864件中 41 - 50件表示
  • リンゴ・スター

    リンゴ・スターから見たアルコール依存症アルコール依存症

    本業では、1980年代に2枚のオリジナルアルバムを販売するがシングル・カットされて全米トップ40ヒットとなった「ラック・マイ・ブレイン」以外はヒットには至らなかった。ジョー・ウォルシュをプロデューサーに迎えて制作された1983年発表の『オールド・ウェイブ』に至っては、本国やアメリカではリリースさえされなかった。1980年代の彼は私生活でもとても退廃的な体たらくだったようで、ポール・マッカートニーやジョージ・ハリスンのアルバムや、チャリティ・コンサートなどでドラムを叩く活動が中心だった。1980年代後半はアルコール依存症にも悩まされていた。リンゴ・スター フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ユトリロ

    モーリス・ユトリロから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1900年2月、ムジスのお陰で臨時雇いの外交員の職を得るが、4か月しか持たなかった。また他の仕事もユトリロの気難しさと激情、そしてアルコール依存症の悪影響によって暴力が増え、一家は1901年にモンマニーとピエールフィットに近いサルセルに転居せざるを得なくなった。しかし引っ越した後もユトリロはアルコール依存が悪化した。この頃ムジスがモンマニーのパンソンの丘の上に小さなブドウ畑を手に入れ、そこに4階建ての館を建てた。1902年ユトリロはモンマルトルの丘の上にあるコルトー街2番地に住み着く。この頃から水彩画を描く練習を始めた。エトランジェ医師はヴァラドンに彼が興味を持ったことはやりたいようにさせることを勧めた。ユトリロは最初から真剣にやろうとはしなかったが、一家でモンマニーに滞在した際、最初の風景画を制作した。しかしアルコール依存症は酷く、彼の精神は蝕まれていった。1904年の初頭にポール・ムジスに連れられて、パリのサン=タンヌ精神病院に入院した。これがきっかけでヴァラドンとムジスの間に溝が生まれ、後の1909年二人は破局を迎える。5月に症状の改善が見られたユトリロはモンマニーに戻り、周囲を驚かせるほど穏やかであったという。モーリス・ユトリロ フレッシュアイペディアより)

  • バーン・アフター・リーディング

    バーン・アフター・リーディングから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アルコール依存症が原因で左遷されたCIAオフィサー、オズボーン・コックスは怒り心頭に退職した。そしてCIAでの出来事を綴った暴露本の執筆を開始するが、ひょんなことからその原稿とコックスの財務データがまとめてコピーされたディスクをスポーツジムの従業員であるチャド・フェルドハイマーとリンダ・リツキが手に入れる。バーン・アフター・リーディング フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たアルコール依存症アルコール依存症

    効用としては、俗にストレスの解消、コミュニケーションの円滑化、疲労回復が挙げられる(→)。しかし脳を委縮させ、時に違法薬物を上回ると言われる最も有害な薬物であり、世界で毎年250万人の死亡につながり死因の4%を占める。作用量と致命的な量が近く急性アルコール中毒になりやすい薬物であり、アルコール乱用や、禁断症状が致命的な振戦せん妄となりうるアルコール依存症となることもあり、アルコール飲料はIARC発がん性でグループ1(発がん性あり)にも分類される。(→)判断力が低下し、交通事故などの事故、また一時的に記憶が完全になくなることもある。社会的には暴力や自殺が挙げられる(→)。 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢秀行

    藤沢秀行から見たアルコール依存症アルコール依存症

    盤上での活躍の一方、盤外では酒、ギャンブル、借金、女性関係など破天荒な生活でも有名であった。癌の手術以前はアルコール依存症の禁断症状と戦いながらの対局を重ねていた。こうした「最後の無頼派」とでも称すべき藤沢の人柄を愛する者は多く、政財界に多くの支持者を抱えるほか、日中韓の若手棋士からも非常に尊敬されている。藤沢秀行 フレッシュアイペディアより)

  • 境界性パーソナリティ障害

    境界性パーソナリティ障害から見たアルコール依存アルコール依存症

    具体的には、衝動的行動、二極思考、対人関係の障害、慢性的な空虚感、自己同一性障害、薬物やアルコール依存、自傷行為や自殺企図などの自己破壊行動が挙げられる。また激しい怒り、空しさや寂しさ、見捨てられ感や自己否定感など、感情がめまぐるしく変化し、なおかつ混在する感情の調節が困難であり、不安や葛藤を自身の内で処理することを苦手とする。境界性パーソナリティ障害 フレッシュアイペディアより)

  • 秘密 -トップ・シークレット-

    秘密 -トップ・シークレット-から見たアルコール依存症アルコール依存症

    『2008』に登場。35歳。三好雪子の大学時代からの親友。結婚の報告で雪子を訪ねて警視庁に来ていたところ、たまたま通りかかった初対面の薪にDV(ドメスティックバイオレンス)の被害者であることを見抜かれる。本名は堀江葵で、尚は兄。25年前、10歳のときに虐待に耐えかねて、父親の太一を刺殺。死体を兄の尚が遺棄したことで、失踪扱いとなっていた。しかし「信昭ちゃん誘拐事件」の捜査で屍蝋化した太一の遺体が発見され、事件が発覚する。婚約者の早瀬昭二は父と同じアルコール依存症で、早瀬からDV被害を受けていた。早瀬を殺害しようとするが、葵を守ろうとする尚により、未遂に終わる。だが尚は、葵に代わって早瀬を殺害しようとして、逆に刺殺される。秘密 -トップ・シークレット- フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・オールドマン

    ゲイリー・オールドマンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    アイルランド生まれの母親と、溶接工の父親との間に生まれた。父親はアルコール依存症で、ゲイリーが7歳の時に家族を捨ててしまう。子供のころから歌やピアノの才能を発揮していたが、後に演技の道を進むようになる。ゲイリー・オールドマン フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・コナン・ドイル

    アーサー・コナン・ドイルから見たアルコール使用障害アルコール依存症

    1859年5月22日にスコットランド・エディンバラに測量技師補チャールズ・ドイルの息子として生まれた。アイルランド系・カトリックの家庭だった。大伯父から「コナン」の姓をもらい、「コナン・ドイル」の複合姓となる。祖父や伯父3人は成功者だったが、父は出世せず、後にはアルコール中毒者となって精神病院に送られたため、幼少期・青年期の生活は苦しかった(→出生と出自)。アーサー・コナン・ドイル フレッシュアイペディアより)

  • ホームレス

    ホームレスから見たアルコール依存症アルコール依存症

    また一方、たとえばアルコール依存症の人――病的に飲酒が止められない人――が、一度の飲酒が見つかり施設から放逐されたという事例もあるように、粘り強く親身な取り組みが欠けている、または福祉担当職員数や資金の不足によりそれを余儀なくされている現状がある。ホームレス フレッシュアイペディアより)

864件中 41 - 50件表示

「アルコール依存症」のニューストピックワード