582件中 31 - 40件表示
  • モデスト・ムソルグスキー

    モデスト・ムソルグスキーから見たアルコール依存症アルコール依存症

    「現実生活」の衝撃は、1865年に母親が没すると、ムソルグスキーにはとりわけ苦痛に思われた。この頃から深刻なアルコール依存症の兆しが見え始める。しかしながら26歳のムソルグスキーは、写実的な歌曲の作曲を始め、1866年に作曲された歌曲『ゴパーク(Gopak)』と『愛しいサーヴィシナ(Darling Savishna)』は翌1867年に、初めて自力で出版された作品となった。1867年は、『禿山の一夜』の初稿が完成された年でもあったが、バラキレフはこれを批判し、指揮することを拒んだため、存命中には上演されなかった。モデスト・ムソルグスキー フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・オールドマン

    ゲイリー・オールドマンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アイルランド生まれの母親と、溶接工の父親との間に生まれた。父親はアルコール依存症で、ゲイリーが7歳の時に家族を捨ててしまう。子供のころから歌やピアノの才能を発揮していたが、後に演技の道を進むようになる。ゲイリー・オールドマン フレッシュアイペディアより)

  • CSI:マイアミ

    CSI:マイアミから見たアルコール依存症アルコール依存症

    元保安官代理(現在は公選弁護人)の父親から銃の扱い方を教わる。親子仲は良いが、アルコール依存症の抜けない父にたびたび悩まされている。父に呼ばれる愛称はラムチョップ。CSI:マイアミ フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ・スター

    リンゴ・スターから見たアルコール依存症アルコール依存症

    本業では、1980年代に2枚のオリジナルアルバムをリリースするが、シングル・カットされて全米トップ40ヒットとなった「ラック・マイ・ブレイン」以外は全て失敗に終わっている。ジョー・ウォルシュをプロデューサーに迎えて制作された1983年発表の『オールド・ウェイブ』に至っては、本国やアメリカではリリースさえされなかった。1980年代の彼は私生活でもとても退廃的な体たらくだったようで、ポール・マッカートニーやジョージ・ハリスンのアルバムや、チャリティ・コンサートなどでドラムを叩く活動が中心だった。1980年代後半はアルコール依存症にも悩まされていた。リンゴ・スター フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    彼の生まれ故郷は騒々しく暴力的で、治安の悪い地域であった。父ヴィサリオンは地元でも評判の職人だったがアルコール依存症を患い、しばしば妻や子供に暴力を振るった。家計は次第に傾いていき、幼少期だけで9回も転居を繰り返した。7歳の時には天然痘に罹患する不幸にも遭い、助かったものの皮膚に目立つ痘痕を残した。また12歳の時までに2度に亘って馬車に撥ねられて大怪我を負い、後遺症で左腕の機能に障害を抱える事になった。ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

  • トム・ゴドウィン

    トム・ゴドウィンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    脊柱後弯(せきちゅうこうわん、kyphosis)の持病があり、後年はアルコール依存症にも悩まされた。トム・ゴドウィン フレッシュアイペディアより)

  • ゆくところ

    ゆくところから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症の父親と神経症の母親を持つ高校生の青年・小泉(こいずみ)は、家を出て一人暮らしをしながら刹那的で享楽的な毎日を過ごしていた。ゆくところ フレッシュアイペディアより)

  • アルコール依存

    アルコール依存から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存 フレッシュアイペディアより)

  • 慢性アルコール中毒

    慢性アルコール中毒から見たアルコール依存症アルコール依存症

    慢性アルコール中毒 フレッシュアイペディアより)

  • アル中

    アル中から見たアルコール依存症アルコール依存症

    アル中 フレッシュアイペディアより)

582件中 31 - 40件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード