582件中 51 - 60件表示
  • マリマリゾンビ

    マリマリゾンビから見たアルコール依存症アルコール依存症

    マリに脳みそにチップを埋め込まれ、喋れるようになった犬。アル中。性欲だけは一人前。愛読書は週刊大衆。マリマリゾンビ フレッシュアイペディアより)

  • 月乃光司

    月乃光司から見たアルコール依存症アルコール依存症

    小中学校時代にいじめられた経験を持つ。高校入学後に対人恐怖症、醜形恐怖症を患い4年間引きこもり生活を送る。20代半ばからアルコール依存症を患うが精神科病院への入院や自助グループへの参加により健康を回復し社会人として生活を送る。会社員時代に自身の体験をまとめ書きあげた著書「窓の外は青 アルコール依存症からの脱出!!」を2001年に出版、作家デビューを果たしこの作品で新潟市民文学奨励賞・新潟出版文化賞文芸賞を受賞する。月乃光司 フレッシュアイペディアより)

  • フェンダー・エレクトリックマンドリン

    フェンダー・エレクトリックマンドリンから見たアルコール依存アルコール依存症

    エリック・クラプトンの個人的なギターコレクションの中に1957年製のエレクトリックマンドリンが存在した。このエレクトリックマンドリンは2004年にエリック・クラプトンがカリブ海に開設した薬物依存とアルコール依存の更生施設「クロスロードセンター」の運営資金を集めるためにニューヨークのクリスティーズオークションに出品し、エリック・クラプトンにとって最も重要なギターであるストラトキャスター「ブラッキー」や、ヤードバーズ時代に購入したギブソン・ES-335などと共に手放している。フェンダー・エレクトリックマンドリン フレッシュアイペディアより)

  • パーム島 (クイーンズランド)

    パーム島 (クイーンズランド)から見たアルコール依存アルコール依存症

    今日、国内最大のアボリジニー居住地で本土の 42部族からなる 4,000人が住んでいる。彼らはアルコール依存、薬物依存、家庭内虐待 (domestic abuse)、90%の失業率などに苦しんで来た。平均寿命は50歳である(全国平均寿命は約80歳)。パーム島 (クイーンズランド) フレッシュアイペディアより)

  • 銀色の髪の亜里沙

    銀色の髪の亜里沙から見たアル中アルコール依存症

    数日後、ある高校に飛鷹アリサという転校生がやってきた。それは、銀髪を隠すためにかつらを被り、母の旧姓を名乗った亜里沙だった。そこではかつて亜里沙を陥れた3人の友人が、それぞれ学業・陸上競技・演劇の世界で名声をほしいままにしていた。母が精神病院で亡くなったことをアル中の院長から聞き出した彼女は、ますます復讐への思いを募らせる。そして、彼女たちがそれぞれ最も得意な分野で真っ向勝負を挑む。その一方で、ずっと自分を心配してくれていた真の友・美尾に対しては、恋のアシストをするなど優しくする。そして本条家の悲劇の真相を知らない彼女を、自分の復讐劇に巻き込むまいと決意するのだった。銀色の髪の亜里沙 フレッシュアイペディアより)

  • 酔ろれいひ

    酔ろれいひから見たアルコール依存症アルコール依存症

    1994年の年末に週刊漫画アクションに10頁の読み切りで掲載されたが、好評のため続編も10頁掲載されることになった。作者自身の実体験に基づく話であることが暗示されている。(ほとんど明示と言える。)アルコール依存症の主人公が同病の仲間と一緒に酒を飲み、無茶をし、怪我をし、入院する様などがギャグ漫画として描かれている。酔ろれいひ フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ブーン

    ブレット・ブーンから見たアルコール依存症アルコール依存症

    2005年は打率.231と不調で、7月11日にミネソタ・ツインズにトレードされたが、わずか14試合に出場後の8月1日に解雇された。翌2006年1月にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び春季キャンプに招待されたが、野球に対する情熱がなくなったとしてキャンプ参加数日後に引退を発表した。この件について、ブーン自身は後日、引退の理由をアルコール依存症によるものだったとメディアに明かしている。ブレット・ブーン フレッシュアイペディアより)

  • パイロットフィッシュ (小説)

    パイロットフィッシュ (小説)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    札幌の高校時代からの山崎の友人で、大学も東京の同じ大学に通っていた。大学卒業後は大手のカメラメーカーの営業マンに。重度のアルコール依存症で脳をも蝕まれ、入院する。真夜中に度々山崎に電話をかけてくる。パイロットフィッシュ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ドワイト・デービス (バスケットボール)

    ドワイト・デービス (バスケットボール)から見たアルコール依存症アルコール依存症

    現役引退後は薬物やアルコール依存症に苦しみ、うつ病や離婚も経験した。その後、彼は悪い状況を克服しニューハンプシャー州で若者たちにメッセージを送り続けている。ドワイト・デービス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・オクスナム

    ロバート・オクスナムから見たアルコール依存症アルコール依存症

    解離性同一性障害の患者である。父の死による鬱、過食症、アルコール依存症なども経験している。幼い頃、誰かから性的虐待を受けた経験がある。ロバート・オクスナム フレッシュアイペディアより)

582件中 51 - 60件表示