前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
864件中 1 - 10件表示
  • 共依存

    共依存から見たアルコール依存症アルコール依存症

    共依存という概念は、医療に由来するものではなく、看護現場サイドから生まれた。共依存と呼ばれる前は、(アルコール依存症の家族)と呼ばれ、当初は「アルコール依存症患者との関係に束縛された結果、自分の人生を台無しにされてしまっている人々」の特徴を説明するために使われていた。アルコール依存症患者を世話・介護する家族らは、患者自身に依存し、また患者も介護する家族に依存しているような状態が見受けられることが、以前より経験則的にコメディカルらによって語られていたからである。共依存 フレッシュアイペディアより)

  • ダドリー・ムーア

    ダドリー・ムーアから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1970年代の後半に「デレク・アンド・クライヴ」名義でリリースされた3枚のアルバムについては、卑猥な言葉遣いやショッキングかつ思いつき的な内容により、多方面から酷評された。この直後の『Ad Nauseam』においてムーアはクックと決別した。クックが映画の仕事に専念できないほどのアルコール依存症に冒されていたからである。ムーアに後に死に至る原因となった病(進行性核上性麻痺 PSP, progressive supranuclear palsy)の症状が現れ始めたとき、最初は彼にもアル中の疑いが向けられた。ムーアが初期に演じた役のうちの二つは、一つが名ばかりの酔っ払いプレイボーイ、アーサーであり、もう一つは『テン』のそれほどでもない大酒飲みジョージ・ウェバーであった。ダドリー・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • 胎児性アルコール症候群

    胎児性アルコール症候群から見たアルコール依存症アルコール依存症

    発生率は1000出生中0.5人だが、アルコール依存症女性の出生児においては3分の1に確認される。米国の学校児童における有病率は20人に1人であり、その社会的コストは55億ドルとされる。米国国立薬物乱用研究所(NIDA)は、妊娠女性の19%(330万人)が飲酒していると推定している。胎児性アルコール症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜

    ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜から見たアルコール依存症アルコール依存症

    『溺れる人』(おぼれるひと)は、2005年3月1日21:00 - 22:54(JST)に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。視聴率20.3%。主演は篠原涼子。アルコール依存症体験者の記録に基いたドラマ作品。ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル〜溺れる人〜 フレッシュアイペディアより)

  • 寛仁親王

    寛仁親王から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1990年代から、癌、アルコール依存症をはじめとする疾病に悩まされていた。寛仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • 振戦せん妄

    振戦せん妄から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコールが原因となる場合、アルコール依存症の既往歴を有する患者にのみ生じる。ベンゾジアゼピン系が原因の同様の症状の発生は、長期間にわたって摂取されていた場合に限らない。振戦せん妄 フレッシュアイペディアより)

  • アダルトチルドレン

    アダルトチルドレンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    一般には、「親からの虐待」「アルコール依存症の親がいる家庭」「家庭問題を持つ家族の下」で育ち、その体験が成人になっても心理的外傷(トラウマ)として残っている人をいう。破滅的、完璧主義、対人関係が不得意といった特徴があり、成人後も無意識裏に実生活や人間関係の構築に、深刻な影響を及ぼしている。信田さよ子によれば、ACは自己認知の問題であり、診断的に与えられる言葉ではない。アダルトチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • ギャンブル依存症

    ギャンブル依存症から見たアルコール依存症アルコール依存症

    「臨床的に意味のある機能障害または苦痛」という表現は、アルコール使用障害(いわゆるアルコール依存症)、精神刺激薬使用障害(いわゆる薬物依存症)などの「物質関連障害および嗜癖性障害群」では共通に用いられている表現であり、「臨床的に意味のある機能障害または苦痛」があるのかどうかが、「精神障害(Mental Disorder)」をDSM-5で定義するうえで重要な視点となっている。したがって「臨床的に意味のある機能障害または苦痛」を等閑視しアンケート的にこの基準を利用することは望ましくない。ギャンブル依存症 フレッシュアイペディアより)

  • コールドケース 迷宮事件簿

    コールドケース 迷宮事件簿から見たアルコール依存症アルコール依存症

    主人公。フィラデルフィア市警殺人課刑事。第2シーズンから登場した妹クリスティーナが詐欺容疑で捕まったり、母エレンがアルコール依存症であるなど、私生活での苦労が多い。また彼女の父親クーパーは6歳の時に出て行ってしまい、第6シーズンに登場するまで行方が分かっていなかった(父親の写真はあるが、顔が映っていない)。子供のころ『ビロードのうさぎ』という絵本が大好きだった。19歳の時に駆け落ちをしようとし、ノックスビルの教会までバイクで向うが、中には入れず結婚できなかった。猫を2匹飼っており、そのうち1匹(名前はオリビア)は近所の犬に噛まれたことが原因で片目がつぶれている。過去に母親に酒を買いに行かされた際、強盗に襲われた事がトラウマになっている。また、10歳の時に母親にお酒欲しさの為、男に売られた過去を持つ。妹のクリスに元婚約者のパトリックを寝とられ、それ以来クリスとは不仲になるが、一時は仲直りしていた。しかし、クリスが今度はスコッティと付き合い出したのをきっかけに、また不仲に戻る。普段は冷静だが家族関係の事件になると、感情的になる事がある。吹き替えを担当している田中曰く「意外と恋多き女」。彼女を演じているキャスリンは「シーズン3では髪を下ろしたと言う事で、非常に反響が大きかった」と語る(WOWOW放映直前特集内のインタビューより)。第4シーズン最終話、(設定では5月12日)立てこもり事件で犯人に撃たれ重傷を負う。ちょうど母親を亡くした時で落ち込み、スコッティになぐさめられ『ヘイッ』と呼ばれたらすぐにかけつけるという話をしていたのを思い出し、犯人に追い込まれた時にスコッティにだけ分かるよう『ヘイッ』という合図を出す。犯人に撃たれたが、直後にスコッティが犯人を射殺している。コールドケース 迷宮事件簿 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)

    デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1970年代のNBAは薬物汚染が爆発的に広まった時期であり、ある報道では選手の60%がマリファナを吸引していると報じられ、多くのスター選手が薬物やアルコールに手を出していた。当時は薬物に対する抵抗感が低く、また薬物が健康に与える害も殆ど認知されていなかった。田舎育ちのトンプソンはその手の誘惑に対する免疫が無く、スター選手として祭り上げられ、華やかな舞台の裏に広がる世界に染まるまでに、そう時間は掛からなかった。ルーキーイヤーに初めて体験した薬物の誘惑にトンプソンは抗えなくなり、スター選手としてのプレッシャーから解放されるためにも使用頻度は日を追うごとに増していった。薬物・アルコール中毒の影響は次第に選手としてのトンプソンを蝕んでいき、プレイにも身が入らなくなり、練習の遅刻・無断欠席が続くようになった。1978-79シーズンにはオールスターMVPを受賞するなど未だトップレベルで活躍していたが、1979-80シーズンには足首の靭帯損傷でシーズンの大半を欠場。故障という不本意な状況は益々トンプソンを薬物・アルコール依存に走らせ、トンプソンのパフォーマンスは低下の一途を辿った。エースの失墜にナゲッツのチーム成績も下降線を辿り、1979-80シーズンにはついにプレーオフ進出を逃し、トンプソン見たさに会場に足を運んだファンの数も減少していった。1981-82シーズン終了後、ナゲッツはついにトンプソンの放出を決意。殆ど無名の選手ビル・ハンスリークとドラフト1巡指名権との交換で、シアトル・スーパーソニックスにトレードされた。デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
864件中 1 - 10件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード