864件中 21 - 30件表示
  • ワンネスグループ

    ワンネスグループから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ギャンブル依存症、アルコール依存症などの依存症回復支援施設。ワンネスグループ フレッシュアイペディアより)

  • 関ジャニ戦隊∞レンジャー

    関ジャニ戦隊∞レンジャーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    レッド。酔拳を巧みに操るエイトレンジャー1の武闘派だが、アルコール依存症。酒の飲み過ぎで借金を背負う。酒が切れると、震えが止まらず怖がりになる。新人のブラックをフォローする優しい性格。根は真面目。八萬市にある居酒屋「泣泣」によく通いつめている。関ジャニ戦隊∞レンジャー フレッシュアイペディアより)

  • グラハム・ボネット

    グラハム・ボネットから見たアルコール依存症アルコール依存症

    歌詞を覚えるのが苦手でレインボー時代からステージに歌詞カードを置くことが多いが、これは長年のアルコール依存症で脳が悪影響を受け、記憶力に問題があるためだと自身で述べている。アルカトラスの「Too Young To Die, Too Drunk To Live」はアルコール・ドラッグについて綴った歌詞であり、「Will You Be Home Tonight」は米国で飲酒運転撲滅キャンペーンにも使われた。また、インペリテリの『Stand In Line』に収録されている「Secret Lover」も酒のことを比喩的に綴った歌詞である。グラハム・ボネット フレッシュアイペディアより)

  • 毎日かあさん

    毎日かあさんから見たアルコール依存症アルコール依存症

    原作・実写映画版:アルコール依存症の悪化によって理恵子と離婚。数年間入退院を繰り返した後(その間も子供の行事を見学にきたり母子が見舞いに行ったりしていた)閉鎖病棟に入院し、依存症の克服に成功し西原家に帰ってきたが、娘の保育園卒業と同時期に癌により他界した。没後は遺影や生前の回想が描かれている。毎日かあさん フレッシュアイペディアより)

  • 大熊一夫

    大熊一夫から見たアルコール依存症アルコール依存症

    大熊 一夫(おおくま かずお、1937年 - )は日本の新聞・雑誌記者、ジャーナリスト。1970年、アルコール依存症を装って精神科病院に潜入入院し、『ルポ精神病棟』を朝日新聞社会面に連載。現在、精神科病院廃絶に向け活動を行っている。大熊一夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・バイデン

    ジョー・バイデンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    幼少期から吃音に苦しみ、その克服に20代前半まで要した。鏡の前で詩の朗読を続けていた。また、近親者がアルコール中毒で苦しんでいたことから禁酒家となった。ジョー・バイデン フレッシュアイペディアより)

  • 岡八朗

    岡八朗から見たアルコール依存症アルコール依存症

    しかし舞台上での立ち振る舞いとは逆に、実は極度のあがり症で、出番前の極度の緊張を紛らわすために多量の飲酒することが多くなり、私生活でも「一にも二にも三にも健康法は酒です」と本人が語る程の酒好きであった。結果的にこれが祟り、長年アルコール依存症を患うこととなった。またアルコール依存症の他にも私生活でのトラブルも多く、30歳で結核を患い、1993年(平成5年)には胃癌、1995年(平成7年)には急性膵炎、1996年(平成8年)には自宅で転倒し脳挫傷に、さらに妻の自殺、長男(もアルコール依存症だった)の急死と不幸が続いた。アルコール依存症克服後も娘の裕子に会いに渡米した帰りの機内で飲酒し、これを知った裕子に絶縁を宣言されたこともあった。岡八朗 フレッシュアイペディアより)

  • テロリストのパラソル

    テロリストのパラソルから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アル中のバーテンダー・島村は、20年前のある事件がきっかけで、名前を変え、過去を隠して生活していた。テロリストのパラソル フレッシュアイペディアより)

  • ユーライア・ヒープ

    ユーライア・ヒープから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ(HIGH AND MIGHTY)』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ヴォーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはUKの活動専念のためにグループを脱退している。ユーライア・ヒープ フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見たアルコール依存症アルコール依存症

    その後も世界の紛争地帯を取材し続け、目の前で人が死んで行く様、自分にも向けられる銃口、必死に銃を持つ子供たちなど、数えきれない現実の場面を目の当たりにし、極限のストレスから重度のアルコール依存症となる。アルコール断ちのため仏門に入り僧侶となる(ミャンマーのビザが取得しやすくなるとの理由もあった)。出家名はタイ語で"聡明なる者"を意味する「ピーニャソーダ」。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

864件中 21 - 30件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード