582件中 21 - 30件表示
  • 寛仁親王

    寛仁親王から見たアルコール依存症アルコール依存症

    2006年(平成18年)9月16日には洗顔中に転倒し顎を骨折した。またアルコール依存症により入退院を繰り返していた(2010年(平成22年)1月8日、5度目の入院)。入院してからも入院先の病院から公務に出席しており、いわゆる「ふてくされて出てこないのか」発言など行動力と鋭い舌鋒の健在ぶりを見せていた。寛仁親王 フレッシュアイペディアより)

  • ふたりは友達? ウィル&グレイス

    ふたりは友達? ウィル&グレイスから見たアルコール依存症アルコール依存症

    グレイスの助手。大金持ちで、給料の小切手を貰っていても現金化しない事を暗黙の了解としている。パソコン・ファックスなど機械類は物凄く苦手なため、仕事は全然しない。また毒舌で、毎朝仕事場に来るとグレイスのファッションをけなし、その事を生き甲斐としている。社交界では顔がかなり広く、グレイスに大口の顧客を紹介し、結果的にグレイスを助けることもある。かなりのファション通、ナイスボディで甲高い声の女性。グレイスに「仕事中に連邦法に違反するのはもう終わったかしら?」と皮肉を言われるほど、ある種の「薬」の大ファンであり、常に服用している。また、アルコール依存症に近い事をウィルにもネタにされている。母親が根無し草で詐欺に近い行動を生業としていた為、長い間絶縁状態にあったが後に和解。その割には、自分もお金目当てでスタンリー・ウォーカーと結婚した。お金目当ての結婚と言い張っていたものの、夫スタンを心の底では愛していた。スタンが心筋梗塞を起こした時も影では相当な心配をしており、スタンが亡くなった時も深く傷ついていた。育った生活環境ゆえに大学を中退し、あまり知識がなさそうに見える反面、普段は披露する事はないが、実はビジネスに関して知識が豊富で物凄く詳しく、グレイスの事業拡大を冷静に専門知識を駆使して分析し反対した事もあった。いつもグレイスを何かとけなしているが、実は彼女を尊敬している。素直ではない為「お金持ちで暇をもてあましている私が暇を潰す所なんていくらでもあるのに、なぜ私がグレイスの事務所にいるのかわかる?」と吐露している場面もある。メイドのロザリオとはいつも口喧嘩をしているが、切っても切れない親友を越えた仲。ヒスパニックであるロザリオに対しタブー視された人種主義的な発言を歯に衣を着せず言う事ができるキャラクターはカレンのキャラクターならではの特権と言っていい。なお、ストレートの女性という設定ではあるものの、バイセクシュアル的な行動を見せることもある。ふたりは友達? ウィル&グレイス フレッシュアイペディアより)

  • 二日酔い

    二日酔いから見たアルコール依存症アルコール依存症

    睡眠が効果的な対処法である。他にも風呂やサウナに入って汗として有害物質を出してしまうという方法を取る人もいるが、心臓の弱い人には勧められない上に、睡眠と比べて血中アルコールの減少速度は遅いというデータもある(参考:1)。血流が全身に拡散してしまい、肝臓に血液が集まらないためとされる。また、「迎え酒」と称してまた酒を飲み症状を緩和させるということが世界各国で行われていたが、単にアルコールで不快感を麻痺させるだけであり、肉体への負担が大きいため行うべきではない(主にアルコール依存症の罹患者に多い行為である点に留意)。二日酔い フレッシュアイペディアより)

  • 複雑性PTSD

    複雑性PTSDから見たアルコール依存アルコール依存症

    PTSDに属さなければトラウマでないと誤解されがちであるが、実際には欝、不安、パニック、解離、嗜癖、自傷行為、摂食障害などはよく起こるもので、現在のPTSD概念はそれらの症状に対し、複数の病名を付けることを医師に余儀なくさせている。免疫力の低下が起こり、身体疾患に罹患しやすくなることもある。また、トラウマが固定化しパーソナリティ障害の形をとることもある。また、アルコール依存や薬物依存もPTSDの過覚醒状態における自己投薬とも言われ、ヒステリーや身体化障害、疼痛や不定愁訴などの症状も認められる。複雑性PTSD フレッシュアイペディアより)

  • ギャンブル依存症

    ギャンブル依存症から見たアルコール依存症アルコール依存症

    ギャンブル依存症は精神疾患であるが、精神疾患の中には発症に遺伝的要素が関与するものがある。ギャンブル依存者の血縁関係をみると、ギャンブル好きや大酒飲みが存在することが多く、ギャンブル依存者の親の20%から30%、兄弟姉妹の14%がギャンブル依存症もしくはその予備軍であるという調査結果が存在する。さらに考察を依存症全般に広げた場合、親の40%から50%、兄弟姉妹の36%がアルコール依存症または薬物依存症であるという調査結果も存在する。ただし親子ともにギャンブル依存症であるとしても、遺伝的以外の要因、たとえば幼少期にしばしば親に連れられて競馬場やパチンコ店といったギャンブル場に足を踏み入れたためギャンブル場の敷居が低くなったというように家庭環境が関与している可能性も考えられる。また、ギャンブル依存症の場合発症に遺伝的要因が関係しているとしてもひとつの遺伝子によって発症が決定されるということはなく、複数の遺伝子が作用していると考えられている。なお、ギャンブル依存が持つ強迫性に着目し、ギャンブル依存症を強迫的ギャンブル(賭博)と呼ぶことがあるが、強迫性障害を併発しているギャンブル依存者の親または子がギャンブル依存者である確率と、強迫性障害を併発していないギャンブル依存者の親または子がギャンブル依存者である確率との間に差はみられない。そのことからギャンブル依存症と強迫性との関連性は希薄であり、強迫性に着目した強迫的ギャンブル(賭博)という呼称は適切でないという意見もある。ギャンブル依存症 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症または過度のアルコール消費は、大幅に大うつ病の発症リスクを増加させるうつ病 フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たアルコール依存症アルコール依存症

    また一方、たとえばアルコール依存症の人――病的に飲酒が止められない人――が、一度の飲酒が見つかり施設から放逐されたという事例もあるように、粘り強く親身な取り組みが欠けている、または福祉担当職員数や資金の不足によりそれを余儀なくされている現状がある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

  • 秘密 ―トップ・シークレット―

    秘密 ―トップ・シークレット―から見たアルコール依存症アルコール依存症

    『2008』に登場。35歳。三好雪子の大学時代からの親友。結婚の報告で雪子を訪ねて警視庁に来ていたところ、たまたま通りかかった初対面の薪にDV(ドメスティックバイオレンス)の被害者であることを見抜かれる。本名は堀江葵で、尚は兄。25年前、10歳のときに虐待に耐えかねて、父親の太一を刺殺。死体を兄の尚が遺棄したことで、失踪扱いとなっていた。しかし「信昭ちゃん誘拐事件」の捜査で屍蝋化した太一の遺体が発見され、事件が発覚する。婚約者の早瀬昭二は父と同じアルコール依存症で、早瀬からDV被害を受けていた。早瀬を殺害しようとするが、葵を守ろうとする尚により、未遂に終わる。だが尚は、葵に代わって早瀬を殺害しようとして、逆に刺殺される。秘密 ―トップ・シークレット― フレッシュアイペディアより)

  • 共依存

    共依存から見たアルコール依存症アルコール依存症

    共依存という言葉は、学術的用語でなく、明確な定義はない。当初の定義としては、アルコール依存症患者を世話・介護する家族が、患者自身に依存し、また患者も介護する家族に依存しているような状態が見受けられることから見出された。これはアルコール依存症だけではなく、ドメスティックバイオレンス(DV)や虐待などにも見られる現象であると言われている。共依存 フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ジョン

    エルトン・ジョンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1970年代前半に、人気は全盛期を迎えた。1972年の『ホンキー・シャトー』以降、『ピアニストを撃つな!』(1973年)、『黄昏のレンガ路』(1973年)、『カリブ』(1974年)、『グレイテスト・ヒッツ』(1974年)、『キャプテン・ファンタスティック』(1975年)、『ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ』(1975年)が7作連続全米首位を記録し、1975年には『キャプテン・ファンタスティック』で全米ビルボードのアルバムチャート史上初の初登場1位を記録するなど、この時期に彼は数多くの快挙を成し遂げている。活動休止期間を経て、トーピンと一時期決別してからは不遇の時代が続いたが、一方で1986年にはディオンヌ・ワーウィックらとのデュエット曲「愛のハーモニー」で初のグラミー賞を受賞している。1980年代後半から1990年代前半にかけては、喉の病気やアルコール、薬物依存症などに苦しみながらも、音楽活動と並行してチャリティーにも精力的に取り組むようになる。1990年代前半からは復調し、映画『ライオン・キング』のサントラなど数多くの仕事で成功した。1997年には、旧作の詩の一部を差し替え、事故死したダイアナ妃に捧げたシングル「キャンドル・イン・ザ・ウィンド 1997/ユー・ルック・トゥナイト」が、全世界で3,700万枚以上を売り上げるシングル史上最大のヒット曲となる。この記録は、2012年現在も破られていない。1998年2月24日には長年の功績を称えられ、ポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲された。エルトン・ジョン フレッシュアイペディアより)

582件中 21 - 30件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード