864件中 31 - 40件表示
  • ハンク・ウィリアムズ

    ハンク・ウィリアムズから見たアルコール依存症アルコール依存症

    ウィリアムズは、ラジオ番組が成功したことで、音楽で身を立てる準備ができた。受け取っていた給料は、ザ・ドリフティング・カウボーイズと名付けた自前のバンドを始めるのに十分な金額であった。最初のメンバーは、ギターのブラックストン・シューファート(Braxton Schuffert)、フィドルのフレディ・ビーチ(Freddie Beach)、お笑い担当のスミス・"ヘジー"・アデア(Smith "Hezzy" Adair)であった。ジェームズ・E・ポーター(James E. Porter)、通称ジミー・ポーター(Jimmy Porter)は、ウィリアムズのバックでスティール・ギターを弾き始めたときには13歳で、最も年少のメンバーだった。アーサー・ホワイティング(Arthor Whiting)も、ザ・ドリフティング・カウボーイズのギターを担当していた。バンドを組んだウィリアムズは、アラバマ州の中部から南部にかけて、各地のクラブや私的なパーティーなどでの演奏旅行を行なった。1939年10月に、ウィリアムズは学校から退学し、ザ・ドリフティング・カウボーイズはフルタイムで働けるようになった。その後、フィドルのジェームズ・エリス・ガーナー(James Ellis Garne)がバンドに参加した。母リリー・ウィリアムズはバンドのマネージャーとなり、スケジュールの管理や、出演料の交渉を行い、公演会場まで送迎する車の運転をすることもあった。それまで優先されていたウィリアムの通学という制約が無くなったことで、バンドはジョージア州西部や、フロリダ州西部(いわゆる Florida Panhandle)にまで、足を伸ばすようになった。そうした中でも、ウィリアムズは週中の平日にはモンゴメリーへ戻り、ラジオ番組の放送を続けた。1941年にアメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦すると、ウィリアムズにとっては苦難の時代が始まった。バンドのメンバーは全員が徴兵され、その代わりに入ったメンバーは、悪化するウィリアムズのアルコール依存を嫌って、バンドに留まることを断った。ウィリアムズは、酔った状態でラジオ番組に出演するようになり、1942年8月にはWSFAに「飲酒癖」を理由に解雇されてしまった。その後、戦時中のウィリアムズは、アラバマ州モービルの造船会社で働いていた。アラバマ州にいたとき、ウィリアムズは、『グランド・オール・オプリ』のスターで、憧れの的だったロイ・エイカフ(Roy Acuff)に初めて会った。後に、エイカフは、アルコールの危険をウィリアムズに警告して、「君は百万ドルの声をもっているが、10セントの脳しか持ち合わせていない」と言ったという。ハンク・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • 複雑性PTSD

    複雑性PTSDから見たアルコール依存アルコール依存症

    PTSDに属さなければトラウマでないと誤解されがちであるが、実際には欝、不安、パニック、解離、嗜癖、自傷行為、摂食障害などはよく起こるもので、現在のPTSD概念はそれらの症状に対し、複数の病名を付けることを医師に余儀なくさせている。免疫力の低下が起こり、身体疾患に罹患しやすくなることもある。また、トラウマが固定化しパーソナリティ障害の形をとることもある。また、アルコール依存や薬物依存もPTSDの過覚醒状態における自己投薬とも言われ、ヒステリーや身体化障害、疼痛や不定愁訴などの症状も認められる。複雑性PTSD フレッシュアイペディアより)

  • 廃人

    廃人から見たアルコール依存症アルコール依存症

    廃人と一般に呼ばれる場合、その多くは健常者と比較して、著しく社会性が損なわれている場合を指す。特に差別的要素が強いため、薬物中毒(アルコール依存症を含む)により精神が破壊ないし活動が阻害されていたり、正常な社会活動が困難な状態を指す場合に使用される。廃人 フレッシュアイペディアより)

  • 吾妻ひでお

    吾妻ひでおから見たアルコール依存症アルコール依存症

    吾妻 ひでお(あづま ひでお、1950年(昭和25年)2月6日 - )は、日本の男性漫画家、同人作家。『ふたりと5人』、『不条理日記』、『ななこSOS』などで知られ、自らの失踪経験やアルコール依存症治療体験に基づく『失踪日記』は話題を呼んだ。同作は日本漫画家協会賞大賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞などを受賞した。吾妻ひでお フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・デイヴィス (俳優)

    ブラッド・デイヴィス (俳優)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    Robert Creel Davisとしてフロリダ州タラハシーに生まれた。歯科医であった父Eugene Davisはアルコール中毒のために身を落としていた。母は女優のAnne Creelで、彼の兄弟であるジーン・デイヴィス(en)も俳優になった。1987年に掲載されたニューヨーク・タイムズの記事によると、デイヴィスは両親から身体的虐待および性的虐待を受けていた。成人後はアルコール依存になった上に薬物を静脈注射するようになり、この状態は1981年にやめるまで続いた。ブラッド・デイヴィス (俳優) フレッシュアイペディアより)

  • エルトン・ジョン

    エルトン・ジョンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1970年代前半に、人気は全盛期を迎えた。1972年の『ホンキー・シャトー』以降、『ピアニストを撃つな!』(1973年)、『黄昏のレンガ路』(1973年)、『カリブ』(1974年)、『グレイテスト・ヒッツ』(1974年)、『キャプテン・ファンタスティック』(1975年)、『ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ』(1975年)が7作連続全米首位を記録し、1975年には『キャプテン・ファンタスティック』で全米ビルボードのアルバムチャート史上初の初登場1位を記録するなど、この時期に彼は数多くの快挙を成し遂げている。当時、若手アーティストとしてギルバート・オサリバンをライバルとして認めた。活動休止期間を経て、トーピンと一時期決別してからは不遇の時代が続いたが、一方で1986年にはディオンヌ・ワーウィックらとのデュエット曲「愛のハーモニー」で初のグラミー賞を受賞している。1980年代後半から1990年代前半にかけては、喉の病気やアルコール、薬物依存症などに苦しみながらも、音楽活動と並行してチャリティーにも精力的に取り組むようになる。1990年代前半からは復調し、映画『ライオン・キング』のサントラなど数多くの仕事で成功した。1997年には、旧作の詩の一部を差し替え、事故死したダイアナ妃に捧げたシングル「キャンドル・イン・ザ・ウィンド 1997/ユー・ルック・トゥナイト」が、全世界で3,700万枚以上を売り上げるシングル史上最大のヒット曲となる。この記録は、2015年現在も破られていない。1998年2月24日には長年の功績を称えられ、ポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲された。エルトン・ジョン フレッシュアイペディアより)

  • 性依存症

    性依存症から見たアルコール依存アルコール依存症

    性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年にクリントン大統領の不倫スキャンダルが性依存症に起因したものであるという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。近年ではアルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存(賭博依存)と並び代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。性依存症 フレッシュアイペディアより)

  • 薬物依存症

    薬物依存症から見たアルコール依存症アルコール依存症

    強迫性障害に伴う気分変調を紛らわすという目的で薬物に依存し、アルコール依存症などに陥る場合もある。ニコチン依存症は喫煙のように、依存者自身やその周囲にいる他者へ受動喫煙として悪影響を与えることで、生活習慣病や重大な死因、気管支の疾患や胎児へ影響し、健康に対する影響が社会的に甚大となる薬物もある。薬物依存症 フレッシュアイペディアより)

  • ふたりは友達? ウィル&グレイス

    ふたりは友達? ウィル&グレイスから見たアルコール依存症アルコール依存症

    グレイスの助手。大金持ちで、給料の小切手を貰っていても現金化しないことを暗黙の了解としている。パソコン・ファックスなど機械類は物凄く苦手なため、仕事は全然しない。また毒舌で、毎朝仕事場に来るとグレイスのファッションをけなし、そのことを生き甲斐としている。社交界では顔がかなり広く、グレイスに大口の顧客を紹介し、結果的にグレイスを助けることもある。かなりのファション通、ナイスボディで甲高い声の女性。グレイスに「仕事中に連邦法に違反するのはもう終わったかしら?」と皮肉を言われるほど、ある種の「薬」の大ファンであり、常に服用している。また、アルコール依存症に近いことをウィルにもネタにされている。母親が根無し草で詐欺に近い行動を生業としていたため、長い間絶縁状態にあったが後に和解。その割には、自分もお金目当てでスタンリー・ウォーカーと結婚した。お金目当ての結婚と言い張っていたものの、夫スタンを心の底では愛していた。スタンが心筋梗塞を起こした時も影では相当な心配をしており、スタンが亡くなった時も深く傷ついていた。育った生活環境ゆえに大学を中退し、あまり知識がなさそうに見える反面、普段は披露することはないが、実はビジネスに関して知識が豊富で物凄く詳しく、グレイスの事業拡大を冷静に専門知識を駆使して分析し反対したこともあった。いつもグレイスを何かとけなしているが、実は彼女を尊敬している。素直ではないため「お金持ちで暇をもてあましている私が暇を潰すところなんていくらでもあるのに、なぜ私がグレイスの事務所にいるのかわかる?」と吐露している場面もある。メイドのロザリオとはいつも口喧嘩をしているが、切っても切れない親友を越えた仲。ヒスパニックであるロザリオに対しタブー視された人種主義的な発言を歯に衣を着せず言うことができるキャラクターはカレンのキャラクターならではの特権と言っていい。なお、ストレートの女性という設定ではあるものの、バイセクシュアル的な行動を見せることもある。ふたりは友達? ウィル&グレイス フレッシュアイペディアより)

  • 自助グループ

    自助グループから見たアルコール依存症アルコール依存症

    その役割は、このかかわりの中で自ずから問題への取り組みの姿勢や理解の仕方の上で、自己変容的な成長が期待されること、また彼らを取り巻く地域社会との関わり方、受け入れられ方にも変化が出てくることなどがある。こうした取り組みは、1930年代にアメリカのアルコホーリク(アルコール依存症者)の間でうまれ、その後、摂食障害や、麻薬、覚せい剤、仕事、ギャンブル、買い物、恋愛、食事などのさまざまな嗜癖に悩む当事者たちの間の自助組織が、さまざまなかたちで形成されてきた。自助グループ フレッシュアイペディアより)

864件中 31 - 40件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード