864件中 11 - 20件表示
  • ナラティブセラピー

    ナラティブセラピーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    20世紀後半に入って、アメリカにおいてベトナム戦争後のASD被害者や、家庭内暴力や性的虐待を受けた被害者のPTSD治療の技法として、またアルコール依存症をはじめとした各種の嗜癖に悩む人々の自助グループのミーティングなどにおいて、さらにポストモダニズムなどを背景とした新しい医学思想の流れを汲みながら家族療法の分野から出ていた概念として、飛躍的に展開と発達を遂げ現在にいたる。ナラティブセラピー フレッシュアイペディアより)

  • アーミ・アーヴィッコ

    アーミ・アーヴィッコから見たアルコール依存症アルコール依存症

    歌手としては、イルッカ・リプサネン(通称「Danny」)とのデュエット、「Armi Ja Danny」としての活動で知られている。しかし、アルコール依存症などに苦しんだのが元で1995年を最後にコンビを解消した。アーミ・アーヴィッコ フレッシュアイペディアより)

  • ビオンカ

    ビオンカから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ビオンカは4人兄弟の2番目の子として、ロングビーチで生まれ育った。早熟な子供で、8歳の時にマスターベーションとオーガズムを経験し、また他の女の子との行為を楽しんだ。父親はアルコール依存症でビオンカを虐待した。ビオンカが12歳の時父親は亡くなった。家庭に君臨した厳格な父親の死後ビオンカの生活は荒れ、セックスとドラッグにのめり込んだ。男性との初体験は14歳の時で、1984年に19歳でポルノ映画界入りするまで、ほぼ1年ごとに恋人を取り替えていた。ビオンカ フレッシュアイペディアより)

  • パスポート・ブルー

    パスポート・ブルーから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    2007年、自由選択制度を利用し東北トップレベルの県立仙台青葉高校に進学。宇宙ロボット研究の権威・東北大学の内村教授の研究所に出入りするようになる。また、同じ高校の"真一"(まいち)こと一文字乙姫(いちもんじ おとひめ)と出会ったことで、小坂との因縁やさやかの死によるトラウマを乗り越える。中国の通信衛星が制御不能となり、あわや国際宇宙ステーションに衝突の危機を回避するのに貢献。当然東北大学に進学するものと思われていたが、まっすぐは遥か世界を見据えアメリカ留学を希望していた。一方の空知は母がアルコール中毒に陥り、家庭の事情からも防衛大学校を志望する。パスポート・ブルー フレッシュアイペディアより)

  • モデスト・ムソルグスキー

    モデスト・ムソルグスキーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    「現実生活」の衝撃は、1865年に母親が没すると、ムソルグスキーにはとりわけ苦痛に思われた。この頃から深刻なアルコール依存症の兆しが見え始める。しかしながら26歳のムソルグスキーは、写実的な歌曲の作曲を始め、1866年に作曲された歌曲『ゴパーク(Gopak)』と『愛しいサーヴィシナ(Darling Savishna)』は翌1867年に、初めて自力で出版された作品となった。1867年は、『禿山の一夜』の初稿が完成された年でもあったが、バラキレフはこれを批判し、指揮することを拒んだため、存命中には上演されなかった。モデスト・ムソルグスキー フレッシュアイペディアより)

  • バクロフェン

    バクロフェンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    バクロフェンはGABA作動薬のひとつ。商品名はリオレサール錠(ノバルティス製造販売)、ギャバロン錠・髄注(第一三共製造販売)。種々の疾患による痙縮に対して用いられる。 近年ではアルコール依存症について研究がなされている。バクロフェン フレッシュアイペディアより)

  • ゲートウェイドラッグ

    ゲートウェイドラッグから見たアルコール依存症アルコール依存症

    エナジードリンクの消費量がアルコール依存症の危険性の増加につながることは立証されてきており、こうした他の薬物における論文などで、エナジードリンクがアルコールのゲートウェイドラッグとなるというように用いられることもある。ゲートウェイドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • きらきらひかる (小説)

    きらきらひかる (小説)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症気味の妻と同性愛者の夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。題名は、詩人入沢康夫の「キラキラヒカル」という詩による(第1詩集『倖せ それとも不倖せ』に収録)。きらきらひかる (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 二日酔い

    二日酔いから見たアルコール依存症アルコール依存症

    睡眠が効果的な対処法である。他にも風呂やサウナに入って汗として有害物質を出してしまうという方法を取る人もいるが、心臓の弱い人には勧められない上に、睡眠と比べて血中アルコールの減少速度は遅いというデータもある(参考:1)。血流が全身に拡散してしまい、肝臓に血液が集まらないためとされる。また、「迎え酒」と称してまた酒を飲み症状を緩和させるということが世界各国で行われていたが、単にアルコールで不快感を麻痺させるだけであり、肉体への負担が大きいため行うべきではない(主にアルコール依存症の罹患者に多い行為である点に留意)。二日酔い フレッシュアイペディアより)

  • アクロン (オハイオ州)

    アクロン (オハイオ州)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    産業面以外でも、アクロンは革新的な出来事が多く起きた街であった。1847年には、今日全米で標準となっているK-12の学年制教育の先駆けとなったアクロン学校法が成立した。南北戦争前夜には、ジョン・ブラウンがアクロンを事業活動の拠点とし、元奴隷であったソジャーナ・トゥルースが奴隷制度廃止と女性の権利を訴える演説をアクロンで行った。全米で初めて、アルコール依存症が疾患として認められ、治療が行われ、アルコホーリクス・アノニマスが発祥したのもアクロンであった。アクロン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

864件中 11 - 20件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード