864件中 91 - 100件表示
  • 霊魂の不滅

    霊魂の不滅から見たアルコール使用障害アルコール依存症

    破滅的な生活を送るアルコール使用障害の中年男、ダヴィッド・ホルム。彼は大晦日に、飲み仲間たちから恐ろしい「幻の馬車」の噂を聞きつける。大晦日の夜に死んだ罪人は、その次の年に死神に付き従って、死者の魂を集める馬車の馭者を一年間務めなければならないというのだ。霊魂の不滅 フレッシュアイペディアより)

  • カイリー・アイルランド

    カイリー・アイルランドから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    ポルノ業界に入る前からドラッグを常用していたという。ありとあらゆるドラッグを試し、細身を保つためにとしばらく覚醒剤を使用しもしたが、主にハマっていたのは酒であった。やがてアルコール使用障害の進行に危機感を持つに至ったことで、2001年の半ば頃から断酒を決行。カイリー・アイルランド フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ポラード

    ジョン・ポラードから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    5月に入って復帰できるほどに回復したが、6月23日に再び調教中の事故で足を骨折し、再び入院生活に逆戻りした。怪我の痛みと騎乗できない鬱憤を晴らすために酒浸りになり、アルコール使用障害に陥ってしまった。ジョン・ポラード フレッシュアイペディアより)

  • テイク・ディス・ワルツ

    テイク・ディス・ワルツから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    フリーライターのマーゴ(ウィリアムズ)は、取材で訪れた地でダニエル(カービー)という青年と出会う。帰りの飛行機からタクシーまで一緒になったダニエルはマーゴの向かいの家に越してきたばかりだという。マーゴは結婚5年になる夫ルー(ローゲン)と一見幸福な結婚生活を送っているが倦怠期気味であり、その満たされぬ気持ちからダニエルに急速に惹かれて行く。一方のダニエルもマーゴに惹かれて行くが、2人はキスすら交わすことなく、プラトニックな関係を続ける。しかし、想いを抑え切れなくなったダニエルはある朝突然引っ越して行ってしまう。それを黙って見送るマーゴの姿を目撃したルーは全てを察する。マーゴに別れを告げられたルーは激しいショックを受けるもののマーゴを優しく送り出す。マーゴはダニエルの後を追い、2人は新居で暮らすようになる。しかし、はじめは激しく愛し合った2人だったが、しばらくしてダニエルとの関係もかつてのルーとの関係のようになり、マーゴは一抹の寂しさを感じるようになる。そんなある日、ルーの姉で親友のジェリーがアルコール使用障害を再発して起こした騒動をきっかけに、マーゴは久しぶりにルーと再会する。仕事は順調だが恋愛はしていないと言うルーにマーゴの心は揺れるが、ルーはマーゴへの未練を残しながらも「終わったこと」とマーゴを見送る。マーゴはかつてダニエルとのデートで乗った遊園地の乗り物に1人で乗る。テイク・ディス・ワルツ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の日本の女性史

    1985年の日本の女性史から見たアルコール使用障害アルコール依存症

    主婦のアルコール使用障害増加が問題となる。1985年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール幻覚症

    アルコール幻覚症から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール幻覚症(アルコールげんかくしょう、Alcoholic hallucinosis)は、アルコール依存症におけるの合併症のひとつである。アルコール誘発性精神病(alcohol-related psychosis)とも。断酒から約12時間から24時間後に生じ、多くの場合、非難や脅迫的な声のような聴覚や視覚を伴う。この症状は振戦せん妄とは明確に異なり、他の身体症状はなく、一定限度の一連の幻覚を伴い急速に生じ消散する。アルコール幻覚症 フレッシュアイペディアより)

  • L7 (バンド)

    L7 (バンド)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    1988年にドラマーのロイがアルコール中毒のため解雇され、アン・アンダーソン (Dr) が加入するも、バンドメンバーと音楽性の方向性が合わずアンは脱退。アンの後任としてディー・プラカスが加入することでバンドメンバーが固定し、バンド活動が軌道に乗り始める。L7 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・スティット

    ソニー・スティットから見たアルコール依存症アルコール依存症

    スティットは、1960年に短期間マイルス・デイヴィスの仲間になったが、デイヴィス・クィンテットとの録音は、1960年のツアーのライブ音源によってしか確かめられない。マンチェスターやパリでのコンサートは商業的に入手可能であり、(ジョン・コルトレーンとの初期のクィンテットを含む)多くのコンサートは、『ライヴ・アット・ストックホルム(Live at Stockholm)』(ドラゴン)としてレコード化されている。これらすべてにおいてウィントン・ケリーやジミー・コブ、ポール・チェンバースが異彩を放っている。しかしながらマイルスは、酒癖の悪さのためにスティットを解雇し、ハンク・モブレーを後任に据えた。ソニー・スティット フレッシュアイペディアより)

  • マネー・アンド・シガレッツ

    マネー・アンド・シガレッツから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    アルバート・キングの演奏で有名な「クロスカット・ソー」等をカバー。自作曲の「ザ・シェープ・ユーアー・イン」は、当時の妻パティのアルコール使用障害を非難した歌詞だが、その一方でパティに捧げたラヴ・ソング「プリティ・ガール」「マン・イン・ラヴ」もある。マネー・アンド・シガレッツ フレッシュアイペディアより)

  • シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス

    シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランスから見たアルコール依存症アルコール依存症

    このアルバムは、コンセプト・アルバムである。収録曲のうち1曲目は、アルコール依存症や死などといった、人生における苦しみを見出すものである(事実、この歌はマイク・ポートノイのアルコール依存症の治療、アルコホーリクス・アノニマスを題材としており、このコンセプトは他のアルバムにも受け継がれている)。シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス フレッシュアイペディアより)

864件中 91 - 100件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード