の出場停止処分を課した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たHERO'S

    2007年9月17日、HERO'Sに初参戦。かつてPRIDEのリングで勝利したセルゲイ・ハリトーノフと再戦したが、TKO負け。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアムステルダム

    アリスター・オーフレイム(Alistair Overeem、男性、1980年5月17日 - )は、オランダの総合格闘家、キックボクサー。イングランド・ハウンズロー出身。アムステルダム在住。ブラックジリアンズ所属。元Strikeforce世界ヘビー級王者、元DREAMヘビー級暫定王者。K-1 WORLD GP 2010王者。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たUFC

    2011年12月30日、UFC初戦となったUFC141でブロック・レスナーと対戦し、1RTKO勝ち。UFC世界ヘビー級王座への挑戦権を獲得した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たドーピング

    2008年頃からの急激で異常な筋肉の発達ぶりから、格闘技ファンからはドーピングを指摘されている。前述のレミー・ボンヤスキー戦の前日会見において、アリスターのパフォーマンスの直後にはレミーから直接「君は筋肉を作るためにずいぶんドラッグを飲んでいるようだが、ここで僕はアンチ・ドーピングを主張させてもらうよ」と挑発された。これに対しアリスターは「オランダはドラッグにリベラルな国なんだ」と笑顔で応じた。また、インタビューでステロイド、ドーピングの使用疑惑について聞かれた時には「俺は2006年頃まで93kg級で戦うために厳しい減量をしていた。2007年からは本格的にヘビー級に転向したことによって減量苦から解放されたし、体重を気にせず筋力トレーニングに励むことが出来るようになったから一気に筋肉が付いただけだ」とコメントしている。また、ヘビー級専念後は一日8食という驚異的な量の食生活をしており、「3時間おきに食事をして、その合間に練習と睡眠をとっていることが俺の肉体の秘訣だ」と語っている。なお、日本の格闘技大会ではアメリカの格闘技大会などと違って団体から独立した中立的なコミッションが存在しないため、ドーピング検査の甘さが指摘されており、アリスターはStrikeforce世界ヘビー級王者でありながら急激に筋肉が発達した2008年以降はアメリカの大会に出場していないため、ドーピング疑惑が深まっていた。2010年5月のStrikeforceで3年ぶりのアメリカでの試合となったが、大会開催地のミズーリ州アスレチック・コミッションは大会出場選手全員に薬物検査を義務付けてはおらず、出場選手の中からランダムで選ばれた選手だけが検査を受け、陽性反応が出た場合にのみ公表することになっているため、疑惑は晴れないまま終わった。また、アリスターはこの試合の1か月前に日本での試合では体重121.3kgだったが、この試合では減量が必要ないヘビー級契約にもかかわらず体重が114.7kgと減っており筋肉も萎んでいたため、検査を回避するためにこの時だけドーピングを止めたという疑惑が上がった。その後、UFC 146の抜き打ち薬物検査にてアリスターの尿サンプルから常人の14倍もの高濃度のテストステロンが検出されてドーピングが発覚した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード