582件中 11 - 20件表示
  • ハンク・ウィリアムズ

    ハンク・ウィリアムズから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ウィリアムズは、ラジオ番組が成功したことで、音楽で身を立てる準備ができた。受け取っていた給料は、ザ・ドリフティング・カウボーイズと名付けた自前のバンドを始めるのに十分な金額であった。最初のメンバーは、ギターのブラックストン・シューファート(Braxton Schuffert)、フィドルのフレディ・ビーチ(Freddie Beach)、お笑い担当のスミス・"ヘジー"・アデア(Smith "Hezzy" Adair)であった。ジェームズ・E・ポーター(James E. Porter)、通称ジミー・ポーター(Jimmy Porter)は、ウィリアムズのバックでスティール・ギターを弾き始めたときには13歳で、最も年少のメンバーだった。アーサー・ホワイティング(Arthor Whiting)も、ザ・ドリフティング・カウボーイズのギターを担当していた。バンドを組んだウィリアムズは、アラバマ州の中部から南部にかけて、各地のクラブや私的なパーティーなどでの演奏旅行を行なった。1939年10月に、ウィリアムズは学校から退学し、ザ・ドリフティング・カウボーイズはフルタイムで働けるようになった。その後、フィドルのジェームズ・エリス・ガーナー(James Ellis Garne)がバンドに参加した。母リリー・ウィリアムズはバンドのマネージャーとなり、スケジュールの管理や、出演料の交渉を行い、公演会場まで送迎する車の運転をすることもあった。それまで優先されていたウィリアムの通学という制約が無くなったことで、バンドはジョージア州西部や、フロリダ州西部(いわゆる Florida Panhandle)にまで、足を伸ばすようになった。そうした中でも、ウィリアムズは週中の平日にはモンゴメリーへ戻り、ラジオ番組の放送を続けた。1941年にアメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦すると、ウィリアムズにとっては苦難の時代が始まった。バンドのメンバーは全員が徴兵され、その代わりに入ったメンバーは、悪化するウィリアムズのアルコール依存を嫌って、バンドに留まることを断った。ウィリアムズは、酔った状態でラジオ番組に出演するようになり、1942年8月にはWSFAに「飲酒癖」を理由に解雇されてしまった。その後、戦時中のウィリアムズは、アラバマ州モービルの造船会社で働いていた。アラバマ州にいたとき、ウィリアムズは、『グランド・オール・オプリ』のスターで、憧れの的だったロイ・エイカフ(Roy Acuff)に初めて会った。後に、エイカフは、アルコールの危険をウィリアムズに警告して、「君は百万ドルの声をもっているが、10セントの脳しか持ち合わせていない」と言ったという。ハンク・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • きらきらひかる (江國香織)

    きらきらひかる (江國香織)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    『きらきらひかる』は、江國香織の小説。また、それを原作とした1992年公開の日本映画。アルコール依存症気味の妻と同性愛者の夫、そして夫の恋人とをめぐる3人の奇妙な三角関係を描く。題名は、詩人入沢康夫の「キラキラヒカル」という詩による(第1詩集『倖せ それとも不倖せ』に収録)。きらきらひかる (江國香織) フレッシュアイペディアより)

  • ビオンカ

    ビオンカから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ビオンカは4人兄弟の2番目の子として、ロングビーチで生まれ育った。早熟な子供で、8歳の時にマスターベーションとオーガズムを経験し、また他の女の子との行為を楽しんだ。父親はアルコール依存症でビオンカを虐待した。ビオンカが12歳の時父親は亡くなった。家庭に君臨した厳格な父親の死後ビオンカの生活は荒れ、セックスとドラッグにのめり込んだ。男性との初体験は14歳の時で、1984年に19歳でポルノ映画界入りするまで、ほぼ1年ごとに恋人を取り替えていた。ビオンカ フレッシュアイペディアより)

  • アーミ・アーヴィッコ

    アーミ・アーヴィッコから見たアルコール依存症アルコール依存症

    歌手としては、イルッカ・リプサネン(通称「Danny」)とのデュエット、「Armi Ja Danny」としての活動で知られている。しかし、アルコール依存症などに苦しんだのが元で1995年を最後にコンビを解消した。アーミ・アーヴィッコ フレッシュアイペディアより)

  • リンジー・ローハン

    リンジー・ローハンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    喫煙・飲酒がやめられないらしく、禁酒するためにセラピーを受けたりしている。また、ヴァニティ・フェア紙のインタビューで、取材時には「昔はドラッグをやめられなかった」と言ったものの、後日一転して本人は否定。ヴァニティ・フェア紙側は「インタビューを録音したカセットもある」と言っているが真相は不明である。2007年5月にアルコール依存症を克服するため、ブリトニー・スピアーズが入所していたリハビリ施設に入所した。同年7月に退所。リンジー・ローハン フレッシュアイペディアより)

  • パスポート・ブルー

    パスポート・ブルーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    2007年、自由選択制度を利用し東北トップレベルの県立仙台青葉高校に進学。宇宙ロボット研究の権威・東北大学の内村教授の研究所に出入りするようになる。また、同じ高校の"真一"(まいち)こと一文字乙姫(いちもんじ おとひめ)と出会ったことで、小坂との因縁やさやかの死によるトラウマを乗り越える。中国の通信衛星が制御不能となり、あわや国際宇宙ステーションに衝突の危機を回避するのに貢献。当然東北大学に進学するものと思われていたが、まっすぐは遥か世界を見据えアメリカ留学を希望していた。一方の空知は母がアルコール中毒に陥り、家庭の事情からも防衛大学校を志望する。パスポート・ブルー フレッシュアイペディアより)

  • 岡八朗

    岡八朗から見たアルコール依存症アルコール依存症

    しかし舞台上での立ち振る舞いとは逆に、実は極度のあがり症で、出番前の極度の緊張を紛らわすために多量の飲酒することが多くなり、また私生活でも「一にも二にも三にも健康法は酒です」と本人が語る程の酒好きであった。結果的にこれが祟り、長年アルコール依存症を患うこととなった。またアルコール依存症の他にも私生活でのトラブルも多く、30歳で結核を患い、1993年(平成5年)には胃癌、1995年(平成7年)には急性膵炎、1996年(平成8年)には自宅で転倒し脳挫傷に、さらに妻の自殺、長男(アルコール依存症だった)の急死と不幸が続いた。アルコール依存症克服後も娘の市岡裕子に会いに渡米した帰りの機内で飲酒し、これを知った市岡裕子に絶縁を宣言されたこともあった。また脳挫傷の後遺症は記憶障害という喜劇役者としては致命的なダメージを背負うことになり、台詞が覚えられず、以後事実上の引退状態になってしまった。とはいえ岡の舞台に立ちたいという本人の意志は強く、2002年(平成14年)12月18日に芸能生活45周年記念リサイタル「岡八我王(ガオー)伝説」をなんばグランド花月で行った。この公演では弟子のオール阪神・巨人の巨人らとの新喜劇、帰国した市岡裕子との父娘漫才を披露した。岡八朗 フレッシュアイペディアより)

  • 胎児性アルコール症候群

    胎児性アルコール症候群から見たアルコール依存症アルコール依存症

    飲酒による3つの特徴的な兆候を有する胎児の報告は1960年代末からなされ始め、欧米では1970年代以降、アルコールが与える胎児の障害への影響についての研究が進んできた。アルコール依存症の妊婦からは、約4割に胎児性アルコール症候群の子供が生まれる。1981年にアメリカでは、妊娠中およびその可能性のある女性はアルコール飲料を摂らないよう公衆衛生局長官の勧告が出され、法律で全てのアルコール飲料に危険性の警告表示が義務付けられるとともに、多くの州で条例により酒販店や飲食店での店内表示を定めてきた。胎児性アルコール症候群 フレッシュアイペディアより)

  • グラハム・ボネット

    グラハム・ボネットから見たアルコール依存症アルコール依存症

    歌詞を覚えるのが苦手でレインボー時代からステージに歌詞カードを置くことが多いが、これは長年のアルコール依存症で脳が悪影響を受け、記憶力に問題があるためだと自身で述べている。アルカトラスの「Too Young To Die, Too Drunk To Live」はアルコール・ドラッグについて綴った歌詞であり、「Will You Be Home Tonight」は米国で飲酒運転撲滅キャンペーンにも使われた。また、インペリテリの『Stand In Line』に収録されている「Secret Lover」も酒のことを比喩的に綴った歌詞である。グラハム・ボネット フレッシュアイペディアより)

  • 大熊一夫

    大熊一夫から見たアルコール依存症アルコール依存症

    大熊 一夫(おおくま かずお(1937年-))は日本の新聞・雑誌記者、ジャーナリスト。1970年、アルコール依存症を装って精神科病院に潜入入院し、『ルポ精神病棟』を朝日新聞社会面に連載。現在、精神科病院廃絶に向け活動を行っている。妻は元朝日新聞社論説委員の大熊由紀子。大熊一夫 フレッシュアイペディアより)

582件中 11 - 20件表示