98件中 61 - 70件表示
  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たNSAC

    2012年5月26日のUFC 146でジュニオール・ドス・サントスの持つ、UFC世界ヘビー級王座へ挑戦する予定だったが抜き打ちで行われた薬物検査で陽性となり、そのドーピング検査で筋肉・筋力増強・攻撃性や回復力の向上、痛み抑制、神経伝達スピードなどを高めるなどの効果があるステロイドの一種、テストステロンが規定値を大幅に超えた高濃度(常人の10倍以上)検出されたため挑戦権を剥奪された。(※後にアリスターの尿からは常人の14倍のテストステロンが検出されたことがNSACの代表、キース・カイザーの口から語られた。)これに対しアリスター側は医師の確認と了承を得て、「知らずにテストステロンが含まれていた抗炎症薬を注射した」と主張したが、NSACはその医師が曖昧な供述しかしない点や、アリスターが抜き打ち検査会場から逃げ出した点などから、不自然な部分の多いアリスター側の主張を退け、薬物検査日の3月27日にさかのぼり9ヶ月間の出場停止処分を課した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たイングランド

    アリスター・オーフレイム(Alistair Overeem、男性、1980年5月17日 - )は、オランダの総合格闘家、キックボクサー。イングランド・ハウンズロー出身。アムステルダム在住。ブラックジリアンズ所属。元Strikeforce世界ヘビー級王者、元DREAMヘビー級暫定王者。K-1 WORLD GP 2010王者。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たK-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMA

    2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAのスーパーファイトにて昨年の王者レミー・ボンヤスキーとK-1ルールで対戦。1R、2Rとプレッシャーをかけペースを握るも、3Rにダウンを奪われ判定負け。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアブダビコンバット

    破壊力とスピードを兼ね備えたストライカー。以前は大幅な減量のためにすぐにスタミナ切れを起こし、試合開始直後の数分間は攻撃的であるが、それを過ぎると途端に動きが悪くなることがあったがウェイトアップした現在では大幅に改善されてきている。また勝敗にかかわらず一本・KO決着が多く、長い手足を生かしたパンチと膝蹴りで多くのKOを奪い、得意の打撃を活かしてK-1ルールでも活躍している。リーチは207cm(約81.5インチ)。K-1ルールの試合ではMMAルールの試合と同じように相手を投げ飛ばす反則を犯すことが多くあり、特にピーター・アーツ戦では故意に投げ技を連発したことで一部のファンから批判を浴びた。運営側からは崩しであるとして問題はないとされていたが、業務停止処分中の角田信朗に代わってK-1特別競技統括プロデューサーを務めた石井和義から「アリスターの投げ技は反則」と明言された。また、膝蹴りを得意としているが、K-1ルールでは「首相撲からの膝蹴りは1回まで」と定められているため、エヴェルトン・テイシェイラ戦、ジャバット・ポトラック戦と2大会続けて首相撲に近い状態からの膝蹴りでKO勝ちしたことに対して、「アリスターの反則負けではないか」という抗議を受けている(一度手を離して首相撲をセットし直しているようにも見えるためか結果は覆らなかった)。その後K-1はそういったアリスターやシュルトの体格を生かした膝蹴りの対策としてなのか立ち技格闘技としては異例中の異例ともいえる『首相撲からの膝蹴りが完全に禁止』となったが、それをモノともせずにK-1王者となった。サブミッションの技術にも長けており、特に腕力と体格を活かしたフロントチョークを得意技とする。2005年1月にはアブダビコンバット欧州予選では全試合ギロチンチョークで一本勝ちし、優勝した(2005年5月の世界大会はPRIDE専念を理由に欠場した)。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜

    2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜でバダ・ハリとK-1ルールで対戦し、膝蹴りからの左フックでダウンを奪い、最後は左フックで再度ダウンを奪いKO勝ち。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見た陸上競技

    1980年、ジャマイカ人の父とオランダ人の母の間にイングランド・ハウンズローに生まれる。父母が離婚したため、6歳の頃、母と兄ヴァレンタインと共にオランダのユトレヒト州アメルスフォールトに移住。幼少期から柔道、陸上競技、バスケットボールなどのスポーツを経験し、15歳のとき、兄の紹介で、クリス・ドールマンの下で総合格闘技のトレーニングを開始した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見た柔道

    1980年、ジャマイカ人の父とオランダ人の母の間にイングランド・ハウンズローに生まれる。父母が離婚したため、6歳の頃、母と兄ヴァレンタインと共にオランダのユトレヒト州アメルスフォールトに移住。幼少期から柔道、陸上競技、バスケットボールなどのスポーツを経験し、15歳のとき、兄の紹介で、クリス・ドールマンの下で総合格闘技のトレーニングを開始した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たバスケットボール

    1980年、ジャマイカ人の父とオランダ人の母の間にイングランド・ハウンズローに生まれる。父母が離婚したため、6歳の頃、母と兄ヴァレンタインと共にオランダのユトレヒト州アメルスフォールトに移住。幼少期から柔道、陸上競技、バスケットボールなどのスポーツを経験し、15歳のとき、兄の紹介で、クリス・ドールマンの下で総合格闘技のトレーニングを開始した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たアナボリックステロイド

    2012年5月26日のUFC 146でジュニオール・ドス・サントスの持つ、UFC世界ヘビー級王座へ挑戦する予定だったが抜き打ちで行われた薬物検査で陽性となり、そのドーピング検査で筋肉・筋力増強・攻撃性や回復力の向上、痛み抑制、神経伝達スピードなどを高めるなどの効果があるステロイドの一種、テストステロンが規定値を大幅に超えた高濃度(常人の10倍以上)検出されたため挑戦権を剥奪された。(※後にアリスターの尿からは常人の14倍のテストステロンが検出されたことがNSACの代表、キース・カイザーの口から語られた。)これに対しアリスター側は医師の確認と了承を得て、「知らずにテストステロンが含まれていた抗炎症薬を注射した」と主張したが、NSACはその医師が曖昧な供述しかしない点や、アリスターが抜き打ち検査会場から逃げ出した点などから、不自然な部分の多いアリスター側の主張を退け、薬物検査日の3月27日にさかのぼり9ヶ月間の出場停止処分を課した。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・オーフレイム

    アリスター・オーフレイムから見たテイクダウン

    2006年2月26日、PRIDE.31でセルゲイ・ハリトーノフと対戦し、試合開始直後にテイクダウンを奪取。ここでハリトーノフは受身を取り損ねて肩を脱臼。最後はグラウンドでの膝蹴りの連打でTKO勝利。アリスター・オーフレイム フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「アリスター・オーフレイム」のニューストピックワード